« SO FAR AWAY | トップページ | 10年目の3月10日に »

♪トーキンバラゲ~ト~♪

週末連休。

雑用に追われてるうちに、もうこんな時間。

でも明日はちょっと遠出。久しぶりに。

Dscn7468


前記事で紹介したキャロル・キングの『つづれおり』聴いて思い出して今夜はコレ。

DONNY HATHAWAYの『LIVE』

71年リリース、ダニーの3枚目のアルバム。前半(LP時代のA面)がロス、後半(B面)がNYでの収録。俺はコレしか知らないけどスゲー好きなんだよ、このアルバム。

このライヴ盤に、マーヴィン・ゲイの「ホワッツ・ゴーイング・オン」、ジョンの「ジェラス・ガイ」と一緒にキャロル作の「YOU’VE GOT A FRIEND/きみの友だち」が入ってる。

同年のリリースだけどどっちが先なのかな?キャロルのもジェイムス・テイラーに提供して大ヒットした曲のセルフ・カバーだったらしいね。俺はダニーのとキャロルのしか聴いたことないけど、その他にも数限りないカバーがあるみたい。で、俺が好きなのはダニーの方。

CAROLE KING - You've Got A Friend

DONNY HATHAWAY - You've Got a Friend

スタジオ・バージョンはまた違うのかもしれないけど、ライヴならではの熱ーい唄いっぷりと演奏。そして客の演者に負けない熱ーい反応。ダニーがイントロ弾き始めた時の「キャー!」(いや、ギャー!」かな)って歓声。

よく思うことなんだけど、こういうのってライヴ盤の醍醐味だよね。オーティスしかり、RCしかり、サンハウスしかり。ストーンズの『ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト』の「カッチョイイ!」とかね(笑)

しかし、いい雰囲気だなぁ、コレ。リラックスしてるのに熱い。大合唱も自然なカンジでいい。

donny hathaway - the ghetto

前半の目玉、コレなんかバンドと客の一体感が尋常じゃない。どっちが主役か判らないぐらい。12分を超える熱演。

もう1曲だけ。

Donny Hathaway - Voices Inside (Everything Is Everything)

NYの方にしか参加してないコーネル・デュプリーのファンキーなギターが滅茶苦茶カッコイイ、14分近い最後の曲。ウィリー・ウィークスのベース・ソロもサイコー。そう、ダニーは勿論だけど、バンドがスゲーいい、全パートが。

ダニーって、当時の他のソウル・シンガーと違って見た目もカッコよかったよな。でっかいハンチング被ってたお洒落さんでさ。

もっと聴いてみたいな。

|

« SO FAR AWAY | トップページ | 10年目の3月10日に »

BLACK MUSIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪トーキンバラゲ~ト~♪:

« SO FAR AWAY | トップページ | 10年目の3月10日に »