« HURT ME OKAY,I’LL HURT YOU | トップページ | ノー・フューチャー »

10年目の12月22日に

そっか。

世間的には3連休的なカンジなのか。

俺は今日も仕事。明日1日休んで明後日も。

今日は半日だけど遠方まで出向いたんで結局1日潰れる率の悪いパターン。

見たくない顔ぶれで聞きたくない話たくさん聞かされて。

一昨日に注文したピストル箱は、昨日、福岡を出発して明後日まで届かないし・・・。

ていうか、なんで福岡から?よく判んない(笑)

今日は22日か。

もう10年も経ったんだな。

Img414

此処で何度も書いたけど無条件で“好き”とは言いきれない。ミチロウや町蔵の受け売りもあるけど(ミチロウは「パンクで一番ダメなバンド」って言ってた)それ抜きにしてもなんか気恥ずかしくなるほど熱くて。ジョニー・ロットンも毛嫌いしてたみたいだけど当然だと思う。ある意味、正反対だし。

だけど、そこがいいところでもあるんだけどね。

よく思うんだけど、俺なんか単なるリスナーだから聴くモノが一貫してなくても全然いいんだよね。無責任でオーケーだと思う。

ピストルズとクラッシュ、両方好きでも平気。スターリンもブルーハーツも好きなのと一緒。

個人的には後期の方が好きだったり、クラッシュ解散後のも聴いたことなかったりするんだけど、やっぱり好きだよ、クラッシュもジョー・ストラマーも。

Dscn6525

当時の、日本独自の“いい加減”なカップリング・シングル。

どっちも、1,2を争うほど好きな曲じゃないけど最強のカップリングだと思う。

The Clash - I Fought The Law

The Clash - (White Man) In Hammersmiths Palais

カバーだけど、クラッシュのオリジナルみたいな前者と白人初のオリジナル・レゲエと言われる後者。

どっちもサイコーのパンクでサイコーのロックンロール。

にしても10年とは早いな。

生きてたら60歳か。

見てみたかったな、還暦のストラマー。

|

« HURT ME OKAY,I’LL HURT YOU | トップページ | ノー・フューチャー »

戯言」カテゴリの記事

PUNK」カテゴリの記事

コメント

ほんと悔いの残るアーティストです、ジョーストラマー。


大好きなパンクロックな人の一人です(;_;)


変わりまして~、その盤要らないのであれば引き取りに行きますよ(笑)

投稿: TAIKE | 2012年12月23日 (日) 16時27分

自分も昔はCLASH苦手でした。
ジョーの真面目さが暑苦しくてw
でも年とって、色々聴いてくうちに、これか、と。
あっという間にはまりましたね。
渋谷クアトロで1度だけ観ましたが、
その時出待ちしなかった事は、一生の不覚、後悔です。
絶対サイン大会になってたはずだから。

投稿: kazz | 2012年12月23日 (日) 19時22分

ジョーを語れるほど詳しくはないんだけど、私にとってCLASHはやっばりすごく大きな存在。

年をとればとるほど、生で観られなかったことを悔やんでおります。

しかもさ、ハマースミス行ったのにあのライブハウスに行かなかったことも悔やまれますよ。

私「COMBAT ROCK」が一番好きなんだけど、それ言うと「えーーー」って非国民のように言われてきましたよ…(笑)

投稿: SAPPIE | 2012年12月23日 (日) 20時52分

>TAIKE様

さっきはどーもありがとう。
感謝です!
娘ちゃんがスゲー可愛かったよ!
全然要らなくないから心配ご無用です(笑)


>kazz様

俺はホントはすごい好きなの、暑苦しさ含めて(笑)
フジロックのヒストリーDVDで出演しないのに来て
設営手伝ってる姿見て感動したっけ。
人間臭くてサイコーだなって。
あぁ、サイン大会。
だろうね。クラッシュの来日の時もそんなだったみたいだよね。

>SAPPIE様

俺だって全然詳しくないよ。
でも大好き、結局。
ライヴ観てたらカッコつけないで素直に大好きって言えたかも、当時から。
俺も好きだけどね、『コンバット・ロック』(笑)

投稿: LA MOSCA | 2012年12月23日 (日) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/48426191

この記事へのトラックバック一覧です: 10年目の12月22日に:

« HURT ME OKAY,I’LL HURT YOU | トップページ | ノー・フューチャー »