« 地獄行きハイウェイ | トップページ | 俺の体を清めておくれ »

2014年10月 5日 (日)

ロックごっこ30周年

雨強くなってきたな。

やっぱり明日は直撃?仕事の後、人に会う予定あるんだけど無理かなぁ?先延ばししたくないな、時間無いし。

141005_115642


少し前、夏頃だったかに近所にオープンして行きそびれてたラーメン屋へ。

コレが本日唯一の外出。正味40分ぐらい?お味は・・・。オジサンには脂がキツいかも。美味かったけど。

あとはグータラのゴロゴロ。疲れが取れないし、その所為か歯もちょっと痛いし(絶対、その所為。虫歯じゃない筈!)。先週に続き古~い映画観ながらうたた寝しちゃったり。音楽はコレ流してた時間が長かったね。

Dscn7734

PRIIVATESの結成30周年記念アルバム、『Les Beat high-fi mono

先週の火曜に届いてから聴き続けてる。

84年、まだデビュー前の彼らを渋谷屋根裏で観たのは(ギターがもう一人居てキーボードは無し。共演はTHE 305、ローグ、ホルモンズetc)もう30年も前なのか・・・。

なんて偉そうに言ってみたものの、20年ぶりなんだけどね、プライベーツ買ったの。ずっと聴いてたけど段々、興味が薄れちゃって。

今回は30周年だし、久々のメジャー・リリースだし、先行配信シングルの第1弾第2弾のどっちも良かったし、ディスク2への興味もあったしで、軽い気持ちで聴いてみたら予想より全然良くて自分でも驚くぐらいハマってる。

でも今度のアルバムが飛躍的にクオリティー高いとかじゃなく、ずっと変わらずこの調子でやってきてたんだろうな。判んないけど、そんな気がする。

前にこのバンドのことを取り上げた時にも書いたけどプライベーツの魅力って軽さだと思うんだよね。30年続けてきた貫禄なんて微塵も感じさせない。

「俺がミックでお前キースな」みたいなカンジで始めたバンド少年ノリが未だに残ってる。しかも無理なく、自然に。

最近のインタビューでフロントマンの延原達治が「何故、30年も続いたのか?」と聞かれて「‟明日もやりたいね”‟じゃあ、明日もやろうぜ”で明日が来ての繰り返しで30年経った気がする」って答えてたけど、コレ本音じゃないかな?

実際にはいろいろへヴィーなこともあっただろうけど楽しくやってきたイメージがある。

それはたぶん、ロックンロールが、バンドをすることが楽しくてキチガイみたいに好きだからなんだと思う。

大好きなバンドたちを、憧れて(真剣に)真似して、ロックごっこし続けて気づいたら30年。その無邪気さがプライベーツの個性になっちゃってる。コレはコレでスゴイよなぁ。

今回、家業を継ぐ為に91年に脱退してたキーボードの吉田学が久々に全面参加しててメジャーデビュー時のラインナップに戻ってるのもいいな。家業をしつつでレコーディングとかも大変だったみたいだけど息もばっちりで一体感に溢れてる。

Dscn7735

何かと話題のディスク2は、ゆかりのあるミュージシャンをゲストに迎えての50~60年代のブルースやロックンロールのカバー集。曲目を見た時、知ってる曲が殆ど無くて楽しめないかな?と思ったけどスゴイ良かった。

参加ゲストはコチラを参照。それぞれに持ち味発揮して尚且つちゃんとプライベーツと混ざっててサイコー。愛されてるんだな、みんなに。

とりわけスゴかったというか笑っちゃったのはマディー・ウォーターズの「Rollin’ Stone」をサンハウスの「なまずの唄」の節回しで唄った柴山。あまりに堂々としたネタばらし(笑)

あと組み合わせの妙もあるね。柴山のバックでハープを吹きまくるヒロト。チャボとオカモトショウ、チバと加藤義明(ex.村八分)とか。

村八分といえば、本編、ディスク1に収録の「君が君に」

90年ぐらいにイベントで延ちゃんと冨士夫が組んだ時の未発表共作。コレがスゲー、いい。音の質感が冨二夫の「おさらば」みたいでじーんときちゃう。

そしてアルバムのクレジットの最後にはThis Album, Dedicated to Mr.Fujio Yamaguchiの文字が。物凄い愛と敬意を感じた。

本編の内容に記述しなかったけど、どの曲も、全編が流れも含めてサイコー。紆余曲折あって、いろいろ変化もあったけど全然変わってなかったプライベーツ。

カッコイイ。

聴けてよかった。

THE PRIVATES - リメンバー

山口冨士夫&延原達治 - 君が君に 2011

|
|

« 地獄行きハイウェイ | トップページ | 俺の体を清めておくれ »

日本のロック」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、毎度です。
これ、まだ未入手なんですが、これは買います。
カンロクのなさ、サイコー。
ずっとカンロクなんてないただのおっさんでいたいですね。

投稿: goldenblue | 2014年10月 8日 (水) 00時54分

>goldenblue様

軽い気持ちで聴いてみたらかなり良かったです、コレ。
全然変わってませんよ、いい意味で。
うん、貫禄は要らないですね。
俺はカワイイ年寄り目指してるんで(笑)

投稿: LA MOSCA | 2014年10月 8日 (水) 19時05分

ラモさん、おつかれさま。
久しぶりにパソコン開いて自分のブログ書くの面倒になって来ました(笑)
PRIIVATES聴いてますheart
彼らと、もろ趣味が同じなので全く何の違和感も無く全部知ってるかもくらい耳になじんでいます。
とにかく吉田さんのピアノは最高に好きです。家業で参加できない時は私が出きるものなら(出来ませんけど笑)お手伝いしたいぐらい鍵盤の趣味が同じです。
屋根裏のTHE 305、ローグって懐かしい響きです。
てことはラモさんに会ってたのかもね!
私は小学生だったかな?(爆)

投稿: megumick | 2014年10月13日 (月) 16時43分

> megumick様

そう言わずにまた書きなよ~。
プライベーツ、いいでしょ?
めぐちゃんの好きそうなカンジだよねぇ。
そうそう、吉田GAKKOの鍵盤、カッコイイよね!
コレがあるとプライベーツ!ってカンジ。
出来ないと言わずに手伝っちゃえば?
マジで連絡してみたら?(笑)
あとさ、サバ読むのも程々にね!(笑)

投稿: LA MOSCA | 2014年10月13日 (月) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地獄行きハイウェイ | トップページ | 俺の体を清めておくれ »