« そんな生き方なんてやめちまえ! | トップページ | たどり着きたい闇の向こうへ »

2013年4月15日 (月)

だから歌おう 甘ったるいラヴ・ソングを

今日の午後、フツーに仕事してたら、ラモーンズT着用のイカしたヤングミセスが登場。ミセスの運転する車の後部座席からガラの悪そうなお兄さんが「お久しぶりです!」って。俺に。

日立のパンク・スター。

今の現場もいい加減長くて、こういうことも多いんだけど、今日は驚いた。話には聞いてたけど、まさかパンク・スターの愛娘とご対面するとは!それも制服姿で(笑)

スターに似てて可愛かったな、愛娘。是非、また会いたい。

それにしても、ヤツは確か俺の4つ下。嫁、若過ぎ。反則レベルに(笑)世の中不公平だよ、まったく(笑)

Dscn6772

昨日からの流れというか、浜松在住の俺をアニキと呼ぶ(こそばゆいけど、実はちょっと嬉しい・笑)好青年の影響というか昨夜から繰り返しコレを聴いてる。

VALE TUDO CONNECTION organized by 藤沼伸一の『Are You Jap?!』

アナーキーのギタリスト、シンイチが7人の個性溢れるヴォーカリストと1曲ずつコラボした10曲入り(残り3曲はシンイチ本人が歌う泉谷の「国旗はためく下に」のカバー、アベフトシ、チャボ、藤井一彦などが参加したインスト、リミックス曲)のアルバム。

その7人とは、JESSE(大和 EMCEE名義)、清志郎、石坂マサヨ、窪洋介、泉谷、町蔵、柴山というシンイチと縁の深い人も含む錚々たる顔ぶれ。

プレイヤーとして参加した中には、ポンタ、KEITH(ARB)、テラオカ(アナーキー)、はる(THE ピーズ)、三代目魚武濱田成夫などの名も。

Dscn6773

シンイチは俺のギタリスト・ベスト10の一人だし、このメンツだし、コレは問答無用の買いだった。無くなる前にって焦って買ったよ(笑)

リリースは02年で、新生アナーキーの活動停止後。だから音的には俺の一番好きだった“キース・リチャーズばり”とは違ってラウドなカンジ。でもカッコイイ。

これだけアクの強いヴォーカリストがそれぞれに好き勝手やってるのに不思議と統一感がある。さすがシンイチ。

02年ってことで、前年の911の前後にレコーディングしてたらしく、そういうムードも反映されてるのかも。歌詞変えた人も居たらしいし。この人は変えたって。

藤沼伸一&忌野清志郎 「ジライヤ」

はっきり言って、この時期の清志郎のどの曲よりいいと俺は思う。“コレだよ、このカンジだよ!”と思ったもん、聴いた時。

挑発的にリアルを唄う泉谷、いつもながらナンセンスに壊れてる町蔵、見事に独自のモノにしてる柴山もいいけどコレがベストトラック。

そうそう、当初は飛ばしがちだった、JESSEと窪の今風な曲(笑)も今回カッコイイと思えたな。

思い出させてくれた浜松の好青年に感謝だな(笑)

|
|

« そんな生き方なんてやめちまえ! | トップページ | たどり着きたい闇の向こうへ »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/51245188

この記事へのトラックバック一覧です: だから歌おう 甘ったるいラヴ・ソングを:

« そんな生き方なんてやめちまえ! | トップページ | たどり着きたい闇の向こうへ »