« 思想なきロックン・ロール | トップページ | 音楽に対する思い入れと込められた真実、そしてスピリット »

ロックン・ロールってのは首から下でやるもんだ

状況変わらず。いや、仕事の方の突如のアクシデントの。先行き見えないのが不安。勿論、一番辛いのは本人なのは判ってるけど早くはっきりしてほしい・・・。

Dscn5636

今日も“思想なきロックン・ロール”を聴いてる。

ACthunderDCの『FOR THOSE ABOUT ROCK WE SALUTE YOU』 

今から30年前、81年の作品。

一般的にはコレのひとつ前の『BACK IN BLACK』の方が代表作ってカンジなんだろうけど、俺はこっちの方が好き。リアルタイムで最初に聴いたアルバムだしね、アナログ持ってないけど。貸しレコード屋で万●き失敗したのも懐かしい想い出(笑)

「頭を使うロックなんて放っておきゃいいんだよ。ロックは首から下のことさ。いったん『核兵器反対』とか『人種差別反対』なんてのと関わりだすと―まぁそれ自体は立派な主張だけどさ、四六時中取り付かれたみたいにああいったことに没頭するなんてロックのやることじゃないよ。脳ミソは核兵器の心配で一杯になるかもしれないが、股にはそんなもの取りつきゃしないさ。ロックはそういった現実の嫌なことを忘れさせてくれるものなんだぜ」

キース・リチャーズ、80年の発言。この言葉を思い出すと、何故かストーンズよりACthunderDCの方が頭に浮かぶ。

本来は、歌詞や発言から過剰に屁理屈捏ね回してうんちく語るのが好きな俺だけど、コレはコレで大好き。

タイトル曲が突出してるのは確かだけど、他の曲もいいんだよなぁ、全部。

思想が無いというより、意味も理屈も要らない“ただのロック”

デカい音で鳴らしてるとひたすら気持ちいい。

AC/DC - For Those About To Rock

最強でしょ?エアロを初めて観た時、コレがS.E.でかかってて、幕がどーんと落ちて「Rats In The Cellar」が始まってさぁ。カッコよかったんだよ~。

For Those About To Rock AC\DC Live Tokyo 12 March 2010

俺も会場に居た昨年の来日時の動画。ていうか、撮影場所も近いな、コレ。俺が観たまんま。

サイコーだよ。

|
|

« 思想なきロックン・ロール | トップページ | 音楽に対する思い入れと込められた真実、そしてスピリット »

ROCK」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

AC/DC、良いです♪グレイトです♪♪
初めてブートに手を出したのもAC/DCでした。

リアルタイムではないですが、「バラードが無いストレートロック」(笑)とコメントを見て買ってみたのが最初です。


来日行きたかったですが、あそこで仕事中でした(笑)

投稿: TAIKE | 2011年11月25日 (金) 22時52分

昨年のAC/DC、僕も行きましたよ!14日の方!
ブライアン、漁師のおっさんみたいだったけど
イイんだよね〜。

曲も最初から最後まで全部同じ感じなのに
何故か飽きない。

そういえば昔(ダーティーワークの頃?)、
キースがインタビューで
今いちばん気に入っているバンドとして
AC/DCを挙げていたのを思い出しました。

投稿: pirika | 2011年11月26日 (土) 09時37分

>TAIKE様

「バラードが無いストレートなロック」
なんて簡潔で的確な表現なんでしょう!

あぁ、あそこで(笑)残念でしたね~。
凄い良かったですよ!
でも初めて観た気がしなかった(笑)

>pirika様

漁師のおっさん(笑)
これもまた的確な!(笑)

うん、飽きないんですよね~、何故か。

キースはもっと昔から言ってた気もしますが
俺が憶えてるのは『トーク・イズ・チープ』の頃
「好きなのはAC/DCとトレイシー・チャップマン」って言ってたこと。
意外とバランス感覚あるんだなぁと(笑)

投稿: LA MOSCA | 2011年11月27日 (日) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/43144028

この記事へのトラックバック一覧です: ロックン・ロールってのは首から下でやるもんだ:

« 思想なきロックン・ロール | トップページ | 音楽に対する思い入れと込められた真実、そしてスピリット »