最近のトラックバック

« 血も凍るほどに | トップページ | ワイセツな天才 »

2015年7月 3日 (金)

放蕩息子

Dscn8261


今日はホントにダラけて過ごしたよ、ほぼ何もせずに。

天気悪かったし、まだ本調子じゃなかったから用心して。

ルー・リードの本を読み始めたらいつのまにか寝ちゃったりして・・・。面白くない訳じゃないんだけどイマイチ、入れないカンジ。まぁ、まだ、ほんの序の口だからな。

それにしても、まめ吉、大人しいなぁ。君のお姉さんは俺が寝てるとドタバタ騒いで起こしたもんだったのに。で、何?その鬼瓦権造みたいな眉毛(笑)

Dscn8258

音楽は脈絡なくいろんなの聴いたけど、コレを久々に通して聴いた。CDじゃなくレコードで。

たぶん、ストーンズのアルバムで一番好き。スゴい特殊な作品って印象がある、未だに。

Rollingstonesgodard

Rolling Stones - No Expectations

このアルバムのレコーディング当時は既に、キース曰く、‟バイバイランドの住人”で、何の貢献も期待出来なかったであろうブライアンのスライド・ギターがゾクッとするほど美しいオリジナル・カントリー・ブルース。

最後の力を振り絞ったような渾身のプレイ。

「憶えてる限り、最後のブライアンらしい姿」(ミックの『クロス・ファイヤー・ハリケーン』での発言)

♪駅へ連れてってくれ

 そして汽車に乗せてくれ

 もう此処には二度と来ない

 甘くて短かった俺の人生で

 こんな気持ちになったのは初めてだよ

 俺たちの愛は石に砕け散る水滴のようだった

 音楽のように其処にあって

 そして消えてしまった♪

ミックが書いたんだろうけど、この歌詞聴いたらどうしたってブライアンのことが浮かぶよなぁ。

Rolling Stones - No Expectations 

03年の40周年ツアーでの同曲。あの透明感はさすがに感じないけど年輪を感じさせる名演だと思う。俺も武道館で聴いたよ(あっ、95年のドームでもやったな)

Dscn8254

ROLLING STONES - Prodigal Son 

放蕩息子、旅立って今日で46年だって。

さて、ヤマケンの『天使が浮かんでいた』でも読み返すかぁ。

« 血も凍るほどに | トップページ | ワイセツな天才 »

ペット」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

ラモさんこんばんは
昼間寝たら夜眠れるかな?(笑)

ブライアンのこと思いながら
同じ曲聴いてました
物悲しくて綺麗なこの曲
好きです
そう、スライドギターが切ない響きで美しいね

>megumick様

それが普通に寝れちゃったんだよ(笑)

せつなくて深いよね、このスライド。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 血も凍るほどに | トップページ | ワイセツな天才 »