« 紫の雨 | トップページ | 奥行きの深い平日休暇/長い坂の絵のフレーム »

2014年6月29日 (日)

花の首飾り

週末連休2日目の今日は、昨日にも増してだらけて過ごす。

映画のDVD観ながら寝ちゃったり・・・。

起きてからしっかり観たけど。

あとは絶対、そんなことは家ではしたくなかったんだけど仕事の下準備というか仕事絡みの作業を。好きな系統のことだったので。最近、気づいたんだけど。‟あっ、こういうの好きなんだな、俺”って。じゃなきゃ家でなんかしないもんね。

Dscn7572


数週間前に買ってろくに読んでなかったこんなの読んだり。

『ロックジェット』の2014年春、56号。10号ぶりだ、この雑誌買ったの。

表紙・特集が目当てじゃなくて、ストーンズの来日公演が結構なヴォリューム(約50ページ)で取り上げられてたから。山川健一が編集長を務めた『ルーディーズ・クラブ』を母体とした雑誌だけあって、毎回の来日時にディープな記事が載るから手元に残したくて。今回もなかなかの読み応え。あと柴山俊之やらグレン・マトロックなんかも載ってたからね、どれも楽しめたよ。

タイガースはさすがにリアルタイムじゃ知らないし後追いもしなかったけど、こんなの持ってたのを思い出した。

Dscn7573


10年ぐらい前かな?チョコのオマケっていうかオマケにチョコが付いた『タイムスリップグリコ』とかいう装丁も丁寧に復刻されたシングルCDシリーズの1枚。フィンガー5やYMO、「傷だらけの天使」の主題歌とかあったのに出なくてさぁ。他に5~6枚買ったけど当たりっぽかったのはコレの他は甲斐バンドの「ヒーロー」ぐらいだったな。

両方、いい曲だよね、コレ。「花の首飾り」は、いろんな人のバージョンがあるみたいだけどベイシティローラーズのレスリーがソロでカバーしてたのを原曲より先に聴いたね、たぶん。

Dscn7571


ごく最近になって聴いた、この井上陽水のカバーアルバムにもこの曲が入ってたな。

2001年リリース、昭和30~40年代のヒット曲が中心の『UNITED COVER』

この翌年にフジロックでライヴ観て(途中からだったんだけど・・・)、そこで聴いてブッ飛んだのがコレ。(曲は3分50秒過ぎから)

井上陽水 - コーヒールンバ

いや、NHKかなんかで観たのが先だったかな?その辺は記憶が曖昧。どっちでも貼った動画と同じく山木秀夫、今剛ら凄腕揃いの顔ぶれのバックバンドの演奏がクォリティ高くて凄かった。何気なくさらっとやってる風なのがいいなぁ。特に今剛のキレのいいリズムギター。

他の収録曲は「旅人よ」、「銀座カンカン娘」、「サルビアの花」、「嵐を呼ぶ男」、「誰よりも君を愛す」、「星のフラメンコ」、何故か「蛍の光」や「月の砂漠」なんかも。

どれも曲自体の良さもさることながら、陽水の唄いっぷりがいいんだよなぁ。あの声と唄い方で見事に自分のモノにしてるというか。前述の山木、今も含む参加ミュージシャンの演奏とアレンジもいいしね。

コレ、愛聴盤になりそうだなぁ。

そういえば、俺の大好きなマシュー・スウィート(重度のオタク)が『100%ファン』を出した頃、日本のGSのモノを集めるのにハマってるって言ってたけどまだ持ってるかな、いろいろ。この陽水やレスリーのまで聴いてたりして(笑)

いや、それは無いか、さすがに(笑)

井上陽水 - 花の首飾り

|
|

« 紫の雨 | トップページ | 奥行きの深い平日休暇/長い坂の絵のフレーム »

日本のロック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事