« すてきなメロディー、あの娘に聴いてほしくて | トップページ | BUT YOU CAN’T HEAR ME »

2011年8月 7日 (日)

LA MOSCAが選ぶ名作映画ベスト10(邦画編)

昨夜、人に提供しようと思ってる映画のDVDをチェックしようと観始めたら最後まで観てしまって、今日も別なのを(何度も観た作品)観てしまった。まぁ、暇の成せる業だね(笑)でも、こういう時間の過ごし方好きだからOK、全然。

洋画編書いた時、邦画編もすぐ書こうと思って忘れてたので今日はコレで行こう。今回も順不動。割と観た順かな?

犬神家の一族

横溝正史、市川昆、石坂浩二の金田一耕助モノは大好き。中でもコレ。勿論、リメイクよりオリジナルだね。子供の頃、はじめて(TVで)観た時は佐清、いや静馬の仮面が怖かった。今でも、こういう昭和初期ぐらいの田舎のドロドロしたストーリーは下手なホラーよりよっぽど怖いと思う。監督と配役違うけど『八つ墓村』も怖かったっけな~。

野獣死すべし

TVも含めた松田優作の出演作ではコレが一番凄いと思う。役作りの為に奥歯4本抜いたとか、10キロ以上減量したとか、挙句に「足を5cmほど切断したい」と言ったとか、どこまで本当か知らないけど、それも納得出来る迫真の怪演ぶり。脇役では鹿賀丈史もいけど、刑事役の室田日出男がリアリティーあってよかった。オールタイムでトップ3に入る名作。

その男、凶暴につき

たけし、初監督作。公開時、お笑いタレントとしての顔の裏からチラチラしてた暗さと残酷さが全面展開してて興奮した。静かに繰り広げられるえげつない暴力。中でも白竜の怖さ!自ら主演のたけしも凄いいい。後半、警察クビになってかつて自分が捕まえた密売人から拳銃買う時の何とも言えない表情はとりわけ名演だった。

HANA-BⅠ

同じくたけし監督作品の代表作。デビュー作や、その後の数作にあった狂気や暗さとエンターティメント性のバランスは一番。パーフェクト。ヴェネチアで金獅子賞執ったからってだけじゃなく、実際、作品としても素晴らしいと思う。これまでにあまり感じられなかった叙情性があるのもポイント。配役では大杉蓮の静かな深みある演技がいいなぁ。そうそう、ラストのあの海岸は俺の通った高校のすぐ近くなんだよね。よくサボってタバコ吸ってたトコだ(笑)

AKIRA

もうコミック時代から大大大好きで(笑)映画館でも3回ぐらい観て、発売日にビデオも買った。DVDはレンタルで済ませたけど(苦笑)元から、当時、サイバーパンク、近未来ものと呼ばれるモノは好きだったけど、コレは格別。ミーハーです(笑)ストーリーや映像美も勿論だけど、金田と鉄男の(屈折した)友情話としてもいい、とっても。芸能山城組の音楽もバッチリ合っててサイコー。

グミ・チョコレート・パイン

ここからは割と新し目のモノ。オーケン原作、ケラが監督、音楽は電グルの、80年代のちょっと変わった(と自分では思ってたけど本当は平凡な。俺もそうだった)子供たちのラヴ・ストーリー。2000年代入ってからこの手の映画目立つよね~。俺もまぁまぁ観てるけど、コレが一番リアリティーあるかな?オーケン、同学年だから、共感出来るトコも多いしね。こういう胸キュン・ストーリーには目が無い。ガラじゃないけど(笑)大森南朋がとてもいいなぁ。

舞妓 Haaaan!!!

脚本のみで監督は違うけど、クドカンが関わった映画ではピカイチじゃないかと思う傑作コメディー。話も面白いけど、役者陣がサイコー。阿部サダヲ、堤真一は勿論、伊藤四朗、生瀬勝久のさすがの演技。何回、腹抱えて笑わされたか判らない。

Dscn5233

少年メリケンサック

こっちは、クドカンが本のみならず監督も勤めた作品。コレに目くじら立てて「パンクじゃねー」とか言うヤツって判ってねーなぁ、と思っちゃう。重箱の隅突くような細かい指摘はヤボってもんだよ。ここまで、あの時代の日本のパンク的な世界観を大衆に向けて提示した作品は無いと思う。メリケンの連中のバカでスケベなトコ、勘違いして暴走してるトコ、チョイ役のあの人たちや、ニヤリとさせられるパロディー部分も含めて、すっかり“パンクおやじ”になってしまった俺にとっては、もはやバイブル的映画。

今度は愛妻家

コレは・・・。ダメ夫な俺には観てて心が苦しい映画(苦笑)トヨエツの半端ないダメっぷり。そしてあまりにも健気な薬師丸ひろ子の可愛さ。ラストのトヨエツのカッコよさは、そこまでのダメダメぶりが強力だから尚、光る。映画館でちょっと泣きました(照)

ゴールデンスランバー

今日、ココに書いた10作品中、たぶん一番好きなのはコレ。まず、緻密だけど判りやすいストーリーが素晴らしい。気の効いたセリフもふんだんにある。そして魅力あふれるキャラを絶妙に演じた役者たち。配役もバッチリ。コレ観る少し前にDVDで観た『FISH STORY』もすごく良かったし、もう、すっかり伊坂・中村・斉藤タッグのファンになってしまった。また組んでいい映画作ってほしい。

おしくも選外にしたモノ。

ハードボイルド、バイオレンス系では「ア・ホーマンス」、「いつかギラギラする日」「GONNIN」あたり。

新し目のだと、クドカン絡みの「真夜中の弥次さん喜多さん」、永作博美がいい「人のセックスを笑うな」、あと「告白」も良かったな。

それと、若い知り合いの影響で観た「やわらかい生活」や、ネット繋がりの同士に勧められて観たばかりの「青い春」なんかもとても良かった。

こうして見ると洋画以上にありきたりだな(笑)たぶん、皆が知ってるのばかり。読んでてつまんなかった人、ごめんね!(苦笑)

Dscn5235

忘れちゃいけない、最後にとっておいたコレ、俺のバイブル中のバイブル。高校生の時にコレ観て、道を踏み外しかけてたのが決定的になってしまった(笑)安っぽいトコ、バカっぽいトコ、ダサいトコ、わざとらしいトコ。全部大好き。このテンションの高さはちょっと他には無い。久しぶりに観るか!

|
|

« すてきなメロディー、あの娘に聴いてほしくて | トップページ | BUT YOU CAN’T HEAR ME »

個人的ランキング」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

「映画について語り合おう」という
新スレが立ってるよ。映画スレの決定版!
非常におもしろい。一見してみたら?


投稿: | 2012年12月12日 (水) 22時09分

>?様

情報ありがとうございます。
気が向いたら覗いてみます。

投稿: LA MOSCA | 2012年12月14日 (金) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/41116040

この記事へのトラックバック一覧です: LA MOSCAが選ぶ名作映画ベスト10(邦画編):

« すてきなメロディー、あの娘に聴いてほしくて | トップページ | BUT YOU CAN’T HEAR ME »