« HARD TO BEAT | トップページ | 約束 »

2012年4月22日 (日)

LA MOSCA 旅日記・「大友克洋GENGA展」へ、卑屈の(笑)東京篇

120421_111334_6

昨日は大友克洋GENGA展を観に約3ヶ月ぶりに上京。独りで・・・。

この人の大ファンって訳じゃないけど『AKIRA』と『童夢』(特に前者)には多大な思い入れがあるのでコレは観たかった。

日時指定の予約制入場ってことでスケジュール調べてたら、結構×印出てたから慌ててチケット購入。5月末までやってるけど行ける時に行っとかないとね。

Dscn6048

高速バスに乗る為に久しぶりに日立駅に降り立つ。震災後の改装オープン以降、ほとんど降りてなかったんだよ、何故か。

某・ブログ仲間が言ってた動く歩道とはコレだね。あんまり必要性感じないけど(笑)

Dscn6050

日立随一の名所、平和通りもすっかり葉桜になってた。もう2年連続で此処の満開時見てないな・・・。

Dscn6052

Dscn6066

Dscn6068

いつものように上野駅でバスを降りて、JR御徒町駅にほど近い会場のアーツ千代田3331まで徒歩で行く。15年ぶりぐらいのアメ横を通り抜けて。

Dscn6072

判りづらい場所だったけど無事発見。此処って元は学校かなんかだったの?建物がモロそんなカンジ。外観も中身も。

入場時間まで周囲を観察してると俺なんかと違ったディープそうな方々が多数。ここで既に若干気後れ。鞄にヴェルヴェットとシナロケのバッヂ付けて独りで来てる同士みたいな人も居たけど(笑)

120421_115749

中に入って真っ先に向かったのは、福岡の手嶋真志さんが1000万円かけて7年がかりで製作した“金田のバイク”のブース。コレに跨って(しかも金田の赤いツナギ着て)記念写真が撮れるという・・・。コレがしたくて行ったと言えなくもない。

Dscn6086

Dscn6081

俺、独りだったからスタッフに撮ってもらえないかと期待してたら「それは出来ません」と。まぁ、みんなに言われちゃったら大変だもんね、仕方ない。でもちょっと言い方が冷たかった気がする・・・。俺の被害妄想かなぁ?何せ田舎もんだから東京でこういうことあると過敏になっちゃう。卑屈なカンジに(苦笑)その後、見知らぬ客に撮ってもらおうと2回ほど試みたものの断念。撮ってあげて撮ってもらおうと思ったんだけど、最初の人には「撮りましょうか?」と言ったら「いえ、跨るだけなんで」と言われ、撮ってあげた人にはすぐさま立ち去られたという・・・。まぁ、いいや、じっくり観れてこうして写真は撮れたから。

Dscn6088

同じブースにあった『童夢』の“つぶれた壁”。此処も記念写真撮れるんだけど、完全に気後れしちゃって断念。

Dscn6083

自由に書き込み出来るボードにも“健康優良不良中年、LA MOSCA 2012.4.21.”とか書こうと思ってたけどそれもしなかった・・・。嫌だねぇ、卑屈な中高年は(苦笑)

Dscn6127

もうひとつの大きな目的、グッズも買ったの、コレだけ。『サタニック・マジエスティーズ』ストラの『レイブン』を思い出す、チープな3Dシート。バッヂが欲しかったんだけど、32個セットで6300円のモノのみ・・・。涙を呑んだ。

でも肝心の原画、とりわけ『AKIRA』全原稿の展示は圧巻だった。その偏執狂的に細かい原稿の数々にはため息。1枚の原稿から出てる気迫が尋常じゃない。何だかんだ言っても観れてよかった。

つまんねーことばかり!と思いきや、この後、別件で楽しい時間もあって(今回は書かないでおこう)帳消し。

耳が復調したので復活させたウォークマンで道中聴いたのは、ストーンズの1st、『ベガーズ・バンケット』、コステロのベスト、ハートブレイカーズの『L.A.M.F.』、Dr.フィールグッドの1st、2ndなど。

Dscn6129

遠出の度に持ち歩いてるこの本。621ページ中、356ページまで来た。まだ『ならず者』の辺り(笑)

Dscn6128

フィールグッズの問答無用の最初の3枚の中じゃ一番印象の薄かった2nd『MALPRACTICE(不正療法)』が聴いてて気持ちよかったな。

Dr. Feelgood - Back in the Night

ストイックなリズム隊にいかがわしいブリローのスライドとヴォーカル。なんかいやらしいカンジがするのは俺だけ?(笑)

いいね~。サイコーだよ。

|
|

« HARD TO BEAT | トップページ | 約束 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

旅日記」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

最高の音楽と一緒にひとり旅!いいですねえ。最後にいいこと…ってのが気になりますが(笑)、終わりよければすべてよし、ですから(^^)!
それにしても、バッジはバラ売りしてくれないんですね(^_^;)。

投稿: 波野井露楠 | 2012年4月23日 (月) 20時18分

今晩は!東京でしたか!ビックリです。
それより、持ち歩いた音源に興味が♪

〉2nd『MALPRACTICE(不正療法)』

これ、地味めですが、かなりお気に入りの一枚です♪♪

そして美術館関係が冷たいのは、東京在住の自分も一緒、彼ら人種違います(笑)

投稿: リュウ | 2012年4月23日 (月) 21時18分

>波野井露楠様

最後のいいことは内緒です(笑)
バッヂねぇ、『AKIRA』のは3つぐらいしかないんです。
なのに¥6300は出せませんでした・・・。


>リュウ様

いいですよねぇ、2ndも。

人種違うって(笑)
なんであんなに高飛車なんでしょうね?

投稿: LA MOSCA | 2012年4月23日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/44978734

この記事へのトラックバック一覧です: LA MOSCA 旅日記・「大友克洋GENGA展」へ、卑屈の(笑)東京篇:

« HARD TO BEAT | トップページ | 約束 »