最近のトラックバック

« 赤い女とロカビリー | トップページ | ただ持っていくのは おまえ »

2013年3月17日 (日)

♪レッドライトがブルーに~♪

週イチ休み、あっと言う間にこんな時間。

今日は家から一歩も出なかった。

あっ、朝、缶コーヒー買いに行ったな、アパートのすぐ前の自販機まで(笑)

いよいよ納まりきらなくなったCD収納の為に前から目をつけてたラックをネット注文した。

置くスペースが無いから細くて長いのを探してたらいいのを見つけて。幅45cmの縦226cmで600枚収納。これで当分安心だな。脚立昇らないと上の方、届かないけど(苦笑)

Dscn6707

画像奥のビデオラックを、部屋の反対側に移動して其処に置こうと思って寸法測り直したら1cm足りないことに気付く・・・。画像手前の1000枚ラックと中央のレコードラック&オーディオラックを微調整移動。中身全部抜いて・・・。汗だくになったけどこれでなんとか置けそう。4月上旬に到着予定。待ち遠しいなぁ。

Dscn6702

Dscn6703

昨日のクランプスに続いて“ロックおしどり夫婦”の日本編で今日はコレ。

SHEENA & THE ROKKETSの1stアルバム、『#1』

79年2月のリリースだけど、俺が所有するのは86年のヴィヴィッドからの再発盤。出た頃は全然知らなかった、このバンドのこと。同じ79年の秋に細野さんプロデュースでYMO一派が絡んだ『真空パック』が出てからだよね、広く知られるようになったのは。

俺は正直言うと鮎川誠はそんなに深い思い入れないんだ、実は。中でもシナロケは特に。鮎川関連ならサンハウスの方が全然好き。シーナのヴォーカルも悪くないけど、鮎川が唄った曲の方が好きだったりもして・・・。

SHEENA & THE ROKKETS - トレイントレイン

アルバム中のお気に入りって訳じゃなく、記事タイトルに唄い出しの歌詞使いたかったから(笑)ジョンとヨーコの記事からロック・カップルを色にまつわるタイトルでもうひとつ続けたくて(苦笑)でもいい曲だな、こうして聴くと。久々に聴いたよ。

Mainssongs305x305

この夫婦もラックス&ポイズンに負けない、ロック馬鹿だよね。俺の大好きなエピソードはコレ。こんなだから海外のミュージシャンにも好かれて交流あったり共演した人がラモーンズ以外にも沢山。イギー、レニー・ケイ、コステロ、ウィルコ・ジョンソン、マディーにボ・ディドリーetc。

鮎川が思い入れたっぷりにするロック話、TVや活字でよく見るけど、アレ、大好き。愛に溢れてて。いつも喋りたりないって顔してて微笑ましい。もしかすると曲より、こういう話の方が好きかも、鮎川の場合(苦笑)

合わせると20分近くあるけど、聞いてるだけで楽しくなる動画をふたつ。

鮎川誠が選ぶ 人生に影響を与えた45曲 その1

鮎川誠が選ぶ 人生に影響を与えた45曲 その2

動画検索してて見つけちゃった。

SHEENA & THE ROKKETS - 雨あがりの夜空に

冒頭のシーナのMCと嬉しそうなチャボに頬が緩む。演奏はグチャグチャだけど、そんな野暮は言いっこ無し。作曲者と、同じ時代を生き抜いたバンドによる敬意と愛情に溢れた日本のロックン・ロールの古典。サイコーだな。

« 赤い女とロカビリー | トップページ | ただ持っていくのは おまえ »

戯言」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

コメント

鮎川さんとシーナさんってふたりともキラキラしてますよね。先日、「クレイジーダイアモンズ」を買いました。今度はシナロケも聴いてみようと思います。ジョーイと仮面ライダーの2ショットかわいいですね(笑) ジョーイのWhat a Wonderful Worldは今、CMで使われていますね。

ラモさん、こんばんは!
新しいCDラック楽しみだねheart02
それもいっぱいになったらどうする?(笑)
それにしても綺麗に整頓されてて感心しちゃう。素晴らしいです!
恥ずかしながら、シナロケとミカバンドのコピーバンドは怖いものなしの10代にボーカルやらされたけど、意外と人気だったんだよ(笑)ついでにガールズバンドも…
鮎川さんの音楽の趣味いいですね~
レイとリトルリチャードが原点とは嬉しい限り
喋りがまどろっこしいけどあの雰囲気がなんとも言えず好き!

>歩く犬様

『クレイジー・ダイヤモンズ』カッコイイでしょ?
ジョーイとライダーは背があまり変わらないのがスゴイなと(笑)
えっ、CMで?
TV殆ど観ないから知りませんでした(苦笑)


>megumick様

それもいっぱいになったら?
そんなの考えたくないよ、まだ(笑)
シナロケの話は聞いた気がするけどミカバンドも?
今度唄って聴かせてください(笑)
うんうん、鮎川のトーク、まどろっこしいけど
ロックに対する愛情に溢れててサイコーだね!

ご無沙汰です。

シナロケは僕も当時そこまでのめり込んでいなかったですね~
でも、鮎川誠のギターはずっと好きです。
伸ちゃんのアルバムにも参加しているんですが、二人で演奏している、ジョン・リー・フッカーの曲は最高ですよ。

>マイト様

お久しぶりです。元気ですか?

三宅と鮎川のジョン・リーのカバー、カッコよさそうですね。
聴いてみようかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/50809661

この記事へのトラックバック一覧です: ♪レッドライトがブルーに~♪:

« 赤い女とロカビリー | トップページ | ただ持っていくのは おまえ »