« 大迷走 | トップページ | 夢はひとつだけ »

2014年5月28日 (水)

テキリージー

暑かったなぁ、今日。

寒暖の変化のデカさの所為もあってか、物凄いダルかった。

昨日の続きみたいな話になるけど。

元々、かなりグータラな方ではあったけど歳と共にそれが加速してきちゃってて。もはや、大好きな音楽の情報を追うのもちょっと、しんどくなってきちゃってるんだよね、実を言うと。

ルースターズがどうした、マニッシュ・ボーイズがこうしたっていうのを知っても追及出来ないという・・・。疲れちゃって。ネット社会になって情報過多なのも原因のひとつかもしれないけど・・・。

いや、ネット繋がりの同士のところで、こんな驚きの情報を知れて興奮したり、某・実家近くのライヴハウスの店長との仕事絡みの不思議な縁に驚いたりという嬉しいこともあるにはあるんだけど。

此処には書けない極秘情報も2つほど知れて感慨深くなったしね。1つは安心の良い情報。もう1つは‟さすが!”と爆笑した普通に考えると残念な情報。書けないけど。

でも実際、追いきれてない。体力も気力も財力も全然追いつかない。

‟リタイヤしてる。終わってる”って思われるかもしれないけど、事実だから仕方ない。

それでも音楽を聴くのは(たとえそれが古いモノで何度も何度も聴いたモノでも)楽しめてるし、たまにしか行かないライヴでも充実した気分で楽しめてるけども。

巡り合うべきモノには絶対巡り合える。そんな気もするしね。3月にストーンズ観れた時には本気でそう思った。

‟聴かなきゃ”って義務感や歯を食いしばって頑張って聴いても楽しくないもんね。そんなんなったら本末転倒だよ。

毎日の生活の中の数少ない、もしかしたらたったひとつの楽しみだ、もっと気楽に聴きたい。

テキリージーだよ。

Dscn7521


EAGLESの、‟あの”『ホテル・カリフォルニア』以前の作品からピックアップされたベスト・アルバム、『THE GREATEST HITS 1971-1975』

なんでジャケット無いかっていうと、それは、ねぇ?(笑)

1枚買う時、ついでにもう1枚を買うレコード・ジャケットの中にっていう一番やりやすいパターンで(笑)

ジャケが無くても我慢出来るレベルのアーティストに限って何度か試みました(笑)

Eagles - Take it easy

1stアルバムの1曲目に収録されてた最初のヒット曲にして代表曲。このお気楽さがイーグルス。『ホテル~』で化ける前はね。

Eagles - Take It To The Limit

このアルバムで一番好きなベースのランディー・マイズナーが唄った曲。マシュー・スウィートにカバーしてほしい1曲。マシューはちょっとウエスト・コースト入ってると思うから合ってる気がする。

ホントにさ、人のじゃなく自分の物差しで楽しみたいもんだね。

 

 

|
|

« 大迷走 | トップページ | 夢はひとつだけ »

戯言」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事