最近のトラックバック

« WHATEVER WILL BE, WILL BE | トップページ | 34年目の5月11日に »

2015年5月10日 (日)

小さな青い夢想家は夢のまま終わらせはしない

やんだかな?風。

凄かったなぁ。

昼間は働いてるのが勿体ないようないい気候だったのに。

今日は母の日だったね。

昨日の休日に前倒しで久々に母親の処へ。

もしかすると正月以来かな?ずっと忙しかったとはいえ、行こうと思えば行けた筈。億劫がってないで、もうちょっと顔見せに行かなきゃ。

「似てる」「似てきた」と言われることが多い俺とおふくろ。その都度、否定してきたけど(中身の話ね。見た目は自分でも似てると思う)、昨日、しみじみ話してたら似てるなと思った、我ながら。

同じことを何度も言う。しかもはじめて話すみたいに(笑)

そして相手の話を聞いてない(笑)

質問してきたから答えてるのに答えを待たずに違う話してるみたいな・・・。

そっくりじゃねーか(笑)

いくら否定しても血には逆らえないんだな。

母の日を何にこじつけようか考えた。頭に浮かんだのはジョンミチロウの曲だったけど何か違う気がして捻り出したのはコレ。

 

Patti Smith- The Jackson Song

Dscn8145

PATTI SMITH、88年の9年ぶりのカムバック作、『DREAM OF LIFE』の最終曲。

タイトルどおり、幼き息子のジャクソンに向けた子守歌。息子は今やex.ホワイト・ストライプスのメグ・ホワイトと結婚して一昨年の母親の来日公演にもギタリストとして帯同してた。父親のフレッド‟ソニック”スミスも天国で喜んでるだろうな。

アルバム自体もこの曲もリリース当時は、憑き物が落ちたようなパティのあっさりとしたカンジに拍子抜けしてあまり聴き返さなかったけど、今聴くといい、全然。

子供を授かった人生を喜び謳歌する88年のパティの等身大の作品。

 

♪進む道は自分で決めるのよ

 それでも私は貴方と共に居るわ♪

 

俺はもうリトル・ブルー・ドリーマーじゃないし、嫌だけどね、おふくろと共に居るのは(笑)

 

 

 

 

« WHATEVER WILL BE, WILL BE | トップページ | 34年目の5月11日に »

戯言」カテゴリの記事

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« WHATEVER WILL BE, WILL BE | トップページ | 34年目の5月11日に »