« コレなのか? | トップページ | 真面目はいやだ »

2015年7月27日 (月)

ミチロウに帰る

連休終わっちゃったなぁ。

休み明けの朝から、あまりの暑さにメゲて次の休日が待ちどしくなる。

シャワー浴びてきてビール呑み始めたら少し忘れて気分よくなった。単純っていうか、馬鹿だね、物凄く(笑)

いつにも増してユルユルで過ごした、この休み、生まれて初めてこんなの買った。

Dscn8291

まさか『文春』を買う日が来るとは。オヤジ週刊誌の中でもお堅いイメージ(表紙、俺がガキの頃から、こんなカンジ)で、病院の待合室とかに置いてあるのを、他に無いから仕方なく手に取ったことが何度かあるだけだ、この雑誌。

購入の理由はコレ。

Dscn8289


一応、持っておくか、ぐらいの軽いカンジで期待もしないで買ったら、意外や意外、知らなかったこととかも載っててびっくり。いや、知ってた話もディープに綴られてたというか。たった4ページなのに。

家族のこと、学生時代のこと、結婚してた頃のこと・・・。

何でも知ってるつもりで居たけど、まだまだ知らないことあるんだなぁ。読めてよかった。

Dscn8286


休みの前日、金曜に届いたのはコレ。

グループ魂の結成20周年記念アルバム、『20名』

帰ってきたの夜中だったけど1曲だけすぐ聴いた。

18曲目の「遠藤ミチロウ」

これまで人に聴かせてもらってばかりで自分で盤買ったことないのに、どうしても欲しかったのは20年にちなんで20人の人名タイトルの曲が並ぶ中、この曲があったからこそ。

いつもの、このバンドならではの、するどくも可笑しみのある歌詞に「ププッ」としながら聴き進めてると♪吐き気がするほど腰低い♪という必殺のフレーズが出てきて爆笑。

と思ってると後半には♪ミチロウのパンク本物、ミチロウのパンク独特、ミチロウのパンク不滅!絶対不滅!♪と来たから鳥肌立っちゃった、嬉しくて。

イントロが「ワルシャワの幻想」の完コピだったり、「肉」や「冷蔵庫」や「アザラシ」のフレーズが顔を出すのもいちいち嬉しい。

元々、この人たち(特に暴動こと宮藤官九郎と石鹸こと三宅弘城)がミチロウを好きなのは判りやすくアピールされてたし、トリビュートにも参加してたし、判っては居たけど、コレはちょっと感動的だった。物凄い強い愛情を感じた。

その昔、スターリン/ミチロウは少しずつコアなパンクスの間で評価が下がっていって冷やかに見られてた時期があった。「まだ聴いてんの?」なんて言われたことも一度や二度じゃない。

俺はずっと好きだったけど、その度合いは一定ではなかったし、反論出来ない頃があったのも否めない。

でも、いつ頃からか、再評価じゃないけど「やっぱりカッコイイよ」みたいなカンジになってきて。

離れてて戻ってきた人たちに対する複雑な想いもあるけれど、それでも嬉しかった、ミチロウが評価されると。

そう考えると今日の記事タイトルに拝借したフレーズは俺には涙もんだよ。

2015年、俺が50になってミチロウが65になる年に、国民的ドラマとまで言われた朝の連続テレビ小説を書いた男が率いる紅白にも出た一癖も二癖もあるバンドからこんな曲が出てきたのが嬉しくてたまらない。

COMMENT ALLEZ-VOUS? "天国の扉

Dscn8293


『文春』でも作られた時のことが語られてるアコースティックになってからの代表曲。いろんなバージョンがあるけど、このコマンタレブ?のバージョンが一番好きかな?血気迫るミチロウの唄。

本物で独特で絶対不滅なミチロウのパンク。

今年は3月の小川屋以降、微妙に日程とかが合わなくて観れてないライヴが観たい。特に今観たいのはコマンタレブ?でもギターを弾いてたナポレオン山岸、そして俺のナンバー1ベーシスト・西村雄介と組んだ新バンド、THE END

今年中に観れるかなぁ?

|
|

« コレなのか? | トップページ | 真面目はいやだ »

日本のパンク」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

THE STALIN」カテゴリの記事

コメント

オレも文春買いました。読み応えありましたね!

実はオレ、この盤のリリースが決まった頃、コンセプトが人名アルバムで20名!って聞いて、何となくミチロウの名前が入って来そうな予感(希望的観測含めて)あったんです。コレまでの流れだったり、作詞曲のクドカンと三宅の独断も期待して(笑)

そしたらちゃんと入ってて嬉しかった・・・歌詞といい、やっぱりいちいちエッセンス散りばめた最高の楽曲で♪

ラモさんほどの思い入れには届かなくても、オレら世代は絶対大なり小なり(ある意味是なり非なりも)、ミチロウのパンクに影響受けてますからね。

20名の中の唯一のパンクロッカーが『遠藤ミチロウ』ってトコロがその証拠だと思ってます。勝手に(笑)

投稿: みん | 2015年7月29日 (水) 18時47分

>みん様

あぁ、なるほど。他に影響受けてて交流あって入っててもおかしくない人、幾らでも居るのにそう言われりゃ、そうですよね。
パンクでは勿論、ミュージシャンとしても変名参加の向井秀徳ぐらいですもんね、他は。あっ、あとミックとジャガーか(笑)

そうそう!入ってるだけで嬉しいのに曲がスゴイいいのが嬉しかった、俺も。笑えてぐっときて。

そうだね、是も非もひっくるめて、否が応でも無視出来ないデカい存在だったからねぇ、ミチロウ。

俺なんか思い入れ強すぎて「文春」読んで動揺しちゃったもん。
「俺が知らないことがこんなに!」って(笑)

アルバムの話は近日中にまた書くと思います。
みんさんのも楽しみにしてますね!

投稿: LA MOSCA | 2015年7月29日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コレなのか? | トップページ | 真面目はいやだ »