最近のトラックバック

« ドリーム・カム・トゥルー | トップページ | 紫の雨 »

2014年6月25日 (水)

38年越しの栄冠

また雷。

俺がアガった後だったけど、アレ、落ちたぞ、たぶん。

明日、また後処理に追われるのかなぁ?

まだ2週間しか経ってないのに・・・。

その2週間前に、ネットで拾ったこのニュースを知って、まるで自分のことのように嬉しくなった。
 
ベスト盤の『ラモーンズ・マニア』以外で、オリジナルアルバムでは初のゴールド・ディスク獲得。
 
誰に向かってか判らないけど「ざまあみろ!」って言いたい気分になったよ。
 
かつて、グランジの全盛期に「ニルヴァーナが全米1位?アレは俺たちがなるべきだった。俺たちのコピーじゃなくてね(笑)」とジョーイは言ってた。ニルヴァーナがラモーンズのコピーってのはちょっと強引だけど言いたかったことは判る。
 
不遇のオリジネーター。
 
極端に短くて速い曲、ショットの革ジャン、破れたジーンズ、コンバース。
 
どれも定番にしたのは間違いなくラモーンズだもんな。
 
 
Dscn7564

 
 
あまりにも有名なこのジャケットを改めて眺めると膝に穴が開いてるのはジョーイだけ、コンバースなんて誰も履いてない。もっとチープな、アメリカのしまむら?に売ってそうなスニーカーを履いてる。そしてショットのライダースを着てるのはジョニーだけ。やっぱりヤツが親方だったんだな(笑)
 
コンセプチャルアートを見てるようだった。ありえないぐらい素晴らしかった
 
ジャケを撮影したCBGBの初代ドア係りにして女流カメラマン(リチャード・ヘルのガールフレンドだったこともあったらしい)ロベルタ・ベイリーがはじめてラモーンズのライヴを観た時を回想した発言。
 
判る気がする。
 
イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』やピーター・フランプトンの『フランプトン・カムズ・アライヴ』など、1000万枚以上も売れたレコードが出た76年、約1ヶ月前に出たツェッペリンの『プレゼンス』が1日で売った枚数に38年かかって到達したこのアルバム。
 
‟物より想い出”とか‟記録より記憶”という言い方もあるけど、ゴールド獲得を知ったらきっと喜ぶ筈だ、ジョーイもディー・ディーもジョニーも。
 
それまでの価値観をひっくり返す革命を起こしたのと同時にロックン・ロールをこよなく愛し、過去の音楽や伝統にも造詣が深い人たちだったから。
 
いつか、俺が向こうに行って、3人に会えたら教えてあげたい。
 
それにしても、今では当たり前になってしまって、そうとは知らずに間接的に影響を受けてるようなバンドも何世代にも亘るラモーンズのこのレコードを76年にリアルタイムで聴いたら相当ブッ飛んだだろうな。
 
体験してみたかったよ。
 

« ドリーム・カム・トゥルー | トップページ | 紫の雨 »

NY PUNK」カテゴリの記事