最近のトラックバック

« 贅肉なき職人のロックン・ロール | トップページ | パンクの始まり »

2012年1月23日 (月)

誰もが誰かを必要としてる

比較的寒さが和らいだな、今日は。降る降るって言ってまだ降ってないけど今夜からホントに降るのか?雪。

吉報2つあり。もう一頑張りだな、娘っ子。

“今週の『銀魂』”

TVアニメ、久々に声立てて笑わせてもらった。銀さんと鯱の囚人コンビ漫画家「悪路木夢粋(あくろぎむさい)」の話。ピン子の時、同様、チャゲ&飛鳥弄りにはピー音入ると予想してたら、そのまんま。基準は何だ?(笑)来週からは“バラガキ篇”スタート。コレは楽しみ!

Dscn5788

ジャンプは先週の山崎とたまの淡い(笑)エピソードの後編。これから読む人、食事前に読まない方がいいよ。かなりエグイ。汚な過ぎ(苦笑)それぞれにキャラ立ちしたセリフ飛び交ってるけど新八が意外に面白かった。オチは綺麗に、と思ったらオチのオチはやっぱり汚かった(笑)

全く関係なく今、聴いてるのはコレ。

Dscn5785

BLUES BROTHERS』のサントラ。昨日、出先で¥399で見つけた。

この映画、メチャクチャ好きで、コレも前々から欲しかったんだけどようやく。

ジョン・リー・フッカーが入ってないのが惜しいけど、レイ・チャールズ、JB、アレサ・フランクリン、キャブ・キャロウェイのゲストは勿論、ジェイク&エルウッドのブルース兄弟、スティーヴ・クロッパー、ダック・ダンをはじめとするバンドの演奏もサイコーだ。俺のNo,1フェイバリットは映画でも印象的だった「ギミ・サム・ラヴィン

あとコレね。

The Blues Brothers Everybody Needs Somebody

映画でもこのシーンはハイライトだろう。カッコイイよなぁ。

ちょっと話は逸れるけど、この曲の前の兄弟登場のテーマがオーティスの「お前を離さない」のホーンのパートで、RCのライヴでブルーデイホーンズが同じトコ使ってるのはこの映画の影響だと思う、たぶん。

コレ聴いてたら、当然思い出したのはコレ。

Everybody Needs Somebody To Love - The Rolling Stones

若々しくてガレージっぽくてコレもカッコイイ。

そして02年~03年のリックス・ツアーでの円熟のバージョン

武道館でコレ聴けた時は感無量だったなぁ。

Dscn5792

ツアーを収録したCDとDVD(のボーナストラック)で、オリジネーターのソロモン・バーク(昨日に続いて登場!)との共演が観聴き出来る。エンディングでソロモンからガウンを授与されてマジで動揺するミックが可愛い(笑)気にせず去っていくソロモンを見送り、スゲー嬉しそうにチャーリーを見て笑うミック。満面の笑みでそれに応えるチャーリー。観てるこっちの顔もほころぶ。

Solomon Burke - Everybody Needs Somebody To Love

日本では俺がキチガイみたいに好きなTHE GOD、そして真島昌利がライヴでカバーしてたな。

みんな大好きなんだね、この曲。

« 贅肉なき職人のロックン・ロール | トップページ | パンクの始まり »

ROLLING STONES」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

BLACK MUSIC」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

銀魂」カテゴリの記事

コメント

このサントラはマジで名盤だよね。
当時中学2年だったけど、映画館まで見に行ったのを今でも覚えている。
ジョン・リー・フッカーのシーンはディレクターズカットだけじゃなかったのかな?

ラモさん、こんばんは!
Everybody Needs Somebody To Loveはダーリンの
お気に入りなのよ!(と思う)
「No2」と「ナウ!」に入ってるのは知ってるんだけど、
「ガットライブ~」にも入ってるらしいけどCDには入って
ないんだよね…
昔の可愛いコレも大好きだけど、リックスツアーのこの
ステージもすっごくノレていい感じ!

あっ、ブルースブラザースは何度観ても楽しめますね、
だ~い好きです

>マイト様

マイトさん、中2?
俺は高校に上がる春休みだった記憶が。
ジョン・リー・フッカー、映画には無かったんだっけ?
最早、曖昧。もう32年前だからね(笑)


>megumick様

うん、ミックのお気に入りっぽいよね。
「ガット・ライヴ~」(EPの方ね)のはアタマにさわりだけ入ってたよ。
記事中で触れたマーシーはそれを真似してた(笑)

ブルースブラザースはサイコーだよね~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰もが誰かを必要としてる:

« 贅肉なき職人のロックン・ロール | トップページ | パンクの始まり »