« ロックンロール・ハート | トップページ | 小川屋、最後の日 »

LA MOSCA旅日記/多摩蘭坂

忙しかったな、今日。あっという間だった。

そして明日からは、長く続いたハードな日々の最後(最後であってほしい・・・)の山場。来月からはちょっと楽になる筈。いや、なってくれ。

恒例の旅日記を書こう。

150321_104802

ライヴの場所は違っても、今回もまずは高円寺。電車内からヨーロピアンパパの看板見えるだけでワクワク。

いつもの数件を覗いてフラついて腹ごしらえしたのは此処。

150321_124719

庚申通りを、前回の小屋・稲生座方面へ進み、早稲田通りに出る直前にあるハンバーグ屋のMash

 

150321_121353


その日のサービスセット。コレに味噌汁とライス付きで570円也。安すぎ。味も好み。フライは大好物のチキンカツ。サイコー。

味や店の雰囲気が似てると思ったらニューバーグの姉妹店だった。また行きたい。

150322_074026

久々に上島珈琲の黒糖ミルクコーヒーも堪能。やっぱり美味い。今回はぽえむに行けなかった。次は行こう。

Dscn8065

此処へ降り立ったのはたぶんはじめて。RC、清志郎が好きな人の聖地、国立。

Dscn8081_2

南口へ出てロータリーを越えるとすぐある文房具店、金文堂。清志郎が画材やら絵具やらを購入してた所らしい。昔ながらの文房具店って佇まいがいい。入らなかったけどね、用事は無いから(笑)

Dscn8068



大学通りを少し進んで西友に行く路地を入った処にあった何とも風情のある喫茶店、ロージナ茶房。

お昼時に行った所為もあってか激混みで2階へ案内される。この階段がまたいいね、レトロで。

150322_135116

Dscn8066

階段を昇りきった処にこのポスターが。此処も清志郎の行きつけだったらしい。昭和28年創業だって。

Dscn8067

清志郎が好んで食してたというスパゲッティを注文。いろんな種類があったけど「昔ながらのナポリタン」を。やっぱり惹かれるのはこういうの。確かに懐かしい味。高校サボってよく行ってた地元の喫茶店で食べてたヤツみたいな。

一橋大学にほど近いから学生向けなのか物凄いボリューム。なんとか食い切る。

Dscn8079

此処まで来たらってことで此処へも。

一橋大学。芝生には寝ころばなかったけどね(笑)伝統と風格を感じた、それなりに。

そこから先はもう、此処しか行くところないよね。

Dscn8070


此処か?いや、もうひとつ先か?恐る恐る進んだ道にコレが出てきてちょっと感動。

Dscn8071

Dscn8076_2

Dscn8074_3

あの曲は『BLUE』が出た当初は思い入れ強かったけど今はそれほどでもない、実は。それでも、じーんと来てしばし立ち尽くしたよ。‟坂の途中”を眺めながら。

150321_193902

あっ、国立といえば、地球屋へ行く前、ちょっと食べて行こうと立ち寄った大学通りを挟んだバーミヤンの喫煙席がGODの客ばかりだったのが可笑しかった。顔見知りも居たりして。あとは100円の梅酒を呑み続けてた(たぶん)ホームレスしか居なかった(笑)歯ブラシ持ってトイレ行ってたからな(笑)

Dscn8082

Dscn8084

帰り際にふと立ち寄った上野。

もしかしたら・・・と思ったら、やっぱり咲き始まってた。

暖かい一日だったからね。綺麗だったなぁ。

Dscn8087

150322_175814

150322_180829

帰りのバスまでの時間、アメ横の居酒屋で軽く呑む。美味かったな、焼き鳥。写真ないけどハムカツも。

ロージナ茶房では、おそらく一橋の学生であろう真面目そうな子がバイトしてたけど、此処では片言の留学生ばかりで土地の違いが感じられて興味深かった。

忌野清志郎 - 多摩蘭坂

今夜はやっぱりコレ。

そうは言ってもいい曲だね。昔、87、88年かな?滅多にやらなかったこの曲がライヴ中盤で突然登場した時に泣きそうになったのを思い出した。

♪お月様覗いてる~♪の箇所は勿論、素晴らしいと思うけど俺が大好きなフレーズは♪無口になった僕はふさわしく暮らしてる♪のところ。

自分が出来ないからね、そんなことは(笑)

またいつか行きたいな、国立。

|

« ロックンロール・ハート | トップページ | 小川屋、最後の日 »

旅日記」カテゴリの記事

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

THE GOD」カテゴリの記事

コメント

旅日記の隠れファンです(笑)

食いモン全部美味そうなトコロが特に♡

多摩蘭坂、オレ、『BLUE』出た後、東京の親戚のアニキの家に行った時、無理矢理連れってもらってるんですよ。どの坂か結局解らなかったんですけど(笑)

多分、このあたりの坂だろうと勝手に想像して"坂の途中"の家を探したりして(笑)

それから今は思い入れも何てコトないですがあの時代ですから甲州街道も!秋じゃなく夏でしたが(笑)

投稿: みん | 2015年3月30日 (月) 21時36分

>みん様

ありがとうございます。
実は旅日記はかなり楽しんで書いてます。
時間経ってから読むのもいろいろ思い出せて好き。

他の人が読んでもつまらないんじゃないかと思ってたけどそう言ってくれる人が居てよかったです(笑)

多摩蘭坂は迷いましたよ、何処で曲がるのか。
何処で曲がっても同じような坂で(笑)

清志郎が居る頃、20年以上前からいつか行こうと思っててやっと行けて感無量でした。

そっか、次は甲州街道に行こう!秋に(笑)

投稿: LA MOSCA | 2015年3月31日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロックンロール・ハート | トップページ | 小川屋、最後の日 »