最近のトラックバック

« YOU GOT TO ROLL ME | トップページ | ANYWAY YOU WANT IT »

2012年4月28日 (土)

臆病は伝染する、そして勇気も伝染する

楽しくない、腹立たしいことの続いたここ数日。

女々しい愚痴ばかりになりそうだったのでブログも書かなかった。

まぁ、一番腹立たしいのは自分のダメっぷりなんだけど(苦笑)

グジュグジュ考えてても仕方ないから頭切り替えていこう。

Photo

少し前にコレを読み終えた。

伊坂幸太郎の『PK』

すっかり本を読まなくなってしまったこの頃だけど、この人のは何冊か読んでる。多作家なんで全部じゃないけど。でも読んだのはどれも面白かった。

この3つの中編からなる新作は、先月の刊行時に某新聞に載った作者のインタビュー記事を読んで強く興味を持ってすぐ購入。

“個人の意思を超えた、得体のしれない大きな、歴史を動かす世の中の流れ、それに立ち向かう勇気”

“これまで以上に緻密に複雑に絡み合うストーリー”

前者は『ゴールデンスランバー』、後者は『FISH STORY』を思い起こさせるけど、確かに重厚に構成されてて展開もスリリング。

“人が決断を求められるときに必要なのは判断力や決断力ではなく勇気。そしてその量を試される”

過去、現在、未来。時空を超えて微妙にリンクしていく3つの物語。

じゃがたらの昨日は事実、今日は存在、明日は希望って歌詞が脳裏を過ぎったりもして。

「コレってアレと繋がってるの?」

「此処ってさっきのアレが伏線だったの?」

「この人って、最初の話のあの人と一緒?」

みたいな場面がそこかしこに。また読んで確認したくなる。俺なんか頭悪いから何度も何度も読み返さなきゃ理解出来無いよ。¥1200でスゴイ楽しめそう(笑)

あと、あれだな、根本的にポジティヴなのが読んでて救われた気持ちになれてよかったよ。能天気にじゃなく、丁寧に描かれてるからリアリティーさを感じられた。まぁ、フィクションだろ?って言われりゃそうなんだけど。

FISH STORY』、『ゴールデンスランバー』に続き、三度、中村義洋・監督、斉藤和義・音楽とのコラボレーションの映画『ポテチ』がまもなく公開されるけど、『PK』もいづれ、映画化してほしいな。

その時の主題歌はコレだろう?って夢想も楽しい。

斉藤和義 - ウサギとカメ

Dscn6138

この3つの中編は震災前に書き終えられてたそう。せっちゃんの曲は震災後、最初に出来た曲らしい。

奇妙にリンクしてるね。

« YOU GOT TO ROLL ME | トップページ | ANYWAY YOU WANT IT »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

伊坂幸太郎は、自分も好きです。
そんなには読んでないですが(^^;)。
伊坂氏は確か、町田町蔵をリスペクトしてたような…。
そういうところも共感しちゃいます(^^)。

>波野井露楠様

いや、実は俺も6~7冊なんですけどね、読んだの(笑)
あぁ、町蔵、なんか聞いたことあるような・・・。
斉藤和義は勿論、ルー・リード、ロバート・クワイン、マシュー・スウィートなんてのまで言われちゃうと無視出来ませんね、俺の場合(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/45059557

この記事へのトラックバック一覧です: 臆病は伝染する、そして勇気も伝染する:

« YOU GOT TO ROLL ME | トップページ | ANYWAY YOU WANT IT »