« 永遠のヴァケイション | トップページ | 壮絶なパンク・ロック »

ずっと・・・ どんなに離れてたって

娘(中3)が今日で部活(美術部)引退だったらしく、何とも元気がない。「明日からもう部活ないなんて!もう皆で絵を描くことがないなんて!」こういう寂しさを味わったのははじめてだって。“卒業してしまった学校のような気がする夜”だな。こういう経験を重ねて少しづつ大人になっていくのだろう。

Dscn5274

“今週の『銀魂』”

先週の訳の判らなさに、“引っ張りすぎだよ~”と思って、ちょっぴり不安だった今週。桂とエリザベスの絆の物語、ラスト。

なるほど、こう来たか!ってカンジのスゲーいいオチ。ちょっと感動。

と思ってたらオチのオチ。これでこそ『銀魂』サイコー!

Dscn5275

そんなこんなでコレ聴いてる。

昨日のエアロの記事でもちょっとだけ触れた、レッチリ、99年のジョン・フルシャンテ復帰第一弾の『CALIFORNICATION』

あまりパッとしなかったデイヴ・ナヴァロ期を終えて、世捨て人状態だったジョンを呼び戻して再始動したレッチリ。前と同じことやってる訳じゃないんだけど、これぞレッチリってカンジがして良かったなぁ、コレ。

昨日も書いたようにこの後、コレが続くと飽きちゃうんだけど(苦笑)またコレ?って。

Img054

残った3人も復帰したジョンも、決して能天気に万々歳で再び組んだ訳じゃないのは、この裏ジャケの、ライヴ前にスクラム組んでる写真のどこか哀愁漂う雰囲気を見れば明白。ギリギリの選択だったんだろうな。

Red Hot Chili Peppers- Parallel Universe

♪プレッシャーを殺せ

 塩っぱい頬に雨が降る

 愛しの曲を聴く時

 俺はお前と一緒だ♪

アルバム中、俺が一番好きな曲。

メロウでありながら力強い。新境地だった。

ジョンが(今度は友好的に)再脱退して、再始動するレッチリ。“初期のファンクネスが戻ってきた”と言われる、まもなくリリースの新作、聴いてみる価値ありかな?

|

« 永遠のヴァケイション | トップページ | 壮絶なパンク・ロック »

戯言」カテゴリの記事

銀魂」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/40772411

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと・・・ どんなに離れてたって:

« 永遠のヴァケイション | トップページ | 壮絶なパンク・ロック »