« 遠藤ミチロウ 小川屋 2015.3.12. | トップページ | つまらないものはゴミ箱に捨てるぜ »

2015年3月16日 (月)

最後の奇跡

久しぶりにウチに居る。

まだ続く、過剰なシフトの仕事に加えて、プライベートでの重い出来事も重なる中、先週、12日(木)はコレへ。

150312_184057


‟人としてどうなの?”と自問自答しつつ葛藤を抱えたまま・・・。

でも、もう選択する余地なんかなかった、ミチロウの小川屋、しかも最後だもん。たとえ、誰に何と言われようと。

どういうふうに書こうかも迷った。

当たり前に時系列に沿って全出演者への感想とかも書こうと思ったけどやめた。

誤解無きように言っておくと全部よかったよ、それぞれに。多少、程度の差はあってもどれにもぐっときた瞬間はあった。でも書かない。ミチロウがあの夜、此処に来て唄ったことは、俺にとっては他のことと並べて書けるような、普通の、当たり前のことじゃなかったから。

データ的なことを書いておくと、演奏時間は1時間程度、曲は『オデッセイ・2015・SEX・フクシマ』(最初、年号間違えて唄ってた・笑)に始まり、『JUST LIKE A BOY』、『オレのまわりは』、『冬のシャボン玉』、『負け犬』、『カノン』、『天国の扉』、ひとつ前に出たタテタカコと共演しての『NAMIE』で終了。順番、うろ覚えだけど確か、こんなカンジ。

『冬の~』と『NAMIE』は復帰後に唄い出した曲で4月末に出るらしい新作『FUKUSHIMA』にも収録されるんだろうね。

で、アンコールが「震災後、はじめて小川屋に来て楽屋に居た時、でっかい余震があって、此処で書いた曲」というMC付きの『原発ブルース』、「コレ唄わないと小川さんに怒られちゃう」と言って唄われた『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』の2曲。

MCでは前日、311に故郷・福島県いわき市で爺さん婆さん相手に唄ってきて「お兄ちゃん」って呼ばれたり、スターリンの映像観せたら「コレ、アンタ?」って言われたって話が可笑しかったなぁ。

あと勿論、小川屋の想い出も結構語ってくれた。「最初、来た時、よくこんな何もない所に(店を)作ったなと思った」とか「此処でトイレに行く時は大抵、めんどくさいから立ちション」(客席の奥にしかトイレが無い)とか(笑)小川さんに「俺が生きてるうちに‟小川屋2”を作ってください」とも言ってたな(笑)

150312_215733

150312_220706


心配だったミチロウの様子は、やっぱり万全ではなかった。座って唄い始めたものの演り辛いのか途中で立って、また座ったり・・・。唄もギターも良い状態とは言えないモノだった。

だけど、そんなのは観る前から判ってたことだし、ベストなパフォーマンスを期待して観に行った訳じゃないからね。

そんな状態の時に、そして小川屋が無くなる寸前に来てくれたってことだけで充分過ぎるぐらい充分だった。

小川屋が終わるのを知った時、ミチロウがもう1回、此処で唄ってくれることを夢想はしたけど実現するなんて思ってなかったもん。

奇跡だと思った。

2008年、ミチロウがはじめて此処に来た時も奇跡だと思った。

何度も、毎回書いてて聞き飽きた話だろうけど、小川屋は俺が12~26歳まで住んだ実家の目と鼻の先で。俺がミチロウのコスプレみたいなカッコで歩いてた田んぼしか無い場所に四半世紀を経て本人が来て唄うなんて信じられなかったんだよ。

そして前述の、震災直後の時楽屋でミチロウと話せた時、俺を楽屋に連れてってくれたご近所さんがミチロウの後ろでドラムを叩いたり、フターリンがあったり、名古屋から俺と同い年で同じ日に産まれたミチロウ・クレイジーが来たり、静岡から小4の男の子が来たり。

奇跡の連続だった。

俺の実家はもう無いし小川屋は無くなってしまうけど、ミチロウは病から立ち上がって来てくれた。

ミチロウが終わる訳じゃない。小川屋が終わっても小川さんをはじめ、ゆかりの人たちも終わる訳じゃない。

でも、此処でミチロウを観るのは最後。

Dscn8024

小川屋のある辺りを歩いてる頃、よく着てたTシャツに30年以上を経て入れてもらったサイン。

「こんなTシャツあったっけ?」

「最初のオフィシャルじゃないですか!(笑)」

「そっか、『ベト伝』の時、作ったんだっけ・・・」

本当は日付とか入れてもらいたかったんだけど胸がいっぱいで言えなかった。

最後にまた一生もんの宝物を増やしちゃった。

ミチロウ@小川屋、全8回完全出席。

最後の奇跡にも立ち会えてよかった。

|
|

« 遠藤ミチロウ 小川屋 2015.3.12. | トップページ | つまらないものはゴミ箱に捨てるぜ »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

度々ブログでも拝見してましたが小川屋も終わってしまったんですね・・・

オレは勿論、未踏の場所でしたがラモさんの思い入れや感慨の種類は解る気がします。30年以上経って、当時には微塵も想像出来なかったコトが実際に起こる事実とか。

何よりオレ、この年まで昔と変わらない音楽聴いてるとか全く想像できなかったですから(笑)

チモールもですけど、変わりゆくのは仕方無しも寂しいですね・・・

あっ、そうそう!

21日オレの分まで楽しんできて下さい!!(涙笑)

投稿: みん | 2015年3月18日 (水) 09時04分

>みん様

小川屋は今月週末で閉店です。

うん、そう。こんなことが起こるなんてって。
ミチロウを此処で観てると毎回思いました。
そして、それは俺だけじゃなくて、日本全国をくまなく回るミチロウだから
俺のような個人的な思いを強く感じて観てる人が他にも居るんだろうなって。

21日ね。
コレもまさかだよねぇ。
俺、あの2人がまたやってるのを2回観ても未だに何処か信じられないもん。
みんさんや他の観たくても観れない人のことも思いながら観るつもりです。

投稿: LA MOSCA | 2015年3月19日 (木) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 遠藤ミチロウ 小川屋 2015.3.12. | トップページ | つまらないものはゴミ箱に捨てるぜ »