最近のトラックバック

« BORN TO LOSE? BORN TOO LOOSE? | トップページ | HELLO! I LOVE YOU!! »

2013年1月 7日 (月)

YOU GOTTA LOSE

今日から仕事が本格的に始動。

ずっと出勤してたけど、年末年始は半分遊びみたいなもんだったからね。今週中盤からいよいよ、1年で最大の緊迫期間になるので気を引き締めていかないといけないな。

Dscn6580

昨日からの流れでコレを聴いてる。

RICHARD HELLの『TIME』

Dscn6496

元はカセットのみで出てた未発表集『R.I.P.』に3曲追加したディスク1と77年のロンドンと78年のC.B.G.B.でのライヴを収録したディスク2の2枚組。02年、マタドールからのリリース。

ディスク1に、昨日紹介した『L.A.M.F. 』箱と同様に、ヘル在籍時のハートブレイカーズのデモ音源が4曲入ってる。

勿論、こっちはヘルが唄った曲のみ。両方で8曲この他に少なくても正式リリースされてない曲があと2曲ある。

Img422

(画像はウォルター加入前のトリオ時代)

Heartbreakers - You Gotta Lose

Heartbreakers - Blank Generation

どっちも、後の自身のリーダー・バンド、ヴォイドイズでリメイクされてて、そっちの方が全然カッコイイけどドキュメントとして貴重だし面白い。

ちなみにハートブレイカーズ結成前にヘルが在籍したテレヴィジョンによる、後の方の曲のバージョンがコレ。

Img419

Television - Blank Generation

ついでに、このNYパンクのアンセムのヴォイドイズによる正式バージョン。

Img421

Richard Hell & The Voidoids - Blank Generation

シングル・バージョンもあるけど、より性急なこっちのアルバム・バージョンの方がカッコイイ。

NYパンクシーンを代表するギタリスト、ジョニー・サンダース&ウォルター・ルー、トム・ヴァーライン&リチャード・ロイド、ロバート・クワイン&アイヴァン・ジュリアンの個性の違いというかそれぞれのアクの強さが嫌と言うほど判って思わず笑っちゃう。

そういえば、ヘルの“あの”悪夢の来日公演で「ハート・ミー」やったっけな。「Johnny Thunders Memory」とか言って。

ジョニサンが来日直後に死んじまったのは、そのぴったり1年後。

Heartbreakers - Hurt Me

ハートブレイカーズのデモ、そちこちから小出しにしないでまとめて1枚にして出ないかなぁ、先述の2曲も追加して。また買うから(笑)

« BORN TO LOSE? BORN TOO LOOSE? | トップページ | HELLO! I LOVE YOU!! »

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

この『TIME』俺も随分聴きました。

この『Chinese Rocks』好きですねぇ。言われ含めて。

それとライブ盤の方、ヘロヘロ声のヘルが声張ってて好きです(笑)やれば出来るじゃん!って今一度見直しました(笑)

>みん様

そうそう、「Chinese Rocks」は謂れがね(笑)
この人たちのただれた人間関係が垣間見えていいですね(笑)

あぁ、ライヴの方、張り切ってますよね(笑)
新鮮でいいと思います、俺も(笑)

あっ、みんさんに先越された“あの”ネタ、次回書く予定です!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/48639897

この記事へのトラックバック一覧です: YOU GOTTA LOSE:

« BORN TO LOSE? BORN TOO LOOSE? | トップページ | HELLO! I LOVE YOU!! »