最近のトラックバック

« But remneber that the city is a funny place, Something like a circus or a sewer | トップページ | 好きなんだもの »

2014年1月29日 (水)

YOU TALKIN’ TO ME?

プライベートでちょっとバタバタ。慣れないことすると疲れるね。

もうちょっといろんなことをスマートにこなせる大人になりたい。

Dscn7334

こないだの日曜にフラりと立ち寄った、いつもの近所の中古屋でこんなの発見。

個人的名作ベスト3に入る、マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演の映画、『タクシードライバー』のコレクターズ・エディションDVD。

アウトレット商品ってことで500円也。物凄い思い入れある作品だからVHSもDVDーRも手元にあったけど、実は本チャンの盤を購入するのは初めて。

初見の「メイキング・ドキュメンタリー」、コレが予想を遥かに上回って面白かった。

スコセッシ、デ・ニーロ、脚本のポール・シュレイダー、そしてジョデイ・フォスター、ハーヴェイ・カイテルなどのキャストやスタッフらの証言集。このコレクターズ・エディション、初版は2005年に出たみたいだからドキュメンタリーもその時期に制作されたんだろうな。みんな、歳は食ってるけど実に熱く語ってる。この映画に関わったこと、この映画で成し遂げたことに誇りを感じてるんだろう。

「大都市は禁断の快楽と狂気の象徴。人を狂気に走らせる。そしてNYは大都市の中でも特に孤独な街。人間の数は多いのにそこにあるのは孤独だ。この映画は群衆の中に居て孤独感に苛まれている男の物語」

シュレイダーのこの言葉に象徴される、この映画の持つ意味をみんな判ってたんだと思う。特にスコセッシとデ・ニーロは。

あの時期ならではのNYのヤバさがこれだけ怖いぐらい表現されてる映画は他にないと思う。この直後にパンクが出てきたのも時代の必然だったんじゃないかな?行ったことねーけどさ、NY(笑)

でも、この映画を観た後、NYに渡って着いた翌日にイギー・ポップの『ジ・イディオット』を伴った復活ライヴ(キーボードにデヴィッド・ボウイ!前座がブロンディ!)を観て、すっかり充てられて帰国後、フリクションを結成したレックの気持ちもなんか判る気がする。

Dscn7336

この映画に対する思いが再燃しちゃって、この2冊を再読。

シュレイダー、スコセッシの個別インタビュー掲載の2002年のSIGHT、2人の同席インタビュー掲載の2011年のCUT。

ドキュメンタリー映像を含む、この3つに共通して感じるのは、スコセッシのメインストリームに対する反骨精神と映画への情熱、シュレイダーの執筆時の心の闇、そしてデ・ニーロの常軌を逸脱した役作りへの執念。実際にライセンス取って、タクシー運転したりトラヴィス(デ・ニーロ演じる主人公の役名)が中西部出身って設定だからって中西部行って現地の人の会話を録音してアクセントの研究したり・・・。そこまでやらないでしょ?誰も。この後の『レイジング・ブル』では27キロも体重増やしたっていうし、キチガイ・レベルだよなぁ、ホント。

Dscn1697_3

Dscn1605_2

Dscn7339

Dscn7335

こんなの集めちゃうぐらい好き、『タクシードライバー』が。まだまだ集めるよ。

♪トラヴィス・ビクルに乾杯♪

ルー・リードの言う通りだな

あっ、デ・ニーロ、ルーで思い出した、小ネタをひとつ。

「一度、デ・ニーロのパーティに行ったことがある。デ・ニーロってのはホントにゲス野郎でさ。ルー・リードも居て、コイツは更に酷いゲスだった。みんなでダルいカクテルジャズかなんか聴いてるから俺が持参したレゲエを大音量でかけてやったらルーのヤツ‟うるさい!”だってよ」

ジョン・ライドン、92年の発言。

ありえるね。光景が目に浮かぶよ(笑)

さて、クラッシュの「レッド・エンジェル・ドラグネット」でも聴いて寝るかぁ。

« But remneber that the city is a funny place, Something like a circus or a sewer | トップページ | 好きなんだもの »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

PUNK」カテゴリの記事

SEX PISTOLS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/54767906

この記事へのトラックバック一覧です: YOU TALKIN’ TO ME?:

« But remneber that the city is a funny place, Something like a circus or a sewer | トップページ | 好きなんだもの »