最近のトラックバック

« I could swim in your love | トップページ | 未来は僕等の手の中 »

2011年7月 6日 (水)

39℃のぬるま湯はきっとお前を駄目にする

連日の暑さで早くも夏バテの所為か、歳の所為か判んないけど、無気力というか何ともやる気が出ない。

楽することばかり考えてしまう・・・。

“ホントはこうしたいんだけど”、ってことも“まぁ、いいか”って。

Dscn4405

コレ聴いて、自分に喝入れよう。

GAUZE、07年リリース、もっかのところ最新作『貧乏ゆすりのリズムに乗って』

俺、ガーゼもあんまり知らないんだ、実は。

コレの他は『FUCK HEADS』と『EQUALIZING DISTORT』、VAで『OUTSIDER』と『A FAREWELL TO ARMS』聴いたぐらいで。あっ、あと『天国注射の昼』のビデオね。ライヴも観たことない。怖くてさ(苦笑)

でもスゴイね。特にこのアルバムは。

ずっと前に記事書いたけど、今聴いても同じ気持ちになる。ホント、往復ビンタ喰らってるカンジ。

ガーゼの徹底したメジャー否定というかマイナー指向には賛同出来ないトコもあるんだけど(メジャーにもいいものはあると思うので・・・)、ここまで徹底すりゃ反論出来ないよね。カッコつけのポーズじゃなかったんだなって。だって、30年だよ?もう。“あきれるくらいに変わらず”に。

紛れも無い本物。

このアルバムは全10曲で約14分。でもちっとも短いとは感じない。本物は短いとか長いとか感じさせないモノなんだと思う。1曲10分以上でも1分弱でも妥当と思わせるんだろうね。

GAUZE - 39 Degrees Celsius, Dekasegibune, Suppanioi, Shonbenyokochou

全曲が凄まじくスゴイけど、1曲目の「39℃」を貼ろうと思ってたら、コレしか無かった。1~4曲目までまとめて。それでも5分半しかない(笑)

Gauze - 貧乏ゆすりのリズムに乗って

ラストに収録されたタイトル曲。

スゴイ。ひたすら圧倒される。

052111 GAUZE

最新ライヴ。

この人たちも、もう50過ぎだよね?いくらぬるま湯が気持ちよくても、俺もまだまだ駄目になる訳にはいかねーな。 

« I could swim in your love | トップページ | 未来は僕等の手の中 »

日本のパンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/40703264

この記事へのトラックバック一覧です: 39℃のぬるま湯はきっとお前を駄目にする:

« I could swim in your love | トップページ | 未来は僕等の手の中 »