« MY FRIEND HE WAS THE RAVEN | トップページ | LA MOSCAの苦手科目①/その答えは風の中さ、風が知ってるだけさ »

2013年6月26日 (水)

LA MOSCAが選ぶ 人生に影響を与えた45曲 15,16,17,18,19,20,21,22

雨降ってる。

梅雨だから仕方ない。じめっとした湿気をあまり感じないのが救い。

1ヶ月以上ぶりに“人生に影響を与えた45曲”シリーズ

久々なので大好きなNYパンク系をまとめて8曲、聴いた順に。

NYパンクったって、数を沢山聴いてる訳じゃなく、此処に紹介するアーティストがメイン、ずっと。しかも半分ぐらいはパンクというより、そのルーツ的な人だし、NYと言いつつ、デトロイトのバンドもひとつ混じってるけど(笑)音楽性は多少違えど、何処かしら共通する部分を感じるこの7組が俺の思うNYパンク。

Ramones - Do You Remember Rock 'N Roll Radio?

コレはリリース時に聴いた、渋谷陽一のサウンド・ストリートで。中2の時に。ラモーンズって、それまで「シーナはパンク・ロッカー」をラジオで聴いたぐらいで別にどうとも思ってなかったけど、この曲はインパクトあったなぁ。フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドがどうとかはずっと後になってから判ったことだし、盤を買ったのもちょっと後。でも、この曲はオールタイム、オールジャンルでトップ10に入るぐらい好き。歌詞もね、いいんだよねぇ。

Patti Smith Group - Pumping

パティは中1の時に、「ビコーズ・ザ・ナイト」を聴いて気に入って『イースター』を買いに行ったら店になくて、代わりに『ホーセズ』買って“やっちまった!”と思ってから手を出してなかったんだけど、高2(二度目の)の時、コレも渋谷のサンストにみちろうが出た時、冒頭にこの曲をかけたんだ、みちろうが。スゴいカッコイイなぁ、と。俺がパティ・スミスと本当に出会った瞬間だった、この時が。

The Stooges - I Wanna Be Your Dog

コレもみちろう絡みかな?ピストルズやダムドのカバーもあったけど。あと、初来日があって雑誌とかでインタビューやら読んでだったな、確か。1stと2ndからチョイスしたベストを最初に聴いたと思う。この曲はイントロだね、何と言っても。“ノイジーにディストーションがかかって、尚且つマイナー”。あとエロチックな鈴の音ね。「おまえの犬になりたい」っていうセンテンスはパンク、いや、ロックの重要なキーワードだと思ってる。

Johnny Thunders And The Heartbreakers - So Alone

ジョニサンは高校の終わりの頃だったかな、聴いたの。初来日を控えてた時期。その少し前にドールズも聴いてて。アップテンポのパンキッシュなのも勿論スゲー良かったけど、このハートブレイカーズ再結成でのこの曲で俺の中で別格の人になった。漠然とこういうのもアリの人だと思ってたから聴く前に。滲み出る孤独さと哀しさ、そして情けなさ。未だにこのテイクが一番好き。ヘロヘロ過ぎて後からオーバーダビングしてて絵と音、ちっとも合ってないけど(笑)

Lou Reed - The Kids

ルー・リードもみちろう絡みだったかなぁ?当時の最新作、『ニュー・センセーションズ』をまず聴いて、次にこの曲が入ってる、俺の生涯ナンバー1(たぶん)アルバム『ベルリン』を聴いたような気がする。みちろうだけじゃなく、大好きなライター、鳥井賀句も書いてたから、このアルバムのこと。聴き始めの頃、“地味だな、暗いな”と思いながら聴いてて、この曲の子供の泣き声で体に電気が走ったみたいになった。

The Velvet Underground - Rock & Roll

俺のアンセム。この曲にどれだけ支えられて、何回助けられたか判らない。“人生に影響を与えた”って意味じゃ、45曲中、コレが一番かもしれない。ロックン・ロールに対する愛情がこれほど切実に唄われた曲は他にないと思う。初聴きはルーの顔が、どアップ・ジャケのベスト盤。高校を卒業したばかりの頃だった。

Television - Marquee Moon

別な曲を言いたい処だけど、やっぱりね。ルーの『ベルリン』、パティの『ラジオ・エチオピア』などと共に、人生最大のダウナー期に浸りまくった『マーキー・ムーン』のタイトル曲。アルバム全体(特にA面)が穴の無い名演揃いではあるものの、やはりコレがハイライト。この全編を貫くキラキラ感が堪らない。CD化されてから、この完奏バージョンが当たり前になったけど、アナログ時代のもう1回、頭から始まった処でフェイドアウトしてく方のが好きかな?

Richard Hell and the Voidoids - Blank Generation

ずっと廃盤だったんだよ、この曲をタイトルにした1stLP。再発されたの86年とかだった気がする。その前年だかにLPをそっくり収録したカセットテープを買って聴いてた。それ以前に既にシングルは聴いてて、いいなとは思ってたけど、アルバム・バージョンの方がより性急でカッコイイ。そんなに速い訳じゃないのに、つんのめるような雰囲気に聴こえる。テレヴィジョン、ハートブレイカーズでも唄われてきたヘルの代名詞の最終形。

Dscn6871

さて遅ればせながらさっき買ってきたコレ読もう。

Dscn6874

表紙の人には全く興味がないけど、下から2行目のキャプションに注目。コレは避けられない。

何度も読んで、“あの曲は実はこうだった”って此処で薀蓄語ることになるんだろうな(苦笑)

|
|

« MY FRIEND HE WAS THE RAVEN | トップページ | LA MOSCAの苦手科目①/その答えは風の中さ、風が知ってるだけさ »

個人的ランキング」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

おぉ~!!


素晴らしい内容で何度も何度も読み返しては、ソレらを今聴いています(笑)


全てが名曲ですね!


ルーリードに限って個人的には、トランスフォーマーが一番好きな作品ですo(^-^)o

投稿: 666 | 2013年6月26日 (水) 22時39分

LA MOSCAさん、こんばんはー。
いよいよど真ん中に突入してきた感じですね、このシリーズ。
久しぶりにテレヴィジョンが聴きたくなりました。
ジョニー・サンダースは、僕は”One Track Mind"が一番好きです。

投稿: goldenblue | 2013年6月27日 (木) 21時51分

こんばんは。
ジョニサンとソロ以降のルー・リードはあまり詳しくないので、
大変参考になりました!

しかしミチロウさんがラジオで「Pumping」を流してたとは!
「RADIO ETHIOPIA」は俺が最初に聴いたパティのアルバムなんで、正直嬉しく思います(^^)

投稿: Yorba | 2013年6月27日 (木) 22時04分

なかなかおませな中学生ですねぇ(笑)

流石に片田舎の中学時代はNYパンクには出逢えませんでした。

俺は全部ロンドンパンク聴いた以降かも?ピストルズなどのカヴァー含め。

只、パティスミスは同じくミチロウが何か(同じラジオ?)で紹介して初めて聴いたのがPumpingでした。

「DO YOU REMEMBER~」は俺にも鉄板です。

バンドでこれまずやって、指ほぐすみたいな(笑)

投稿: みん | 2013年6月28日 (金) 18時45分

>666様

素晴らしいですか?(笑)
ありがとうございます!
『トランスフォーマー』は代表作だからね。
でも『ベルリン』もスゲー、いいよ!


>goldenblue様

ど真ん中です、まさに!(笑)
どうにもこうにも思い入れが強くて、この辺は。
テレヴィジョンは少し前にライヴ盤を入手したら
再燃してしまいた、自分の中で。
One Track Mindはリチャード・ヘルの曲の改作っぽいですよね(笑)


>Yorba様

ジョニサンもルーも個人的にはソロの方が好きなんです。
ミチロウが「Pumping」を掛けたのは『虫』の特集の時です。
他にジャックスとU2を掛けました。
『ラジオ・エチオピア』が最初?
若いのにスゴイ!


>みん様

いやいや、判り始めたのは高校も後半の頃ですよ。
パティは「失敗した!」と思っちゃったし(苦笑)
ラジオは渋谷のサンスト、『虫』の特集の時の1曲目です。
指ほぐす!(笑)
素晴らしい表現ですね!


投稿: LA MOSCA | 2013年6月28日 (金) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/52068382

この記事へのトラックバック一覧です: LA MOSCAが選ぶ 人生に影響を与えた45曲 15,16,17,18,19,20,21,22:

« MY FRIEND HE WAS THE RAVEN | トップページ | LA MOSCAの苦手科目①/その答えは風の中さ、風が知ってるだけさ »