« ロックン・ロールってのは首から下でやるもんだ | トップページ | えっ?最終回?! »

2011年11月27日 (日)

音楽に対する思い入れと込められた真実、そしてスピリット

今週も今日のみ休み。アクシデント対応で昨日は休日返上出勤。会社の費用負担でインフルエンザの予防接種が出来る病院に予約入れてあったので(期日ギリギリ)それ受けてから。時間掛かっちゃうと俺が行くまで繋いでくれてる夜勤者に悪いから受付開始の2時間前に病院へ。

Dscn5637

待合室でコレを読んでた。

渋谷陽一の『ロックは語れない』

浜田省吾、山下達郎、忌野清志郎、大貫妙子、仲井戸麗市、遠藤ミチロウ。

渋谷が好きなミュージシャンたちとロックについて(個別に)語る対談集。86年刊行。もう何度読んだか判らないぐらい読み返してるけどまた。

勿論、俺の興味の対象は清志郎、チャボ、ミチロウだったんだけど、他の3人のもそれぞれの音楽に対する深い思いが感じられてとてもいい。

昨日、読んだのはヤマタツのトコ。思い起こせば、ヤマタツに興味持ったのはここからだ。実際、ちゃんと聴き出したのは去年ぐらいからだから、えらい時間掛かっちゃったけど(苦笑)

TVや店や人の家で聴いたヒット曲ぐらいしか知らなくて、もっと軽い人だと誤解してたら、音楽に対して、尋常じゃない情熱持った人で。言ったら気違いのレベル(笑)彼が熱く語るジャンルに関しては知識が無い俺も凄いシンパシーを覚えた。

「マーティン・ルーサー・キングが暗殺されたり、ケネディの弟が暗殺された時に『ピープル・ガット・トゥ・ビー・フリー』だとかああいう作品を出して、そのうち黒人が出ないコンサートには出ないという声明を出したわけ。そういうことを実践して売れなくなっちゃった。あの人たちは本当の意味でのブルー・アイド・ソウルっていう、形だけじゃなくてスピリットを体現してた、白人の数少ないグループなんですよ。そういうものの考え方は、やっぱり僕、影響をすごい受けてる。今見ると「ピープル・ガット・トゥ・ビー・フリー」とか「レイ・オブ・ホープ」とか「へヴン」とか、すごい白々しい詞なんだけど、そこに込められてるなんかこう、真実があるんですね」

自身のアイドルだというヤング・ラスカルズについての発言。

もうひとつ。

「僕にとっての音楽のよしあしってのは、ガッツの問題なんですよね。ガッツじゃなければ、ひとつのスピリットっていうかなぁ。上手く言えないんだけど。わかるでしょ?大体」

渋谷「音楽に対する思い入れだよ」

「そうそう。そうだね。若い思い入れ」

判る。判り過ぎるぐらい判る。俺もそういう聴き方してるから。もの凄い乱暴な言い方すると音なんか聴いてないもん。いや、聴いてるけどね、ホントは(笑)

でもそう言いたくなるぐらいスピリットというか、やってる人の思いを感じられないとのめり込めないんだよ。

俺がヤマタツを今になって聴きだしたのもその辺で。一見、縁のないジャンルに見えるけど、音楽に対する思い入れと込められた真実、そしてスピリットを感じるから。

ヤマタツだけじゃなく、ここに登場する6人全員が、自分の好きな洋楽について語りつつ、図らずも自身の音楽表現への考え方を語ってるように思える。手に入りづらいかもしれないけど、未読の人は探してみて。絶対、面白いから。

Dscn5635

ここ数日、何度となく聴いたヤマタツのアルバム。91年リリースの『アルチザン』

職人ねぇ。彼にピッタリの言葉だけど自分で言うところが凄い(笑)

当時の最新技術を駆使した(であろう)音作りや、流行だったジャングル・ビートを取り入れたりしてるけど、そんなの俺には大したことじゃなくて。

音楽に対する思い入れとスピリット、込められた真実がしっかりと聴こえる。

山下達郎 - アトムの子

山下達郎 - 飛遊人-human-

The Young Rascals - Groovin'

アルバム最終曲はヤング・ラスカルズのこの有名曲のカバー。

絶品。

4月のいわき公演(勿論、観るの初めて!)が今から楽しみ!

|
|

« ロックン・ロールってのは首から下でやるもんだ | トップページ | えっ?最終回?! »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

ラモさんこんばんは!
ほんとに達郎さんは素晴らしいミュージシャンでね。
ユーミン、サザン、竹内まりや・・・いつまでもトップにいるミュージシャンはほんとに音楽を愛してる人達です。素直に尊敬します。中でも達郎さんの音楽への愛情と知識はものすごいですよね。昔から日曜日のお昼のFMを聴いてますが彼の選曲大好きです♪
この季節は必ずSEASON'S GREETINGSを聴きますよ。
ところで物持ちがいいですね(笑)
そういう本がありそうな喫茶店にこの前行きました。
今度は一人で行って探してみようかな・・・

投稿: megumick | 2011年11月28日 (月) 20時48分

>megumick様

俺、最近なんだ、聴き始めたの。
遅いよね~、気付くの(笑)
『SEASON'S GREETINGS』聴いてない!
今度、聴いてみます!
物持ちはいいよ、異常に(笑)
あっ、喫茶店。俺も連れてって!(笑)

投稿: LA MOSCA | 2011年11月28日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/43160646

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽に対する思い入れと込められた真実、そしてスピリット:

« ロックン・ロールってのは首から下でやるもんだ | トップページ | えっ?最終回?! »