最近のトラックバック

« LIVE WITH ME | トップページ | SO FUCKING WHAT? »

2014年2月 2日 (日)

電気の武者

今日ものんびり、まったりの一日。

古い映画をごろごろしながら観たり、ダラダラ音楽聴きまくったりしてたらこんな時間。

一昨日、Twitterで知ったこの情報に居ても立っても居られない気分に。

昨年の夏だったかに名古屋で行われた「プロジェクトFUKUSHIMA!in AICHI」に別々に出てて1曲だけ共演したらしいけど、TOUCHーME名義の単独ライヴって、ひょっとするとミチロウの還暦の頃以来じゃないかな?3年ぶりぐらい?箱はこないだ、オキシドールを観た高円寺ShowーBoatだし(はじめてだったけどいいカンジの小屋だった。達也、此処好きなんだね)観たい、物凄く観たい。

遠藤ミチロウと中村達也だよ?俺が行かないでどうするよ?ていうかメンツうんぬん以前に音楽的に素晴らしいんだよね、バンド自体が。

2回観てるけど、あんなに自由度の高いバンドもそうは無いと思う。お互いに刺激し合いながら曲の表情がどんどん変わっていくというか・・・。ミチロウの顔見つめて反応を窺いながら嬉しそうに演奏する達也を観てるとこっちも楽しくなるんだよな。

日にち的にも曜日的にもかなり厳しいものがあるけど明日、ちょっと交渉してみようかな?ダメ元で。

しかし、ネット、というよりTwitterで発見することが増えたな。俺の場合、携帯とかでウェブしなくて家に居る間だけの所為もあって、こまめに情報追わなくなっちゃってるけど、TL眺めてるだけであらゆる情報入ってくるもんね。

達也絡みでもうひとつ、やっぱり昨日見つけたこの動画とかも。

ひりゅう、たつし、たつや、れんしゅう

オキシドールに続いて、先ごろ約30年ぶりにやはりShowboatで復活したマスターベーション(名義はマスべじゃなく‟無期懲役”。この世代ならではの、このネーミングセンスがいいなぁ)のリハの様子。達也本人がアップしたモノ。 いやあ、コレがカッコイイんだわ、物凄く。

この手のモノをリアルタイムで聴いてた若い頃って、深く考えずに単純にカッコイイって思ってたけど、ずっと続けてる人は勿論、近年になって復活してくる人にも如何に本物が多かったかを痛感することが多いね、最近は。次の予定はないみたいだし観たかった!

Dscn7342

好きなミュージシャンが亡くなったのをTwitterで知ったのはこれで何人目だろう?

俺の何倍も思い入れある人が沢山居るだろうし、冨士夫の時と同様、書くのを躊躇したんだけど・・・。

川田良、1月29日に永眠。

俺がライヴを観たのは89年にフールズ@吉祥寺バウスシアター(マディフランケンシュタイン、THE GOD、ザ・ロックバンドというナイスな組み合わせの時)、92年にTHE GODにゲスト参加した時@代々木チョコレートシティ、そして記憶も新しい2011年のPANTZ@下北沢CLUB251のみ。盤を持ってるのも上記の画像に載せたモノだけ。

でも好きだったよ、良のギター。多少、音楽のスタイルが変わっても常に切れ味抜群で。

東京ロッカーズの初期からずっとやり続けた貴重で希少な名ギタリスト。まだまだ居てほしかったな・・・。

SPEED / Boys I Love You

パンクなロックンロールのスピード。79年。もう一人のギターはex.村八分の青木真一、ドラムは後にE.D.P.Sに参加するBOY。

午前四時 / ト・ビ・ラ 

80年の時点で既にポスト・パンク的な方向性が垣間見える午前四時の代表曲。井手裕之のベースもサイコー。

Jungle's / Break Bottle

良、井手に加えドラムに中村清という最強トリオの大名曲。今聴いても全っく古さを感じない。

THE FOOLS 'Weed War Party'(CD+DVD) Trailer

断続的に、たぶん一番、良と活動を共にしたであろう伊藤耕とのフールズ。パンク~ニューウェイヴ/ポスト・パンクを通過して同時代性も含みながら辿り着いたファンキーでブルージーなロックンロール。

The Pantz / Little Boy

21世紀入ってからのニュー・バンド、PANTZ。先述のライヴもサイコーだった。此処でのベースは俺のナンバー1ベーシスト、西村雄介

鵺院 nueyin (Guest) 川田良 / Search And Destroy

俺が、そのPANTZを観た日の数日前の清、土肥ぐにゃり(ex.マディフランケンシュタイン)らのバンド、鵺院にゲスト参加してのイギー&ザ・ストゥージズのカバー。深化しながらもSYZEの頃からちっとも変わらないスタンス。全然ブレなかったんだな。

さて、今からは俺が良の関わったので一番好きなアルバム聴こう。

画像にあるアナログ、フールズの『WEED WAR』

84年の1stアルバム。緩いのにタイトでテンション高くてブラッキーなロックンロール。

このアルバムでの良のクレジットは‟RYO ELETRIC WARRIOR KAWADA”

カッコイイ。

 

« LIVE WITH ME | トップページ | SO FUCKING WHAT? »

日本のパンク」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

高円寺、来るでしょ?僕は予約しました!

>kazz様

行きます!
また会えるね!

今日、仕事中高円寺寄ってチケット買いました。30番台

>kazz様

俺の方も何とかなりそうです、チケット。
番号、まだ判んないけど・・・。
当日、ショーボートで!

マスベの動画、俺も早速観ました。

流石にブルンて来ましたね・・・カッコ良すぎて・・・

そう!若い頃、初期衝動のインパクトだけでカッコいいって思ってたもの数あれど、やっぱり本モノはこの時代になっても変わらずカッコいいですね。

因みに、従兄弟夫妻は卑龍にいさん個人のローディーとして上京し、リハのマシーンセックスをスタジオで聴いて失禁したそうです(笑)

俺も行きたかった・・・

そして話題にされてるタッチミーも・・・

楽しんで来て下さい!又、レポ楽しみにしてます!

>みん様

動画、スゲー、カッコイイ音出してますよねぇ、全員が。
オキシにも思うんだけどこの期に及んで、30年も間隔開いてるのにコレは何なんだろうな?と。
俺が思ってたのなんかより全然凄い人たちだったんだなと痛感しましたね。
従兄弟夫妻、羨ましいなぁ。俺だったらあわ吹いて気絶するかもしれない(笑)
TOUCHーME、目一杯、楽しんできますね!


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/54830406

この記事へのトラックバック一覧です: 電気の武者:

« LIVE WITH ME | トップページ | SO FUCKING WHAT? »