« 壮絶なパンク・ロック | トップページ | ワイルド・サイドを歩け »

GLORY OF LOVE

今日こそは言うまいと思ってたんだけど。

暑い。何だコレ。

懐かしい、久々に会えた子が元気そうで安心したり、ツィッターで俺の昨夜のブログ記事中村清さん西村雄介さんがリツィートしてくれて嬉しかったりビビッたり。

そんな1日。

Dscn5278

ここ数日、久しぶりにこの時期のLOU REEDを聴いてる。

70年代前半、イカレポンチだった頃のルー。

86~87年頃、20代前半で思いっきりダウンだった時期は毎晩のように聴いてたっけ。

画像のベストは、ルーのアルバムでは早めに手に入れた筈。

一番最初に当時の新作、『ニュー・センセーションズ』聴いて、『トランスフォーマー』、『ベルリン』買って、その次ぐらいじゃなかったかな?

「ワイルド・サイドを歩け」や「サテライト・オブ・ラヴ」は勿論だけど、「コニー・アイランド・ベイビー」が大好きだ。

Dscn5279

アルバム自体は大したことないけど、このタイトル曲は格別だな。あとジャケットね(笑)

高校時代、コーチが好きでその為にフットボールをやってたと唄われる自伝的なモノローグ。終盤には♪この曲をルーとレイチェルと神に捧げよう♪という歌詞も。レイチェルとは、ベスト盤の方のジャケに写る当時のルーの恋人(男性)だ。

Lou Reed - Coney Island Baby

オリジナル・スタジオ・バージョン。

Lou Reed- Coney Island Baby LIVE Take No Prisoners

スタジオ・バージョンと甲乙つけがたいほどいい、78年、NYボトムラインでのライヴ・テイク。ゴスペルっぽい女性コーラスとサックスも入った重厚なバージョン。

Lou Reed - Coney Island Baby

『ニュー・センセーションズ』の頃と思われる、セル・ビデオのテイク。今は亡きロバート・クワインのギターが泣きまくる、コレも名バージョン。

♪Ah but remenber that the city is a funny place

 Something like a circus or a sewer♪

後半に出てくる、この曲の歌詞で一番好きなトコ。

何てイマジネィティヴで素敵な歌詞なんだろう!

ルーのライヴは6回観てるけど、この曲は聴けてない。

いつかきっと。

|
|

« 壮絶なパンク・ロック | トップページ | ワイルド・サイドを歩け »

戯言」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております
そちらは連日の猛暑で大変ですね
道内は雨が多く涼しい日を過ごしております
へたすれば寒いと感じる時もw

最近のお気には沢田研二にアンルイス
今聴いてもかっこいいですw
あ、あと自閉体のライブも手に入ったもんで聞いております
Wikiで見つけたんですが
ミチロウのライドオンタイムはどんな感じなんでしょ
Wikiで見つけた時はビックリしてしまいましたw

投稿: 支笏湖 | 2011年7月15日 (金) 17時03分

> 支笏湖様

ご無沙汰です。
ミチロウ(ザなしスターリン)の「ライド・オン・タイム」はインダストリアルってカンジです。
以前、記事で触れたことあり。

http://lamosca.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-11e5.html

ジュリーは俺も好きです。
久々に聴いてみようかな?

投稿: LA MOSCA | 2011年7月16日 (土) 22時10分

おこんばんわ
ライドオンタイムおもしろそうですね
なんとか見つけてみるかな

今日はあぶらだことCASBAHとDOOM聞きながら
まったりとw

投稿: 支笏湖 | 2011年7月18日 (月) 23時31分

>支笏湖様

もしアレだったら協力しますよ?
このブログの右上の方にメール・フォームあるので
よければメールください。

投稿: LA MOSCA | 2011年7月19日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/40815159

この記事へのトラックバック一覧です: GLORY OF LOVE:

« 壮絶なパンク・ロック | トップページ | ワイルド・サイドを歩け »