最近のトラックバック

« 直球という名の変化球 | トップページ | バイバイブラックバード »

2014年6月 7日 (土)

ロックンロールエチケット

気疲れの一週間が終わって今日は休み。

自分流にマイペースでリフレッシュした一日。何のことはない、いつもどおりの休日だっただけなんだけど(苦笑)

腹が立ったりがっかりしたりの今週だったけど、頭を冷やして考えると俺の過剰反応だったかも。

‟俺がこれだけやってるんだからお前もやれ”とか‟こんなに気遣ってやってるのに何だ、その反応は?”という期待感が何処かにあった気がする。こんなの俺の勝手な言い分だもんな。

みんな、それぞれの立場、視点で好き勝手言ったりしたりするけど、それは俺も同じ。別に俺に対する悪意があってのことじゃないだろうし。大体、悪意も何も俺のことなんて眼中に無い人が大半なんだからさ(笑)俺だって大半の人に対してそうなんだから当たり前だよ、そんなの。

そうじゃないケースもあるだろうけどね、勿論。人を憎んだり困らせたりすることに喜びを感じる人は居るからね、残念ながら。

こういうのは出来る限り相手にしないに限る。時間が勿体ない。いくら俺が暇人でも。

「俺はちゃんとやってるのにお前は・・・」とか「俺じゃないよ、アイツが悪いんだよ」とか。言いたくないね、こういうの。何でも人の所為にしたくない。大抵の場合、原因は自分にもあるだろうから。

何度も何度も言うけど、もっと人の気持ちを察せられて人の立場で物事を考えられるようになりたい。

‟大人だから”とか‟職務上、必要だから”というより、そうじゃないと自分で嫌だからね。

それには揺るぎない自己の確立が必要だな。道は険しそうだ(苦笑)

でも、何とかしたい。

Dscn7535


ズボンズジョンスぺからの流れで今夜はコレ。

ギターウルフの2000年リリース、メジャー第三弾アルバム、『ロックンロールエチケット』

前作に続いて初回限定で本革ジャケット仕様。今作はピンク革。¥4649也。34分半しかないのに(笑)今だったら絶対買わないね(笑)

でも、前の2枚や次のライヴほどじゃないものの、なかなかカッコイイんだ、このアルバムも。

ギターウルフ - ROUTE 66

ナンバー1フェイバリットは今は亡きベースのビリーが唄う超スタンダードのカバー。セイジのギターがストゥージズの「サーチ&デストロイ」みたいでカッコイイ。

ギターウルフ -ラーメン深夜3時

これぞギターウルフ。独特過ぎて一瞬、カッコイイのかどうか判らなくなる(笑)でもやっぱりカッコイイ。

冷静に考えると変だったり滑稽だったりすることもギターウルフがやるとカッコイイんだよなぁ。

何故か?

自分のやってることをこれっぽっちも疑わず、その気持ちに揺るぎがないからだ。

俺もこんなふうになりたいよ。

やっぱり道は険しいな(苦笑)

« 直球という名の変化球 | トップページ | バイバイブラックバード »

戯言」カテゴリの記事

日本のパンク」カテゴリの記事