« 奥行きの深い発熱 | トップページ | 一秒前ですら、もうここにはない »

まるで少年のように街に出よう

本調子に戻った。

日曜の夜に熱出して、月曜の昼間には下がってたのに、頭痛と体ダルいのが続いてたけどようやく。

あんまり続くからヤバい病気じゃないか?とビビッてたけどそんなこともなさそうでホッとした(苦笑)

Dscn6240

昨夜、コレが届いたのでサーッと通して観てみた。武道館は行けなかったけど同ツアーのいわき公演観てとてもよかったから期待してた。やっぱりスゴイいいカンジだったけど、此処に書くのはじっくり観てからにしよう。

コレ観ながら、頭にぼんやり浮かんだことを今夜は書こうかな?と考えてたらある報せがあって取り止め。

書かなくてよかった。

またやらかしてしまうところだった。

コレは胸の内にしまっておこう。

歳の所為か体が重いのと、金が無い所為もあって、滅多に出かけなくなってしまった俺だけど、明日は久々に(やや)遠出。

梅雨時ながら天気も良さそうなので楽しい道中になるといいな。

遠藤ミチロウ / Just Like a Boy

今日、仕事中、やたら頭の中で鳴ってたこの曲を聴いてる。

Dscn6241

前年の5曲入りカセット『死目祟目』に続く、アコースティック・ソロの初フルアルバム、94年の『空は銀鼠』のトップに収録。ライヴでもほぼ毎回唄われるアコースティックの代表曲のひとつ。

ミチロウのアコースティック・ソロは作品は全部追ってたけどライヴを初めて観たのは98年。実際、観るまではピンと来てない部分もあった。ライヴ観て凄さが判ったというか・・・。一切の装飾を脱ぎ捨てた壮絶なまでに剥き出しで丸裸の言葉と声。この曲も何回聴いてもいい。

曲中に出てくる“君”とは、当時、単発的に『一本道』なるユニットを組んで一緒にアリゾナ行ってライヴやったりしてたex.男闘呼組の高橋一也だと何かで読んだ記憶が。あと、どこかで“何故、旅に出ようじゃなく街に出ようなのか?”という問いに対するミチロウの答えも読んだ気がするんだけど思い出せず。何て言ってたんだっけなぁ?

♪どこまでも続く一本道の

 そのずーっと先の天国あたり

 何を見つけたのか それはお楽しみ♪

ザ・スターリン時代ではありえない、年数重ねたからこその、尚且つちゃんと地続きの唄。

そろそろまた生で聴きたいな。

|
|

« 奥行きの深い発熱 | トップページ | 一秒前ですら、もうここにはない »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

私もそろそろあそこに来て欲しいです(笑)


また肩を並べて観たいですね!


毎度毎度、ミチロウ氏には唖然とします。


想いが強いミュージシャンです。

投稿: TAIKE | 2012年6月30日 (土) 00時23分

>TAIKE様

次もその次も、ミチロウが来続ける限り
毎回出てね!
うん、また肩並べて観よう!

投稿: LA MOSCA | 2012年7月 1日 (日) 20時07分

ほぼ毎日、通りすがっているんですけどもね。

LA MOSCAさん、はじめまして。
いつも楽しみにしています。

http://blog.goo.ne.jp/pistol_1976/e/182e90e347adc33c74a20eadc3e52bd5

また通りすがりますね。

投稿: 通りすがり | 2012年7月 3日 (火) 15時48分

>通りすがり様

ほぼ毎日?
ありがとうございます!
今後もよろしく。
いつでも通りすがってください!

「JUST LIKE A BOY」の件、お蔭様でスッキリしました。
俺もコレ読んだのかも。
名言ですね。さすがミチロウ!

投稿: LA MOSCA | 2012年7月 3日 (火) 21時21分

ご無沙汰してます!今年、神戸で『世界同時多発フェスティバル』やる事にしました。エントリー済ませ、場所は神戸一番星食堂というライブハウスです。今から内容考えるんですけど(笑)あっ!ジムモリスンと俳優のバルキルマー、ほんまにそっくりですよね!

来年はFUKUSHIMAに行きますので、その時はよろしくお願いします!

投稿: 毛虱Voま | 2012年7月 5日 (木) 00時59分

>毛虱voま様

お久しぶりです。
スゴイ!
もう少し近くてもう少し若けりゃ観に行きたかった!(笑)
精一杯頑張ってください!
来年は福島?
楽しみにしてます!

投稿: LA MOSCA | 2012年7月 5日 (木) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/46003679

この記事へのトラックバック一覧です: まるで少年のように街に出よう:

« 奥行きの深い発熱 | トップページ | 一秒前ですら、もうここにはない »