« ホンモノ | トップページ | 愉快なひとときを手に入れよう このゾンビの巣箱で »

ようやく馴染んだメランコリックなレッチリ

Dscn5539

二週間ほど前に友人Pクンから廻ってきたコレのリピート率が何気に高い。

RED HOT CHILI PEPPERSの5年ぶりのアルバム『I’M WITH YOU』

ジョン・フルシャンテが再脱退してフリー主導となって、初期のファンキーさが戻った”なんて前評判もあったけど、あんまり期待はしてなかった。

どのバンドでもそうだけど、“前に戻った”なんてことはありえないと思う。無意識だろうが意識的だろうが、蝶は蛹には戻れない。それに俺もそんなの期待してた訳じゃない。ただ、『カリフォル二ケイション』以降の“歌メロ路線”に飽きて、違う面を見せてほしかっただけ。

そもそも俺は、『カリフォル二ケイション』以降に顕著だった“ジョンが、ジョンが”的な意見にうんざりしてた。そりゃ、ジョンはスゲーとは思うけど、レッチリはメンバー4人がそれぞれに個性的で素晴らしいし、コンビネーションで聴かせるバンドだと思ってたから。それでも敢えて言うなら、バンドの核はアンソニーとフリーだと思うし。このバンドのジョンとポール、ミックとキースはこの2人だろ?って。

『カリフォル二ケイション』は再びの結束と新局面が新鮮で良かったけど、『バイ・ザ・ウェイ』『スタディアム・アーケイディアム』と枚数を重ねるごとに興味が薄くなっていった。ジョンが出すぎな気がしたし、『スタディアム~』は2枚組で28曲もあって、バラエティーに富みすぎて散漫な気もした。あんまり印象に残る曲なかったし・・・。

それにアレが決定的だった。02年のフジで観たライヴ悪夢の92年の渋公、その後の来日の見送りを経て俺の初めて(そして現時点で唯一)の生レッチリ。直前に出た『バイ・ザ・ウェイ』聴いた時に「こんなのやっててフリーは満足なのかな?」と思ったとおり、フリーに覇気がなかった(エアロの近作聴いてても同じこと思った。ジョー・ペリー、つまんねーんじゃねえか?って)。メロディー路線に転向したものの、ライヴではアンソニーの歌唱力の無さが顕わになってしまったし。サイテーのライヴだった。

“昔と同じじゃなくていいから、ここんとこの3枚と違うことやってくれ”ってのが俺の希望だった。

で聴いてみて。

劇的な変化は感じない。前3作の続きって雰囲気もする。“ジョンが弾いてる”って言われたら信じてしまいそう、俺なんか。ニブイから(笑)確かにフリーのベースは前3作より目立つ気はするけど・・・。

でも、いいんだよな、なんか。

目一杯じゃないと言うか、肩の力抜けてて聴いてて疲れない。大作の後だから、すっきりしててコンパクトでまとまりがあるカンジもするし。『サンディ二スタ!』の後の『コンバット・ロック』というか。曲調もあんまり変化に富んでなくて、穏やかに落ち着いて聴きとおせる。新加入のジョシュも含め、メンバー間の密度とバランスも絶妙。

俺はもう死にかけてる”、“俺はいなくなるからさ、バイバイだ”、“俺を連れ帰って”

というヘヴィーな歌詞が多いのが若干気になるけど、それもまたいい。こういうの好きだし(笑)

あとアレだ。ここにきてようやくメランコリックなレッチリに馴染めたのかもしれない、俺も。遅い(笑)ニブイよな、ホントに(苦笑)

夏のサマソニ出演の来日時のMステや店とかで流れてるの聴いた時はピンと来なかったんだけど、こうして家でステレオと向き合って落ち着いて聴くと違うよねいい加減かな?それじゃ(笑)

♪事実としては、俺は一部でしかない

 事実としては、俺は最低限でしかない♪

という歌詞が印象的な、メロディアスなのにやたらグルーヴィーな、ここ10年来の定番スタイルの「FACTORY OF FAITH」、メロディー的には一番耳に残る「BRENDAN’S DEATH SONG」、ひたすら哀しい「POLICE STATION」辺りがもっかのところのフェイバリット。

と偉そうに熱く語ったものの、コレ、借り物だ(笑)

早く返さなきゃ(苦笑)

|
|

« ホンモノ | トップページ | 愉快なひとときを手に入れよう このゾンビの巣箱で »

ROCK」カテゴリの記事

コメント

あっ、これ知ってるよ!
といってもちゃんと聴いてないです。
ジャケットがやけに印象的。
やっぱり借りて聴いてみようかな…
しかも、又借り。レッチリに失礼かな(笑)

投稿: megumick | 2011年10月26日 (水) 22時59分

>megumick様

いつもコメントありがとう!
マジで嬉しいです。
ジャケいいですよね。
失礼?
いや、俺も借り物なんで(笑)
でもいいアルバムですよ。

投稿: LA MOSCA | 2011年10月27日 (木) 22時04分

ご無沙汰です。僕もこのアルバム、気に入ってます。オレ、大方のファンとは違う感覚なのかもしれないけど、メロディー主体になってからのレッチリの方が好きなんですよね。八方破れの中に漂う哀愁がおっさんの心にはフィットするのかもしれません。3.11以降は特にそうだな…。

投稿: Y.HAGA | 2011年10月28日 (金) 09時51分

>Y.HAGA様

HAGAさん、お久しぶり!
コレ貸してくれた友人もメロディー・レッチリ派です。
俺はずっと否定派だったんだけど、ようやく理解出来るようになりました(笑)
そうか、311以降ってのも気分的に反映されてるのかも知れませんね。

投稿: LA MOSCA | 2011年10月29日 (土) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/42695767

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく馴染んだメランコリックなレッチリ:

« ホンモノ | トップページ | 愉快なひとときを手に入れよう このゾンビの巣箱で »