最近のトラックバック

« MUSIC IS MIGHTY MIGHTY FINE | トップページ | もう絶交だ »

2013年6月18日 (火)

体は銅、言葉は鉛

体中が痛い。

筋肉痛。修行の。やっぱり2日目に来た、年寄りだから(苦笑)

修行絡みで5日空けてた現場に行って、朝一番に聞いた、一昨日発生のアクシデント。

またアイツかよ~。コレは間違いなく負担かかる、肉体的に。もう勘弁してほしい、体、金属みたいにガチガチなんだからさぁ。

「体は銅、言葉は鉛」ってフレーズを思い出してコレ聴いてる。

Dscn6849_2

ミチロウのザ・スターリン解散後の実質的な最初のリリース作、3連作ミニアルバムの第一弾、『オデッセイ・1985・SEX』

スターリン末期のギタリストだった小野昌之、ルースターズの下山淳、ex.イミテーションで高中正義のバックも務めた高橋ゲタ夫(B)、四人囃子で後にボ・ガンボスの岡井大二など錚々たる顔ぶれが参加。

3連作を通して聴くと、ジャンルもクソもなくごった煮のようなバラエティーに富んだ曲が並ぶ。曲ごとと言うより1曲の中にいろんな要素が脈絡なく混在してる。早すぎたミクスチャー。今聴くと余計そう感じる。

タイトル曲は3連作最終作の『GET THE HELP!』の最後に歌詞の違う別テイク「オデッセイ・1985・SEX・FIN」、9分半ある原曲を3分半に短縮して歌詞も一部変えたシングル・バージョン、そのB面に錦カオルというシンガーに唄わせた女子バージョンの4バージョンがある。

そのどれにも印象に残るフレーズがあるんだけど、俺が一番好きなのは♪オレは只の残飯だ だからってそんなにブタみたいに食うなよ!♪って箇所。コレで記事書いたことあるぐらい好き。あと、こないだ記事タイトルに使ったばかりの♪考えることはとっくの昔にやめたんだ♪ってトコもいいなぁ

Michro, Get the Help!- オデッセイ・1985・SEX 

コレがシングル・バージョン。ミチロウのアブノーマル感が全開で如何わしさ満点。丸尾末広の描いたジャケット含めて間違っても売れないよね、コレ(笑)ミチロウの強烈なコスチュームは全盛期のジュリーのスタイリストだった早川タケジによるモノ。

Dscn6850_2

85~86年のライヴで唄われて以降、長らく封印されてたこの曲が21世紀に入ってアコースティック・バージョンで復活したのには驚いたな。もう聴くことないと思ってたから。今やMJQやTOUCH‐MEのライヴでも定番になってる欠かせない曲。

そうそう、“体は銅、言葉は鉛”

ミチロウがスターリン時代に編集長をしてたソノシートマガジン『ING,O!』に掲載されたスタッフとの対談で

スタッフ1「スターリンって“動”のイメージでしょ?」

スタッフ2「ああ、俺“銅”かと思っちゃった(笑)」

ミチロウ「俺は“胴”かと思った(笑)」

スタッフ1「(笑)鉛じゃないよ」

ミチロウ「ナマリ?」

スタッフ3「言葉は東北訛り!」

スタッフ4「体は銅!」

スタッフ3「すごい!体は銅、言葉は鉛!」

っていうやりとりがあって、そこから引用されてる。冴えたフレーズだよねぇ。

最後に話はちょっと逸れるけど“訛り”

俺も訛ってるんだよね。そのクセ、訛ってないフリして意識的に標準語使って(るつもり)、しかも“大丈夫かな?訛り出てないかな?”とビビってるという一番カッコ悪いパターン(苦笑)

そんなだから昔から都市部在住の人によく聞いちゃう「俺、訛ってるよね?」って。大抵の人は当たり障りなく否定してくれるんだけど、今までで一番秀逸だったリアクション。

「そうかな?私の周り、地方出身者ばかりだから何が標準語なのかよく判んない」

社交辞令的にに否定もせずに気遣いが感じられるサイコーの返し。

俺もこんなこと言えるようになりたい。

« MUSIC IS MIGHTY MIGHTY FINE | トップページ | もう絶交だ »

戯言」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、お久しぶりです。
ミチロウはたくさんは聴いてないですが、これは当時めちゃくちゃインパクトあって好きでした。どろんどろんの「Help!」のカバーとか。

関西育ちですから僕の日常は関西弁。
標準語からすればこれも訛りですが、関西人は訛りだとは認識していません(笑)。

LA MOSCAさん
自分の名前を思考錯誤中で、つのだ☆ひろっぽくして、整えてみました。
しかし、ものすごい情報有難うございます。
昔あった番組で何ヘェーがマックスだったか知らないのですが、自分的にはものすごいヘェーの数です。
持っているアルバムの写真も、凄いの一言です!
ミチロウさんのもので持っていないものってLA MOSCAさんには無さそうですよね。

>?様

コレ、誰かなぁ?
何となく「あの人かな?」って浮かんでる人は居るんだけど・・・。

インパクトありましたよねぇ、ホントに。
俺のフェイバリットはサイケデリックな「真夏の夜の毒殺」

関西弁は訛りじゃないですよね。聞いてて面白い。
憧れます。
でも今、もっと憧れてるのは名古屋弁(笑)


>負☆野球犬様

つのだ☆ひろって(笑)
いやいや、ありますよ、持ってないモノも。
無くなっちゃったモノも含めて。
もっとスゴイ人も居ますから、いくらでも(笑)

ごめんなさい、名前入れたつもりだったんですが。
私です。

>goldenblue様

やっぱり!
予想が当りました!(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/52091315

この記事へのトラックバック一覧です: 体は銅、言葉は鉛:

« MUSIC IS MIGHTY MIGHTY FINE | トップページ | もう絶交だ »