« 河よりも長くゆるやかに | トップページ | 気にするなよほんの冗談 »

ア・イ・ウ・エ・オ

えらいことになってるね、台風。

とりあえず、俺んトコは大丈夫だけど皆さん、大丈夫でしょうか?

俺には皆さんのご無事を祈ることしか出来ませんが・・・。

俺んときも何もしてくれなくてもいいです。「あぁ、そんなヤツ、居たな。アイツ大丈夫かなぁ?」と思い出して、ちょっとだけ祈って戴ければ。それだけでスゴイ嬉しいんで。

最近、何度も同じようなこと書いた気もするけど、周り見てて思うこと。

こう言って、相手にこう思わせようみたいなのが凄く嫌だ。

大人社会で上手くやってくにはある程度、必要なのかもしれないけど、したくない、そんなこと。足りない頭と限られた貴重な時間をそんな楽しくないことに使いたくない。たとえ、それで損しても。

Dscn5463

今夜はコレを聴いてる。

遠藤ミチロウ、97年のアコースティック作品、第三弾の『道郎』

最初の『死目祟目』、次の『空は銀鼠』は新鮮さもあってリリース時からよく聴いたけど、コレは当時はあまり聴きこまなかった、正直言うと。

まだ、アコースティックになってからライヴ観たことなかったからね、この頃は。コレ出た翌年に水戸で初めて(ザ・スターリン時代を通しても初!)のライヴ観てブッ飛んだんだけど。コレはスゲーぞっ!って。

ここんとこ何度も聴いてんだ、このアルバム。

特にいいのはコレ。

遠藤ミチロウ  ア・イ・ウ・エ・オ

「自分の中で一番好きな、ストレートなラヴ・ソング」(遠藤ミチロウ)

Dscn4564

昨年の、このトリビュート・アルバムでのYUKIの名カヴァーも記憶に新しいね。

YUKI ア・イ・ウ・エ・オ

♪ふと気付くと陽が暮れてたのは

 あたり前の出来事

 ふと気付くとキミが居てくれたのは

 嬉しい出来事

 何もなくても楽しいね

 こんな夜がいつもくれば♪

「『ア・イ・ウ・エ・オ』にはミチロウさんの愛が詰まっている。きっと希望。」

トリビュートのブックレットに寄せられたYUKIのコメント。

ぐっときちゃうな。

|
|

« 河よりも長くゆるやかに | トップページ | 気にするなよほんの冗談 »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

このアルバムすごい好きなんですよね~。
落ち込んだり嫌な気分の時に聞くことが多いです。
ボクの性器はおいしいか~い♪

投稿: ががーりん | 2011年9月25日 (日) 17時57分

>ががーりん様

記事にも書いたけど、俺は当初あまりピンと来なくて。
でも今は好き。
「思惑の奴隷」や「おやすみなさい」、そして「MISER」のセルフカバーなんかがフェイバリットです。

投稿: LA MOSCA | 2011年9月25日 (日) 20時58分

「思惑の奴隷」
実は知らなかったんですf^_^; チバ大三さんと神戸で一緒に演らしてもらった時にトリビュートアルバム購入して初めて聴きました(^_^;)
めちゃいいですよね!というかミチロウのオリジナルは未だに聴いてないんです。でも、来月毛虱で演る事になりました!いつか必ずミチロウのライブで一緒に呑みましょうね!

投稿: 毛虱Voま | 2011年9月27日 (火) 02時28分

>毛虱voま様

チバ大三さんと共演してるんですか?
スゲー!
「思惑の奴隷」!
サイコーですよね~。
ミチロウのもサイコーですよ、勿論。
毛虱バージョンも是非聴いてみたい!
うん、いつか呑めるといいですね!

投稿: LA MOSCA | 2011年9月28日 (水) 21時07分

そうなんですよ!それも震災があってすぐくらいに。僕は薬品会社に勤めてて、連日原料の調達状況に関する会議なんかで、ライブ当日もかなり遅れてしまって(∋_∈)着いたらチバさんが「どうする?俺はいつでもいけるよ!先やろうか?」って。当日のメインなのに(>_<)結局、演奏前にチバ大三の狂気の目を目の当たりにして、毛虱はグダグダになっちゃいました(^_^;)

投稿: 毛虱Voま | 2011年9月29日 (木) 22時42分

>毛虱voま様

スゲー!チバさん、カッコよすぎ!
負けずにやった毛虱もカッケー!
今後も頑張ってください!

投稿: LA MOSCA | 2011年9月30日 (金) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/41892987

この記事へのトラックバック一覧です: ア・イ・ウ・エ・オ:

« 河よりも長くゆるやかに | トップページ | 気にするなよほんの冗談 »