最近のトラックバック

« トレイシー・チャップマンと幻の(笑)ロック・バー“doors” | トップページ | ♪トーキンバラゲ~ト~♪ »

2013年3月 7日 (木)

SO FAR AWAY

ストーンズ、北米&UKで20回程度のツアー決定、なの?噂されてたグラストンベリーも決まったっぽいな。

日本公演もありかな?やっぱり。

チケット幾らよ?行けるかなぁ・・・。

イギー&ザ・ストゥージズの6年ぶりの新作(ロン・アシュトンが亡くなって、ジェイムス・ウィリアムソン復帰後初)『Ready to Die』(わざとらしいタイトル!でもそれがまたカッコイイ!ジャケも同様)の来月リリースがアナウンスされたり、MANNISH BOYSの(何故か)タワレコ限定のシングル・リリースがアナウンスされたり。

ワクワク、そわそわしてくるなぁ。

ジャニス、浅川マキ、トレイシー・チャップマンに続く、女性シンガー・シリーズ(笑)で今夜はコレ聴いてる。

Dscn6674

CAROLE KINGの『TAPESTRY(つづれおり)』

71年リリースの世界で2,200万枚売れたというモンスター・アルバム。

実はごく最近はじめて聴いたんだ、コレ。いや、何曲かは知ってたけどね。

こういう、70年代のシンガー・ソングライターものには縁遠かったけど、決して嫌いな世界じゃないし、聴くといい、やっぱり。バカ売れしただけのことはあるなってカンジ。

元々、夫のジェリー・ゴーフィンとのコンビでヒット曲を幾つも生み出した名作家だったんだよね。「ロコモーション」とかも、この2人の曲。

60年代末に離婚して、(ライターとして成功する以前もちょっとやってたみたいだけど)自身のシンガー活動を本格的にスタート。『つづれおり』は2ndアルバム。

ジョニ・ミッチェル、ジェイムス・テイラーを含む錚々たる顔ぶれの参加ミュージシャンの中、目を惹くのはメリー・クレイトン。ストーンズの「ギミー・シェルター」をミックと唄った人。

当時は洋の東西を問わずにそうだったのかもしれないけどラヴソング、それも失恋や終わった恋を振り返るような歌詞が多いみたい。俺のは訳詩がないからよく判んないけど。

CAROLE KING - IT'S TOO LATE

モロだね(笑)

もう1曲。

Carole King - So Far Away

うーん、いいねぇ。ちなみに歌詞はこんなカンジ。大好きな世界(笑)

今のところ、一番のお気に入り曲。

こういう興味はありつつ、スルーしてきたモノを今になって聴くのが最近は楽しい。若い頃は了見が狭くて受け付けなかっただろうモノも受け入れられるようになってきてるし。大人になって心が広くなったから(苦笑)

なんか新譜聴いてるみたいで新鮮でいいよ、ホントに。

まだまだあるんだ、聴きたいモノが。

今ならいろいろ聴ける気がするから出来るだけ制覇していきたいな。

« トレイシー・チャップマンと幻の(笑)ロック・バー“doors” | トップページ | ♪トーキンバラゲ~ト~♪ »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

そうして下さい(笑)
とってもいいことだと思います。
ただ聴いてなかっただけで、実際いい音楽は
山ほどあるんだもん。
これから楽しく生きていくなら知らない音楽との出会いも素敵かなって。
私も知らない音楽聴いていきたいと思ってます。

>megumick様

これが実は、そう思う時と真逆の時もあるんだよ。
「余計なもん、聴いてる暇は無い!」とか言って(笑)
でも、まだまだ出会えてないモノで好きになれるのありそうだからなぁ。
協力してね、協力するから(笑)

僕にも協力してね、協力するから(笑)

私も持っています。

あまり聴いていないのが本音です。。。

ゆっくり時間を作って聴いてみたいです!

併せて、ギミーシェルターもDVDと一緒に観賞してみます(^O^)
(初耳でした!)

>西成沢の金爆様

名前がダセーよ(笑)
うん、いつも助かってるよ~。
ありがとう!


>666様

さすが!
抜け目ないね(笑)
あっ、メリー・クレイトンが唄ったのはスタジオ・バージョンです。
ライヴに参加したことはないんじゃないかなぁ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/50642708

この記事へのトラックバック一覧です: SO FAR AWAY:

« トレイシー・チャップマンと幻の(笑)ロック・バー“doors” | トップページ | ♪トーキンバラゲ~ト~♪ »