« 愛しすぎてアリガトウ | トップページ | 生きるように撮り、撮るように生きる »

夏休み絵日記2014/杉並区高円寺北3-1-9青田ビル303

土曜から昨日・日曜の朝までぶっ通しで仕事して明け休みして今日は普通に働いて明日はまた5時間残業・・・。

人手が足らないところを連休して遊んできたツケ。

目一杯、楽しんできたから仕方ない。ホントに楽しかったもんなぁ、今回も。

ということで旅日記、2014年夏篇。夏休み絵日記、いや正確には写真日記だな(笑)

Dscn7652


張り切って早めに出発して午前中に高円寺到着。今回の主目的のライヴは新宿が会場だったんだけど拠点にしたのはまたもや、この街。もう、ホントに居心地良くて好きだから、此処が。

140814_120931

その主な理由というか大事な要素が安い食いもん屋。入念な下調べを経てまず出向いたのはこの定食屋。創業30年以上らしい富士川食堂。たぶん、開業以来、ずっとこの佇まいなんだろうな。タイムスリップ感満点。

140814_115324

食ったのは生姜焼き定食550円也。信じられないぐらい安いよね。普通に美味いし。メニューも豊富なんでまた来たいな。次は刺身食いたい。

Dscn7663

腹ごしらえの後は先月、後ろ髪を引かれながら置いてきてしまったブツを求めてガード下のレコ屋、RAREへ。ブツは無事確保。

ていうか滞在中、悩んで何度も行ったり来たりして3枚を3回に分けて1枚ずつ買ってたら、店員さんに「いつもありがとうございます」なんて言われて期限なしの割引券貰っちゃった。全然安いもんしか買ってないのに(笑)また次回も行かなきゃ。

140814_165747

夕方、新宿に向かう前に一杯ひっかけってたのが此処。高円寺に3店舗ある、やきとり大将。俺の行ったのは二号店かな?線路脇の店舗。

140814_171933

これまた懐かしい雰囲気の内装、そして仮設っぽいテーブルや椅子。BGMは勿論、演歌。いいねぇ、カッコつけなくて済んで。

140814_171138

テキトーに串もの頼んで、-2℃だという氷点下ビールで気分よくなって新宿へ向かえた。

ライヴ終了後、日付が変わりそうな時間に高円寺に戻ってきてチモールへ向かったら休み・・・。不貞寝して朝っぱらから食いもん求めて南口周辺を彷徨ってたら前の晩にソウルキッチンで声かけてくれたブログ読んでくれてる方にばったり遭遇。

この人、前にメールくれたりもして俺のブログが好きって言ってくれてた人で。何処かでいつの日かの再会を約束して別れた。別れしなにこんなの見せてもらった。

Dscn7653


終演後、NONと良次雄にサインして貰ったCD。俺もチモール行こうとすぐ出てこないでもう少し居て貰えばよかった・・・。悔しいので撮影させてもらう(苦笑)

140815_074154_3


彼と別れてパル商店街入ってすぐの此処で朝食。チェーンのカフェ&バー、PRONTO。リーズナブルだし喫煙席あるしでなかなか。モーニングセットにヨーグルト付いてるのもグー。此処は懐かしくない(笑)フツーに時代に沿った店(笑)

Dscn7660

パル商店街を散策してたら阿波踊りの垂れ幕に気づく。いつか、そうだな、来年あたり来てみようかな?

Dscn7662


2日目の昼食はコチラで。やはり老舗らしく他の地区にも店舗があるというキッチン南海。THE洋食屋ってカンジだね、此処は。

Dscn7661_2

風情あふれるテーブルクロスに運ばれてきたのは名物のカツカレーではなく他のチェーンではやってない高円寺店独自のお好みと名付けられたおかず盛り合わせでチョイスした海老フライと唐揚げ。スープとライスとお新香付きで800円だったかな?ボリューム考えたら激安だな、コレも。海老の身の太さがハンパない。ご飯ちょっと残したけどそれでもお腹が苦しくなっちゃった(笑)此処もまた来たい。

それにしても2日目の暑さは酷かった。湿気がキツいベタつく不快指数高めの嫌な暑さ。お腹も苦しくて思わず公園でひと休み。苦しいのに何故か近くのスーパーで西瓜なんか買ってきちゃって(苦笑)食いきれなくて隣りのベンチに居たファンキーなオジサン二人組にあげてきた(笑)

140815_133419


公園の入り口でこんなの見つけてちょっと和む。俺もつかみたい。

Dscn7659_2_2

その暑い中、近年、高円寺に行く度に行こう行こうと思いつつ行けてなかった2つの場所に出向いた。

1ヶ所目。

高円寺北3-1-9青田ビル。

5年前に休刊になったパンク雑誌、DOLLの編集部があったビル。

DOLLの創刊は80年、一度も移転せずに30年近く此処の3階にあったんだな。

俺が10代の頃は今のようにお手軽かつスピーディーに情報を得られない時代だったから、俺の年代で同じようなの好きだった人はDOLLを情報源にしてた人が多いと思う。特に俺みたいな地方在住者はちょっとした活字や写真から妄想膨らませてた筈(笑)

スゴいカッコイイ雑誌だったよ、DOLL。

しばし眺めた後、写真撮ろうとカメラ構えたら1階のテナント主らしき人が出てきて怪訝な顔で見られたので事情を説明すると「いいんじゃない、撮っても。だいたい、日本人はさ、すぐ新しいものに飛びついて古いものを忘れるでしょ?大事だよ、そういう終わったものを慈しむ気持ち」と言われて嬉しくなったりもして。

140814_102636

もう1ヶ所。

高円寺南3-59-9。

此処はDOLLが経営するレコード・ショップ(初期にはカフェもやってたらしい)、BOYのあった場所。

この手前のシャッター降りてるところが階段で2階にあった。縦長で狭いけどカッコイイ店と思ってて、階段を昇って行く度にドキドキしたもんだよ(笑)

奥に写るオレンジ色の外装の店はウィラード、ラフィン・ノーズのドラマーだったKYOYAが昨年オープンしたステーキ屋。今度、行ってみようかな?

Dscn7672_2

なんでもネットでサクッと検索出来るこの時代、DOLLの初代編集長で音楽評論家だった森脇美喜夫を検索しても情報が掴めない・・・。

後年は病気してたみたいだけど元気にしてるといいな。

次回は今回発見出来なかったGestalt Onapet Doops Officeを見つけよう。

|

« 愛しすぎてアリガトウ | トップページ | 生きるように撮り、撮るように生きる »

旅日記」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

THE GOD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛しすぎてアリガトウ | トップページ | 生きるように撮り、撮るように生きる »