« 正しき日本のガキPUNK | トップページ | 奇妙な世界 »

底抜け

まだ、怖いぐらいの物凄い風が吹いてる。

駅からの帰り道で前に進めなくてびっくりしたよ。

気温は昨日より上がったけど体感的には寒かった、今日も。

昨日はホントに寒かったよなぁ。コールド・レインで。雪になんなくてよかったけど。

一昨日、前記事に記した来月の勤務がちょっと改善される報せあり。前半のみだけど、それでも予定してたままよりは全然マシ。でも、それならもっと早く決めて言ってくれって話で。シフト組むのにどれだけ頭悩ませたか・・・。「2パターン考えてください」とか言われてたし。

再来月は間違いなく地獄の日々がやってくるんだけど、俺には信じられないような楽しみが幾つか待ってる。出来る限りのことはやるつもりだけど、絶対に楽しむのは諦めない。諦めちゃって辛いだけだったら何の為に生きてるのか判んねーもん。

昨日は無事、長かった歯科通院も終了したし、悪くないね、気分は。まだまだ、やりたいこともやらなきゃいけないことも、先への不安も沢山あるけどオーケーって言える

今夜は底抜けに馬鹿馬鹿しいのが聴きたい。

Dscn7920


コレにしよう。

HANOI ROCKS、82年の2ndアルバム、『ORIENTAL BEAT』

曲は勿論、ジャケでの佇まい、帯に書かれたコピーに至るまで全てが安っぽくて軽薄でサイコーだ。

大体、曲名が「炎のドライヴィン」、「ティーンエンジェル・アウトサイダー」、「モーターサイクル・ベイビー」、「デビル・ウーマン」とかだもん。もう笑うしかないでしょ?いいなぁ、馬鹿みたいで。

後にメジャー契約して格が上がったカンジになった頃よりも、再評価があって再結成してレジェンド扱いされてた頃よりも、今はこの時期のハノイが愛おしい。

Hanoi Rocks - Mortorvatin' 

これが「炎のドライヴィン」ね。

いいねぇ。元気出るよ、観てると。

|

« 正しき日本のガキPUNK | トップページ | 奇妙な世界 »

戯言」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正しき日本のガキPUNK | トップページ | 奇妙な世界 »