« 放蕩息子 | トップページ | ウジムシ脳の超バカ »

2015年7月 4日 (土)

ワイセツな天才

150630_143541


コレ、最初、どうなってんのかと思った。

「ケンカすんなよ」って棒で突いて離してやった。それでも噛まれてた方のヤツ、動かなかったからダメかな?と見てたらよろよろ動いて逃げてった。逞しいな。

運よく殆ど降られずに仕事終えられた本日。明日からしばらく降るみたいだから一日ぐらいはいいよね。

Dscn8264


昨日、放蕩息子の記事書くにあたって、『SWINGING 60’s』ってドキュメンタリー観てて何となく今夜はこの人のレコードが聴きたくなった。

JIMI HENDRIX EXPERIENCEの『ELECTRIC LADY LAND』(68年リリース)

俺、ジミヘンってなかなか判んなくて。コレ、最初に買ったと記憶してる。そちこちで最高傑作って言われてて。全然理解出来なかった。「何処が?」って(苦笑)

コレの次に『スマッシュ・ヒッツ』ってベスト聴いたら、そっちの方が良かった。シングルとかになったようなキャッチ―な曲の方が好きなんだね、邪道かもしれないけど。その後は編集盤ばっかり聴いて、未だにオリジナル・アルバムってこのアルバムしか持ってない。CDも20曲入りのベストだけ。

そんな邪道な俺が思うに、ジミヘンの魅力はワイセツなところ。いや、マジで。

ずっと前に書いた記事に「ジミのギターはチ●コだ!」ってコメントくれた人も居たしね(笑)

Dscn8267


大体、このジャケットからして、ねぇ(笑)買う時、ちょっとドキドキしたもん、まだ子供だったから。

ジミヘンの特徴のひとつにファンキーさがあるよね。ファンク自体がワイセツな音楽だと思うけど、ジミヘンの場合、それに本人のスケベさが加味されてる気がする。ねちっこいギターも吐き捨てるような唄い方も。

ただスケベなだけだったら俺と一緒なんだけど(笑)天才だからな、ジミヘンは。

Jimi Hendrix - Crosstown Traffic

このアルバムでたぶん、一番好きな曲。カバーはレッチリもよかったけど、調子っぱずれなリチャード・ヘルのバージョンがカッコイイ。

Jimi Hendrix - Voodoo Child

コレは冒頭のフレーズをガンズンのスラッシュがライヴでコピーしてたなぁ。

しかし、昨日観たドキュメンタリーでも言ってたけど、ブライアンと一緒に何かやろうとしてたってのは本当なんだろうか?

Tumblr_me5ocy6rtg1r146zvo1_1280


どんなブッ飛んだのが聴けたんだろう?

ちょっと聴いてみたかったな。

|
|

« 放蕩息子 | トップページ | ウジムシ脳の超バカ »

ROCK」カテゴリの記事

ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放蕩息子 | トップページ | ウジムシ脳の超バカ »