« ずっと、いつまでも | トップページ | 21世紀を駆け足で行く母なる自然を見つめている »

“高音質”のライヴ・アルバム

騒がしい日々、再開。

まだ夏休み中なんで、フルじゃないんだけど、この時期ならではの慌しさ。

予想どおりにイライラくるか?と思ってたら、予想もつかなかった腹立たしいことが勃発しちゃって。朝っぱらから。言葉飲み込んで、態度に出ないように必死だった。

それにプラスして小ネタもいくつか。あっ、普段だったら小ネタって思わないレベルだな、アレ。人にいちゃもんつけるのが楽しみの人って病気だと思う。怒りを通り越して憐れみすら感じるよ。絶対、あんなんになりたくないわ。

意外だったことがひとつ。

俺の職場って、15~6年前、所帯持った頃に住んでたトコの近くなんだけど、その当時から気難しい食えないヤツと認識してた近所のオヤジが喋ってみたら拍子抜けするほど気さくだった。まぁ、性格良いとは間違っても言えないカンジだけど、それでも「へ~」って驚きはあった。先入観持って勝手に決め付けちゃいけないね。

Dscn6302

今夜はコレ。

ROLLING STONES、66年の初のライヴ・アルバム『ゴット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット』

二日続けて、音のあまり良くない下手クソなレコード聴いて思い出して(笑)

いや、ホントは少し前にリュウさんが取り上げてたの読んで聴こうと思ってた。そして実はちょっと前にも聴いたんだけど(笑)

でも、“音が悪い”って言うけど、じゃあ、いい音って何だろう?豪華な機材で録音された綺麗な音質。バランス良く、名手によってミキシングされた音。確かにそれは素晴らしいだろう。でもそれが似合わないモノもある。少なくともこのレコードはそんな音質で聴きたいとは思わないな、俺は。

イギーやジョニサンをはじめとするあの辺のアーティストのセミオフィシャルやブート音源やら、日本の80年代初期の自主制作レコードのチープな音に慣れ親しんだ耳にはこういうのも愛着沸いちゃう。

あからさまな差し替えや擬似ライヴまであるけどそれすら許せちゃう。この闇雲な勢いで。

コレ、もう46年前の音源だけど今聴いて、これだけワイルドに聴こえるってことは当時、相当凶暴に聴こえたろうなぁ。まるでパンク。まだパンクは無かったけど。

俺が初めて聴いたのは17歳の時。30年前だね。『スティル・ライフ』のすぐ後。1曲目と最後の曲が同じでB面に「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」入ってるのも一緒。

The Rolling Stones - live 1966

冒頭の2曲。レコードの時代からプレスごとに微妙に違うと言われたけど、この現行CDのバージョンは俺の所有するレコードとヴォーカルとか違うね、確かに。最初のアナウンスもビル・ワイマンのみの紹介で曲に突入してたし。それがカッコイイなと思ってたんだけど(笑)

その辺のいい加減さもまた良しってことで(笑)

この演奏を聴くにはコレが“最高の音質”だと思うな。

出来ることならテープ・コピーしてチンケなラジカセで聴きたい。フルヴォリュームで。

|
|

« ずっと、いつまでも | トップページ | 21世紀を駆け足で行く母なる自然を見つめている »

戯言」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

今晩は♪
今帰宅したところで、思わず食いつきました(笑)
本文リンク有難うございます!
そう、パンク、精神がパンクですよね!
このライブとヤードバーズのファイブ ライブ…でしたっけ(^^;;絶対に良い音で聞きたくないっす。
この、音の塊ドーンが楽しいんですよね♪
激しく同意します!

投稿: リュウ | 2012年8月17日 (金) 22時48分

お仕事お疲れ様でした。m(__)m

僕もラジカセいつか欲しいと思っていましたー。
( ̄ー ̄)bグッ!

投稿: ちゅう吉 | 2012年8月18日 (土) 05時57分

らもさん、こんばんは!
いつもありがとう。
家にはもうプレイヤーもレコードも無いから
レコード聴いてみたくなりました♪
CDとそんなに違うの?
ますます気になります…
このアルバムは若さとエネルギーと勢いがあって大好き!
やっぱり大音量でガンガン聴きたいです!
ラジカセ?枕元にあるよ~
電気屋で500円で買ったやつ(笑)
ラジオ好きなので。

投稿: megumick | 2012年8月18日 (土) 21時44分

>リュウ様

当時はそういうジャンルというか名称が無かっただけで完全にパンクですよね。
でしょ?この団子状の音しか無いですよね、コレは。
俺はキンクスの同時期のライヴ盤が頭に浮かびます。

>ちゅう吉様

俺も押入れから引っ張り出そうかな、ラジカセ(笑)
というかちゅう吉さん!
えらいことになったよねぇ~!
お互い、チケット取れるといいですね!

>megumick様

大雑把に言うと変わらないけど細かく言うと結構違うんだよ(笑)
大音量でガンガンだよねぇ、コレは。
あっ、ラジオ言ってたよね。
俺も出そうかなぁ、ホントに。
スゴイ古い、デビュー当時のBUCK‐TICKがCMに出てたヤツ。
「重低音がバクチクする」とか言ってた(笑)

投稿: LA MOSCA | 2012年8月19日 (日) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/46725210

この記事へのトラックバック一覧です: “高音質”のライヴ・アルバム:

« ずっと、いつまでも | トップページ | 21世紀を駆け足で行く母なる自然を見つめている »