最近のトラックバック

« 救いようの無いのが唯一の取り得だ | トップページ | 二月のクリスマス »

2014年2月23日 (日)

TOO MUCH PAIN

金曜の5時間残業、昨日の率の悪いイレギュラーな仕事を経ての週イチ休日。

なんか、いろんなことの歯車が噛み合ってないカンジ、金曜の夜辺りから。

心配なニュース、憂うべき重い報せ、公私に亘る不安、そして言い訳の効かない最低な自分の振る舞い。

混乱と動揺・・・。

放心状態で一日が過ぎてしまった。

‟どんどん悪い方へ進んでる” 独りで黙ってるとネガティヴになってしまう。

マズい。明日から気を取り直していかなきゃ。

Dscn7397

今日、何度かリプレイして聴いてたのがコレ。

THE BLUE HEARTSのイーストウエスト時代の全シングル曲を収録したコンピレーション、『Singles 1990-1993』 99年、解散から5年後のリリース。

コレ持ってなくて先週末にいつもの近所の中古屋で見つけた。保存状態良好の2枚組が¥1000。カップリング曲で盤で所有してないのとかあったし、なかなかのめっけもんだったわ。

此処で何度も書いてるけど、俺、ブルーハーツは初期至上主義者じゃなくて。このイーストウエスト期も思い入れは強い。『バスト・ウエスト・ヒップ』はちょっとアレかもしんないけど、『ハイ・キックス』と言わずもがなの『凸』と『凹』は『ヤング&プリティー』や『トレイン・トレイン』なんかより全然好きだし。『ハイ・キックス』はヒロト自身の評価低いみたいだけど・・・。

THE BLUE HEARTS - TOO MUCH PAIN

『ハイ・キックス』からの2ndカットだったこの曲がヤケに沁みた。初期、屋根裏でやってた頃からある、マーシー作の人気あったっぽい曲なのに何故かここまで盤にしてなかったコレ、実はあまりピンと来たことなかった。ひょっとするとはじめて、ホントに良いと思ったかも。

当時から大好きで今でもその思いの変わらない「1000のバイオリン」や「」みたいな勢いのある曲より今の気分にあってるのかもしれない。

もう1曲。

THE BLUE HEARTS - 夕暮れ

『凹』からの2ndカット曲。「ヒロトの曲はマーシーのに比べて深みが無い」なんて生意気言ってた自分が恥ずかしくなるぐらい良いな。当時も良いと思ったけど、より一層思う、今聴くと。深いのはヒロトの方かも。マーシーのは直球だしね、結構。両方あるのがブルーハーツの凄いところ。

ハイロウズ、クロマニヨンズと段々、この2人への興味が薄れて、今やほとんど活動ぶりも知らない俺だけど、もう頑張って聴こうとは思ってない。いつか、また聴きたくなったら。今はそんな気分。

さて今週はポジティヴにいこうか。

« 救いようの無いのが唯一の取り得だ | トップページ | 二月のクリスマス »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事

コメント

今週、より一層ポジティブになるよう、うちの娘からプレゼントがあります(笑)


後程連絡します\(^ー^)/

>666様

さっきはレアなブツを届けてくれてどーもありがとう!
ポジティヴになれました(笑)
●●ちゃんによろしく言ってくださいね~(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/55110483

この記事へのトラックバック一覧です: TOO MUCH PAIN:

« 救いようの無いのが唯一の取り得だ | トップページ | 二月のクリスマス »