« 感じてること、それがすべてさ | トップページ | LA MOSCAが選ぶROOSTERS(Z)の10曲 »

ふるえているのは寒さのせいだろ、恐いんじゃないネ

滅茶苦茶寒かったな、今日。

東京は雪降ったらしいね。寒い訳だ。

歳食って抵抗力衰えたからキツいのかと思ってたけど、やっぱり今年は例年より寒いよね?毎日のように続くし・・・。

そろそろ春の兆しも感じたいところ。

先週から判っては居たけど今週から当分の間、ちょっと仕事が上乗せされた。ちょっとだけど無茶なカンジの。簡単に「出来ない」って言いたくないから受けたけど、どうも仲間の足並みが揃わない。ストレス倍増。2日目にして早くもぐったり。土曜はまた率が悪くて不毛な遠征だし・・・。早く片付かねーかなぁ。

Dscn6676 

旬な話題もあって、前記事ふたつで取り上げた、ルースターズブランキーを聴く、ここ数日なんだけど今からはコレを聴こう。

井上陽水の『氷の世界』 

73年リリースの日本初のミリオンセールスを記録したモンスター・アルバム。

俺、陽水は好きも嫌いもなくて、みんなが知ってるヒット曲を知ってる程度だったんだけど、2000年だったかな?某・国営放送で『ハロー・グッバイ』って特番があって、町蔵(町田康)やUAも出るって言うんで観て認識を新たにした。他に居ないスゴイ人なんだなって、ジャンル関係なく。で、2002年のフジロックでライヴを目の当たりにしてブッ飛んで何枚か聴いてみた。コレもその1枚。まぁ、コレは親戚の叔父さんが持ってて聴かせてもらったことはあったけど。

細野さんや高中が参加してたり、清志郎が曲提供してたり、ex.モップスの星勝がアレンジャーだったりするのが今思えば興味深い。星は数年後、RCの『シングルマン』にもアレンジャーで参加してたっけ。

アルバム聴くと、悪くないんだけどTV(スタジオ・ライヴ)で観た時や実際観たライヴのような衝撃は無かったかなぁ。それでも充分スゴイけどね。つまんねー、“自称”ロックの100倍ぐらいはいい。

井上陽水 - 氷の世界 

TVにもライヴにも居たギターの今剛(ex.パラシュート、パンタ&HALL。松田聖子、矢沢永吉、ユーミン、さだまさし、布袋、宇多田ヒカルや倖田來未までこなす、トップレベルのスタジオミュージシャン)、ドラムの山木秀夫(ex.マライヤ、SHOGUN、近藤等則&IMAなどを経たこちらもトップレベルのスタジオミュージシャン)を始めとするバックバンドの演奏が凄すぎる。

井上陽水 - My House

先述のTV番組より。言葉遊びのような歌詞は「デモの時に出鱈目に付けてたのを、ふとそのまま唄ってみた」というようなことを言ってた。秀逸。こっちではベースが今、山木と一緒のことも多い、やはり凄腕のスタジオミュージシャンの高水健司。この3人は近年、福山雅治のバックでTVとかで見かける。

Dscn6677 

俺の手持ちだと大ヒットしたベスト『GOLDEN BEST』に続いて出た『GOLDEN BAD』に収録されてるね、この曲。

最後にもう1曲だけ。

井上陽水 - 最後のニュース フジロック’02

何度も何度も貼ったけど未だに忘れられない個人的なフジロック・ベスト・パフォーマンス。俺を含む一見さんが全員持ってかれた名演中の名演。この最終曲の前に「え~、みなさんのご健康をお祈りしながら演りたいと思います」って言ったんだよ、この人(笑)いつもの“あの”笑いを堪えてるような顔で(笑)

でもサイコーだったなぁ。俺が“音楽のジャンル分けなんて無意味だ”って思うようになった大きな切っ掛けの瞬間。

感謝だな

|
|

« 感じてること、それがすべてさ | トップページ | LA MOSCAが選ぶROOSTERS(Z)の10曲 »

テレビ」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

FUJI ROCK FESTIVAL」カテゴリの記事

コメント

らもさん、こんばんは!
井上陽水聴くのはかなり久しぶりです。
兄が大好きで聴いてたので小さい頃耳にしてました。
メロディーよりも歌詞の韻?が面白いなって感じてたな・・・
それにしても日本のスタジオミュージシャンってレベル高いですね。
(ホントはよくわかってないけど・・・笑)
サウンド聴いてるとそう思います。
全然関係ないけど、My Houseの動画の後に「井上陽水&吉田拓郎 15年ぶりの対談(ノーカット)」 っていうのがあるけど、これ凄く面白いらしいよ!
もうひとつ関係ないけど私の旧姓が陽水さんと同じです(笑)
アイドルっぽい名前って言われてたよんribbonあはっ

投稿: megumick | 2013年2月20日 (水) 21時53分

>megumick様

歌詞の韻ね。
ブッ飛んでるからねぇ、陽水も(笑)
あの「夢の中へ」もク●リの歌だっていうしねぇ(笑)
昨年、ヤマタツ観た時にも思ったけど、俺が詳しくないこういう分野には
怖ろしいほどの凄腕がゴロゴロしてるんだなって思い知ったよ。

あっ、旧姓。
そうなんだ?
確かにアイドルっぽいかも!

拓郎との対談、後でチェックしてみるね。
ありがとう!

投稿: LA MOSCA | 2013年2月20日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/49516363

この記事へのトラックバック一覧です: ふるえているのは寒さのせいだろ、恐いんじゃないネ:

« 感じてること、それがすべてさ | トップページ | LA MOSCAが選ぶROOSTERS(Z)の10曲 »