最近のトラックバック

« Sea Of Love | トップページ | 32年目の12月8日に »

2012年12月 7日 (金)

DOWN TO KILL

いや~、デカかったなぁ、夕方の地震。

久々に本気で怖かった。揺れてた時間がスゴイ長かったし。

幸い何の被害も無かったからいいものの、忘れちゃいないけど記憶が薄らいでくると来るね。“忘れさせねーぞ”ってことなのか?忘れないからお手柔らかに頼むわ、マジで。

Dscn4835_2

Dscn4836

Dscn4843

もう、こんなの勘弁だからさぁ、ホントに。

Dscn5472_2

Dscn5483

Dscn5496_2_2

こんなのもね。

いろんな情報が飛びかってるようだけど、惑わされずに現実をしっかり見極めていかなきゃな。

昨日、最初の3つの画像の時にダメにしちゃったCDが手元に届いた。

Dscn6502

「聴かせてもらえませんか?」って聞いたら「何枚かあるので差し上げます」って言ってくれた人が居て。

Dscn6500

『L.A.M.F. REVISITED』は単独で持ってるけど、『D.T.K.』は無かった。もう1回買おうかとも思ったけど、拡大版みたいなのしかCDでは売ってなくて。カセットテープが押入れの奥に眠ってる筈だけどずっと聴けてなかったんだよ。

Dscn6501

ケースは数百枚ほどダメにしたけど、盤そのものまでダメにした中の1枚がコレ。他ほ殆ど何とかなって唯一、コレが聴けなかったから嬉しかったなぁ。

『D.T.K.』はJOHNNY THUNDERS率いるHEARTBREAKERSの77年3月、ロンドンはスピークイージーでのライヴ・アルバム(リリースは解散後の82年)。『L.A.M.F.』レコーディング直前のバンドが昇り調子の最良の時期の貴重な記録。個人的には『L.A.M.F.』よりもこっちが好き。ハートブレイカーズでは一番かな?

歌詞(レコード・バージョンとは変えてたりもしてる)とMCでのダーティーワーズ、クレイジーな様子の客の声、そして何よりがっちりまとまったバンドの演奏がサイコー。ジョニサンのギターは長いキャリアの中でも一番キレがいいかもしれない。

Dscn6504

オリジナルのジャケットは、この裏ジャケのジョニサンの写真を使用したモノ。こうして見ると、俺のは日本プレスで戴いたのはフランス・プレスなんだな。

Johnny Thunders & The Heartbreakers - Chinese Rocks

この曲が死ぬほど好き。こんなTシャツ買っちゃうほどに。

Dscn1913

Dscn3900

このアルバムのクレジットには、thunders/ramone/hell/nolanとあるけど、ディー・ディーにヘルがちょっと協力して書いた曲、っていうのが俺の見解。でも、ヘルが唄ったハートブレイカーズ・バージョンもディー・ディーのラモーンズ・バージョンもあるけど、ジョニサンが唄ったのが、特にこのテイクが一番カッコイイと思う。

しかし、ホントにサイコーだな、『D.T.K.』

1年9ヶ月ぶりに聴けたよ。

大感謝。

Dscn6503

« Sea Of Love | トップページ | 32年目の12月8日に »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

らもさん、こんばんは!
最初のショッキングな写真
ひどかったんですね。
東京でもやっぱりCDや本は滅茶苦茶になったけど、
実家はものすごかった。

え~っとこのコカコーラのTシャツ知ってる(笑)
何度も聴いてたかもしれないけど、やっとわかった。(笑)

この写真はよく撮りましたね!


私はショックで撮れませんでした(;_;)


これからはお手柔らかにですね!

>megumick様

怖かったね、昨夜の。
そっちもかなり揺れたのかな?
Tシャツ、知ってるでしょ?(笑)
やっと判ってもらえたかな?(笑)


>TAIKE様

この写真は娘が撮ったんだよ、面白がって(笑)
俺、この日、帰れなかったし・・・。
自分のブログだかツィッターにも貼ったらしい(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/48122007

この記事へのトラックバック一覧です: DOWN TO KILL:

« Sea Of Love | トップページ | 32年目の12月8日に »