« GLORY OF LOVE | トップページ | 皆殺しにしろ! »

2011年7月16日 (土)

ワイルド・サイドを歩け

また今日も言っちゃうけど。

暑い。暑すぎる・・・。

何気に地震も増えてきたし、やだね、なんか。

今日は仕事。典型的な土曜クソ・イベントありで大混乱、怒り大爆発を予想してたら拍子抜け。判んねーもんだな。

サービス業というか接客業してると年配の人と接する機会多いけど、可愛くないヤツ多いな。

ジョン・レノンの曲で大好きな「NOBODY LOVES YOU」♪誰もが口々に自分の誕生日について叫んでる♪って歌詞があったけど、皆、自分自分言い過ぎ。まぁ、コレは年寄りだけじゃなく若い子もだけど。

もっと人の気持ちを考えられるようにした方がいいよ、ってエゴ剥き出しで自分勝手な俺が言っても説得力ないか(苦笑)

でも、俺は可愛い年寄りになりたいと思う、ホントに。

Dscn5280

典型的に可愛くない年寄り(笑)、LOU REEDを今夜も聴いてる。

75年リリース、73年12月のライヴ(前年リリースの『ロックン・ロール・アニマル』と同日の収録)。まず、このモロ、ハードゲイって趣のジャケットがサイコー。

Dscn5281

裏ジャケ。街でこんなのに出くわしたら、俺は取りあえず謝るね、ごめんなさい!って(笑)

今じゃ爺さんのルーもこの時はまだ31歳。

前記事でもちょこっと触れた代表曲、「SATELLITE OF LOVE」と 「WALK ON THE WILDSIDE」が続く箇所が素晴らしくいい。オリジナルのカラフルなバージョンとも近年のシンプルなのとも違うけど、この時期ならではの派手派手でグラマラスなカンジが味わい深い。

SATELLITE OF LOVE

WALK ON THE WILDSIDE

YTでコレのバージョン発見出来なかったのでオリジナル・バージョン。

あっ、勿論、他の収録曲、「VICIOUS」や「SAD SONG」なんかもいいけど。

コレ聴き終わったら、次は『TAKE NO PRISONERS』聴こう。

|
|

« GLORY OF LOVE | トップページ | 皆殺しにしろ! »

戯言」カテゴリの記事

BEATLES」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/40839511

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルド・サイドを歩け:

« GLORY OF LOVE | トップページ | 皆殺しにしろ! »