« 23年目の4月23日に / TAKE A CHANCE ON ME | トップページ | 時がそうさせることぐらいはわかっていても »

2014年4月24日 (木)

人生の夢

腰痛や肩こり持ちの所為もあって熟睡出来てないのか夢はよく見る方なんだけど。

それでも最近は疲れてるらしく殆ど見なかった。

昨夜、久々に目覚めた時にはっきり憶えてた夢を見た。

パティ・スミスのライヴを観に行ったら、サプライズのオープニングアクトでミチロウが登場して。弾き語りで1曲唄って、ミチロウがステージにまだ居る段階でパティが出てきて、いつもの、あの素敵な笑顔でミチロウとハグしてた。俺はかなり前の方の席でそれを観て感動して俯いて泣いてた(笑)きっと、パティの大ファンなミチロウの胸中を察したんだな(笑)ミチロウが唄ってた曲は何だったんだろうな?

音楽の、特にライヴの夢は昔からよく見てたけど、開演に間に合わなくなりそうで焦ってるのとか、あんまり楽しくないのが多くて、こういうのは珍しい。ずっと昔、ルー・リードの「コニーアイランド・ベイビー」っていう大好きな曲を大好きなライヴアルバムバージョンで、しかもそれと同じようなシチュエーションで観て号泣してる夢見たことあったけど(笑)起きたらホントに涙出てたっていう(笑)

時間経つと記憶がボヤケちゃうかもしれないから、今夜はブログ書くつもり無かったけど書き残しておこうと思って。時間経ってから自分で読むのが楽しみだな(笑)

聴いてるのはこの曲。

Patti Smith- Dream of Life

Dscn7487

パティ、88年リリースの9年ぶりのカムバック作だった『DREAM OF LIFE』のタイトル曲。79年に音楽活動から退く切っ掛けとなった結婚相手、フレッド‟ソニック”スミス(ex.MC 5)と作った唯一のアルバム。この6年後、フレッドは亡くなってしまった。そしてデビュー時からパティのバックでキーボードを弾き続けて、このアルバムにも参加したリチャード・ソールも亡くなった。

このアルバムについて語り出すとまた長くなりそうなのでそれはまたいつか。もう1曲聴いて寝よう。

Patti Smith- The Jackson Song

あまりにもやさしい音色のリチャード・ソールのピアノに乗って唄われる、まだ幼かった息子、ジャクソンへの子守歌。そのジャクソンも今ではex.ホワイトストライプスのメグ・ホワイトと結婚して、昨年のパティの来日ではギター弾いてたりしたっけ。

さて、今夜は何の夢が見れるかな?

|
|

« 23年目の4月23日に / TAKE A CHANCE ON ME | トップページ | 時がそうさせることぐらいはわかっていても »

戯言」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、毎度です。
パティ・スミスとミチロウがハグ、すげえ夢ですね。
夢は僕も見てるんでしょうが、こういうリアルな夢はほとんど見たことないなぁ。

このアルバムは大好きです。知ってると思うけど(笑)。
Dream of LifeやJackson Songを聴けば、ちょっといい夢見れそうです。

投稿: goldenblue | 2014年4月25日 (金) 21時20分

>goldenblue様

普通見ないですよね、こんな具体的なの。
稀にあるんです、俺。

あっ、一番好きなんですよね、パティの作品で。
俺は近年聴き返すことが増えました。
出た頃より全然好きです、今の方が。

投稿: LA MOSCA | 2014年4月26日 (土) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 23年目の4月23日に / TAKE A CHANCE ON ME | トップページ | 時がそうさせることぐらいはわかっていても »