最近のトラックバック

« 読むと聴きたくなる、聴いてると読みたくなる | トップページ | 上を向いて歩こう »

2014年3月23日 (日)

ただプレイボタンを押せ

お墓参りで終わってしまった週イチ休みの今日。

でも気分は悪くない。昨日、コレが密林から届いたから。

Dscn7434_2

おニューのCDプレイヤー。ティアックの製品って使うのはじめて。

需要が無いのか、今どきは店頭に単品のCDプレイヤーなんて置いてないんだね、コンポみたいなのはちょっとあるけど。

もう完全にデジタル・プレイヤーが主流なんだなぁ。別に意固地になってる訳じゃないし、音質うんぬんにうるさい訳でもないけど、単純に大量にあるソフトを変換するのも面倒だし、何よりパッケージ版で持っていたいっていう所有欲が強いから自分の気の済むまで、可能な限りは使うつもり。

ちなみにレコードは勿論、MD、カセットテープ、ビデオテープも再生可能な環境を保ってるよ、未だに。でも、ブルーレイは俺の部屋には無い、リビングにはあるけど。古い奴と笑いたければ笑ってもらって結構。俺は俺の道を行く(笑)

今回のを選ぶ時も、正直言うとデジタルプレイヤーと連動機能のあるモノにしようかちょっと迷ったんだけど、結局、至ってシンプルなヤツにした。その方が故障の可能性も減ると思うし。ただ、ボタンを押してプレイする。コレだけで充分。

Dscn7398

無理矢理気味だけどコレに辿り着けた(笑)

AEROSMITHの01年のアルバム、『JUST PUSH PLAY』

エアロはコレのひとつ前、97年作の『ナイン・ライヴス』を最後に興味が薄くなって聴いてなかったんだけど、一昨年に出た、もっかのところの最新作、『ミュージック・フロム・アナザー・ディメンション!』を、人のご厚意で聴くことが出来て、それが思ったのより全然良くて。コレも聴いてみたくなって少し前に中古で購入。

‟あの”「ミス・ア・シング」の大ヒットの追い風に乗ってスティーヴン&ジョーが初のプロデュースも務めた意欲作。そうは言ってもエゴに走ることなく、シーンへの目配りもしつつ、エアロらしさもちゃんと感じられるのがスゴイ。思ってたのより全然良い。

「自分たちが伝統的で保守的なバンドだなんて思ったことはない。俺たちはまだゲームの中に居るんだ。チリペッパーズやU2のアルバムなんか聴くと、絶対に奴らに勝ってやるって気持ちになる。俺たちもいつの日か腰を落ち着けて同じことを繰り返すような日が来るのかも知れないけど、まだ俺にはそんなのは理解出来ないな」

リリース時のジョー・ペリーの発言。当時は「ケッ!こういうのじゃなくてよぉ、もっとゴツいエアロらしいの作ってくれよ!」って思ったけど今はなんとなく判る気がする。そういうのがエアロなんだなって。

と言いつつ、アルバム中で一番好きなのは「ウォーク・ディス・ウェイ」の引用もある過去のエアロっぽさを感じさせるこのタイトル曲なんだけどね(笑)

Aerosmith - Just Push Play

今、チェックしてみたら5月からまたツアーするんだな。昨年夏には来日もしてたし、次に来たらちょっと観たいな、今のエアロ。

Dscn7436

« 読むと聴きたくなる、聴いてると読みたくなる | トップページ | 上を向いて歩こう »

戯言」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/498183/55478207

この記事へのトラックバック一覧です: ただプレイボタンを押せ:

« 読むと聴きたくなる、聴いてると読みたくなる | トップページ | 上を向いて歩こう »