最近のトラックバック

« 怖がる自分に負けたくないよ | トップページ | 奥行きの深い平日休暇前夜/JigheadのCDを貰う »

2014年11月 4日 (火)

I GET BY WITH A LITTLE HELP FROM MY FRIENDS

2週間ぶりの歯医者。

今日は痛かった、麻酔したのに。

でもかなり進んだカンジ。先が見えてきた。今年中に終わるかもしれない。

昨日、今年最大のデカい仕事終了。

冷静じゃなく落ち着かなく波に呑まれたけど無事、トラブル無しで終われた。

俺のおかげじゃない。

応援に来てくれた25名の凄腕たちとウチの仲間のおかげ。

俺を手助けするというより、自分のプライドがあるからちゃんと必死でやってた。そんな気がした。

ちょっと見習わなくちゃな。

25人の中には俺の前任者も居た。

心細げな俺を助けてくれた、何度も。

今の現場で10年間、苦楽を共にしてきた人。

それより前、彼がまだ10代で入社した頃から何度か一緒に仕事してきた。もう彼も40歳だもんなぁ、長い付き合いだよね。

随分、ケンカもしたけど離れた今もちょこちょこ会ってるし、‟仲間・同士”みたいなカンジかな。

全然、趣味違うしプライベートなところでは1個も話合わないんだけどね(笑)

思い出してたのはこんな曲。

The Beatles - With A Little Help From My Friends

Dscn4542


ビートルズの言わずと知れた『サージェント・ペッパーズ』の1曲。

主にポールが書いてジョンが‟手助け”して仕上げた曲らしい。

それをリンゴが、いつもの、あのちょっととぼけたカンジで唄ってるのがいいな。

俺が助けてもらったのは少しじゃないし、友だちじゃないけどね(苦笑)

この曲聴いてると思い出すのはコレ。

Sean's Little Help

Dscn7778

98年にリリースされた4枚組ボックス、『アンソロジー』の4枚目、「ダコタ」と名付けられた盤に収録された幼きショーンと父親のやりとり。ジョンが忘れた歌詞の一節を教えるショーンにその一部を訂正するジョン。

ほのぼのしながらもほろりときちゃう。

話戻るけど、それにしても昨日はホントにホッとした。よく上手くいったよな。

さあ、いよいよ後は22日(土)!

 

« 怖がる自分に負けたくないよ | トップページ | 奥行きの深い平日休暇前夜/JigheadのCDを貰う »

戯言」カテゴリの記事

BEATLES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 怖がる自分に負けたくないよ | トップページ | 奥行きの深い平日休暇前夜/JigheadのCDを貰う »