最近のトラックバック

« LET ME START WITH YOU,BABE | トップページ | ♪何もかも変わり始める~♪ »

2012年6月19日 (火)

LA MOSCAが選ぶROLLING STONESの90年代以降の10曲

台風はこれから酷くなるのか?明日の朝は大丈夫かな?

さっき、ネットで“ストーンズ解散発表”って情報見つけてビックリしたんだけど、どうやらガセっぽい。考えたら敢えて宣言するような人たちじゃないよな。最早、解散なんて概念はこのバンドにはないだろう。誰かが死ぬまでは解散って言葉は使わない気がする。

ツィッター仲間のテルミーさんがこないだ、ストーンズの80年代の10曲っていうの書いてて。

俺は10曲はとっくにやっちゃったしなぁって残念がってるうちに閃いた。俺のセレクションはデビューから89年まで。90年以降を入れるのはなんか違う気がしたし入りきらなくて(笑)

で、90年代以降だと何かな?と、またしても脳内選曲始まっちゃった。そうつぶやいたらテルミーさんに先にやられちゃったんだけど(笑)

では早速。年代順で。

Dscn6222

SPARKS WILL FLY

SUCK ON THE JUGLAR

好きな人多いみたいだけど、俺は『ヴードゥー・ラウンジ』はそんなでもなくて。プライマル・スクリーム辺りが彷彿とさせるアルバム出して、その時流に乗って『ならず者』っぽさを意識したのもちょっとあざとい気がしたし、その割にはカッチリ作りこまれてる気がして不満。キチンとパート決めて演奏したカンジで。

でもこの2曲はかなりいい。『タトゥー・ユー』の頃みたいな音色のチャーリーのドラムとキースのギターの絡み(特にアコギ)の密度の濃さにクラクラする前者。ワウを掛けたギター、ハープと張り切るミックと、他のパートがどんなに展開してもずっと同じビートを刻み続けるチャーリーが素晴らしい後者。

LIKE A ROLLING STONE

アンプラグド的な半ライヴアルバム『ストリップド』はスゴイよかったけど、まさかのディランの超有名曲カバーには驚いた。しかも全然捻らずに。言いだしっぺはミックらしいけど、キース&ロニーのギターもハマっててストーンズの曲みたいだからさすが。キースの「何より、タイトルがいいよな」って発言もあったな(笑)

FLIP THE SWITCH

SAINT OF ME

TOO TICHT

HOW CAN I STOP

『ヴードゥー~』より断然好きなのが『ブリッジズ・トゥ・バビロン』 ミック、キースがそれぞれ仕切った曲、共同作業した曲、プロデューサーも曲ごとに違って5人も居るし、ゲストミュージシャンもやたら多い。それを変にまとめることなく乱雑に並べたカンジがいい。

「フリップ・ザ~」は、チャーリーのスットコドッコイなドラム、キースのミストーンすれすれのリフ、♪電気椅子のスウィッチを入れろ!♪って歌詞もサイコーな無理矢理気味のアップテンポ。肝はアップライトベースだね。(おそらく)わざとミスったエンディングも刺激的。

「セイント・オブ~」は、久々のビリー・プレストンのゆったりとしたハモンドにまくし立てるように入ってくるミックのヴォーカルがメチャ、カッコイイ。ダブル・ベース、ドラム・ループまで使った70年代風ストーンズ。現在(97年)との融合っぷりがいい。コレはミックの独壇場だな。キースは何で不参加なんだ?

「トゥー・タイト」は一番“らしい”曲。“これぞ、キース”なリフの応酬と落ち着いたチャーリーのビート。包み込むようなコーラスが90年代風かな?

「ハウ・キャン~」は前に書いたね。キースのこの手の曲はいいの多いけど、コレは格別。歌詞のとおり、終わりそうで終わらない。ウェイン・ショーターのサックス・ソロに酔いしれたあとの最後のガムランも効果的。

ROCK ME BABY

40周年ツアーのライヴ盤、『ライヴ・リックス』に収録の、この期に及んでのB.B.キングのカバー。ソロ回しもばっちり決まった、キース&ロニーのギターがいいなぁ。2人とも(特にキース)定番ヒット曲より、こういうのの方が気合入ってるように聴こえる(笑)気合といえばミックの唄もスゴイ。ブルースはキースよりミックの方が熱入ってるような気がするね。

BIGGEST MISTAKE

コレも記事にしてる。『ヴードゥー~』より更につまらないと思う目下のところの最新作、『ビガバン』中のお気に入り。ほろ苦いよれたラヴソング。アルバム中、ミック&キースのコンビネーションはコレが一番だと思う。

INFAMY

コレも随分前に取り上げてる。キースってのはホントに不思議な曲書くよなぁ。単調だけど妙に耳に残るリフ。そして誰が聞いてもミックのことだと思うであろう歌詞。それにコーラス、ギター、ハープ、キーボード、パーカッションで張り切ってバックアップするミック。訳わからん(笑)今のところ、コレがストーンズの最終曲。いつか、いや、早く続きが聴きたい。

そういえば、レココレ次号の特集が「ストーンズの100曲」らしい。

勿論、書くよ、俺も。前倒しで(笑)50周年だから50曲にしとこうかな?

Dscn6223

« LET ME START WITH YOU,BABE | トップページ | ♪何もかも変わり始める~♪ »

個人的ランキング」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

今晩は♪
90年以降はまた別のバンドになってるので、これまた、難しいところですよね!
でも、渋い選曲ですね!
セイントも好きだし、アウト オブ コントロールのミュートサックスも気になるし……スライ同様、自ブログでやってみます!

LA MOSCAさん、こんばんは。
90年代ストーンズですか。曲名聞いただけでパッと曲が思い浮かばないのが我ながら悲しい。
まぁまぁいいのはたくさんあるけど大好きなのは、、、今スッと思いついたのは、“Blinded by the Rainbow”かな。派手なロックナンバーよりもミックとキースののどかな感じが年相応っぽくていい感じ。

>リュウ様

そうそう、ストーンズだけどなんか違いますよね、90年代以降は。
やっぱりビルの不在が大きいのかな?
渋い?
そうですか?
何も考えずに好きな曲並べてみました。
リュウさんもスライ共々、是非!


>goldenblue様

思い浮かびませんか?
まぁ、でも俺も全曲、浮かぶ訳じゃないかなぁ?
うんうん、年相応のナチュラルな曲、いいのありますよね。
俺もそういうのの方が好きなの多いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/45691398

この記事へのトラックバック一覧です: LA MOSCAが選ぶROLLING STONESの90年代以降の10曲:

« LET ME START WITH YOU,BABE | トップページ | ♪何もかも変わり始める~♪ »