最近のトラックバック

« 魔法と損失 | トップページ | 思い出そうとしても忘れられないのだ »

2011年12月 4日 (日)

未だ更新し続けるルー・リード

今日はのんびり、まったりと。

日曜にピーカンだったの久しぶりな気がする。布団類を全部干して、部屋も念入りに掃除。ちょっと出かけた時に嫌な思いもしたけど、概ね気分良し。これで明日からの6立て勤務も乗り越えられそう。

Dscn5587

1ヶ月前に入手したコレを昼間に続き、今も聴いてる。

LOU REED & METALLICAの『LULU』

この組み合わせを最初に聞いた時は俺も意外な気がしたけど、すぐに納得出来た。ルーには、ヘヴィーでソリッドな側面も多分にあったから。特に『NEW YORK』以降のアルバムには必ずと言っていいほど、そういう曲が入ってたし。

実はメタリカは殆ど知らない。厳しい顔に厳しい音ってイメージが苦手で。その手のに好きなのあったりもするけど何となく。でも、ありきたりのメタル・バンドじゃないんだろうなとは思ってた。

コラボの情報知ってから、09年のこの動画を観て更に納得。いい意味で予想してた雰囲気に近かった。

で、アルバム。

ルーの近作は、トータル・アルバムが多くて時間も長く内容も濃いので、実は以前ほど聴き込まなくなってた。何だか圧倒されちゃって。

今度のも元の戯曲があって、それをロバート・ウィルソンの舞台用にルーが製作してたモノにメタリカが合流したってことらしくて、身構えて聴いたらすんなり耳に入ってきた。ルーの近作に近い雰囲気があるのに何故だか。理由は判らない。(それもあって記事にするのが遅くなった・・・)

メタリカの作る音が新鮮だったのか、単に俺の現在の心境の所為か・・・。ここ10年ぐらいのルーのスタジオ作で一番リピート率が高いのは間違いない。

“異種格闘技”とか“ルー・リードでもメタリカでもない”とか言われてるけど、俺にはルー・リードの最新更新に聴こえる。まぁ、メタリカ知らないからだろうけど(笑)でも圧倒的にメタリカの方が人気あるよな、きっと。狂信的なメタリカ・ファンからルーが脅迫されたってどこかで読んだし。「撃ち殺してやる」って(苦笑)

Lou Reed & Metallica: The View

Lou Reed & Metallica: Junior Dad

割とイメージに近いであろう最初のも意外な雰囲気の次の曲もいい、とても。

ちなみに後者は、この2枚組の最終曲で、レコーディング中に、父親を亡くしたばかりのメタリカのカーク・ハメットが泣いてしまったそうだ。

Dscn5599

決してとっつきやすい作品じゃないし、歌詞読んでもなかなかイメージ掴めないけど、アートワークも含めて凄いアルバムだと思う。コレは長く聴けるかもしれない。

それにしてもルー・リード、もうすぐ70歳だぜ?未だに言葉どおりの意味で現役。全然、終わらない。必ずしも喜べない更新もあるけど、驚異的なのは認めざるを得ないな。

Lou Reed & Metallica - White Light/White Heat

« 魔法と損失 | トップページ | 思い出そうとしても忘れられないのだ »

NY PUNK」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

うちの店ではまず買い取りはこないので、新譜で購入してみます♪♪

>TAIKE様

こないだろうね、買い取り(笑)
もしアレだったらアレしますよ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/43252374

この記事へのトラックバック一覧です: 未だ更新し続けるルー・リード:

« 魔法と損失 | トップページ | 思い出そうとしても忘れられないのだ »