« FIGHT FOR YOUR RIGHT | トップページ | 正しい心が、すべての人の中に宿ることを俺は祈っているんだ »

pray

今日はポツンと一日のみの平日休暇。

“久々だなぁ、独りで家に居るの。何しようかな~”とワクワクしてたんだけど、そう、忘れてたよ、夏休み。娘、居るんだった。しかも、友だち来るって・・・。

夏にかまけてサボり気味だったウォーキングへ行くことに。体重も増加気味だし、天気も良かったしね。暑いつったって我慢出来るレベルだし。

と思って気分良く歩いてたら途中で雨。やっぱり雨男は俺なのか?・・・。急いで帰って立ち寄った本屋で買ったミュージック・マガジン読んでたら寝てた、いつの間にか。しかも3時間ぐらい。目が覚めてしばらく、何が何だか判らなかった(笑)ボ~ッとしちゃって。

Dscn5373

マガジンのヤマタツの特集、スゴイよかった。インタビューも松永良平って人が書いたレビューも詳細なディスコグラフィーも。“俺が数日前に書いた記事と同じようなこと言ってんじゃん!スゲーな、俺!”って一瞬、思ったけど、俺だけじゃなく皆が同じように感じてるってことだよな、たぶん(苦笑)

インタビューは、頷きまくりの納得の発言や目から鱗な発言もあったけど、「僕の理想はディオン」って言葉にはハッとした。なるほど。近いモノがあるかも。

Dscn5359

ウォーキング中もリピートしてコレばっかり聴いてた。いや、ホントにいい。聴けば聴くほど。確かに松永氏が書いてるような“切実すぎるくらいの本気さ”が伝わってくる。

今日、マガジン読む前から書こうと思ってたことなんだけど、俺もこのアルバム聴いて痛感したのは全編に溢れる祈るような感覚。

「MY MORNNING PRAYER」って曲があるからってだけじゃなくアルバム全編にそれを感じる。

♪あふれるその悲しみ

 僕には消せないけど

 せめてこのメロディー

 あなたを励ませたら♪

-「MY MORNNING PRAYER」-

全く違うようだけど、先日の福島で聴いたミチロウwith渋さ知らズの「天国の扉」にも“祈り”的なモノを感じた。

今、他者に向けて真剣に唄いかけるとしたらやっぱりこういう感覚のモノにならざるをえないのかもしれないな。

マガジンでのヤマタツの言葉を借りるなら「リアルタイムな空気を発信できてる人」なんだろう、ヤマタツもミチロウも。

“祈り”ということでコレを貼っておこう。

Tommy Heavenly 「pray」

前にも取り上げたけど、大好き。この娘の他の曲、知らないし、『銀魂』のオープニング・テーマだったからってだけじゃなくて。

名曲だと思う。

|
|

« FIGHT FOR YOUR RIGHT | トップページ | 正しい心が、すべての人の中に宿ることを俺は祈っているんだ »

その他の音楽」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

銀魂」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、こんばんは。
ミュージックマガジンの記事、良かったですね。立読みで刺激されて、アルバム買ってきてしまいました。
LA MOSCAさんのおっしゃるとおり、ロックですよ、達郎さんは。

投稿: goldenblue | 2011年8月27日 (土) 21時43分

>goldenblue様

俺は人に借りて買ってないんですが(苦笑)
でもマガジンの記事はもとより、スゴイいいですよね、アルバム。
改めて惚れ直しました。
今からでも買おうかな?(笑)

goldenblueさんの最新記事、メチャクチャ、感銘を受けました!
今からコメント入れさせていただきます!

投稿: LA MOSCA | 2011年8月28日 (日) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/41343501

この記事へのトラックバック一覧です: pray:

« FIGHT FOR YOUR RIGHT | トップページ | 正しい心が、すべての人の中に宿ることを俺は祈っているんだ »