最近のトラックバック

« ユーモア、粋、そして憂い | トップページ | 独りの男 »

2015年7月15日 (水)

63回目の7月15日に / REMEMBER I’M STILL HERE

今月も無難にこの日を越えられた。

いろいろ思うことあるけどこれ以上はしたくないし出来ない。

来月はやらないって聞いてほっとして明るい気持ちで早めに帰宅。

今日は7月15日だね。

命日には毎年のように記事を書いてるけど誕生日ははじめてかも。

JOHNNY THUNDERS、今日で63歳、生きてたら。

自分で書いてて笑っちゃう。不謹慎なこと言うけど、ジョニサンと63歳って年齢がどう考えても結びつかなくて。

たとえ、24年前のあの日に死んでなくても、63歳まで生きてるとは想像しづらいもんな。本人だって、そう思ってたんじゃないかなぁ?

Dscn8275

 

ちょうど一週間前に入手したコレを今夜は聴いてる。

90年のスタジオ・レコーディングを8曲収録した09年リリースの『Sticks & Stones』

他にアコースティック・デモ(先月末に入手した『イン・コールド・ブラッド』のデラックス盤に入ってたのと同じ音源)、後半からデヴィッド・ヨハンセンが混ざる、時期不明のマクシズ・カンサス・シティーのライヴ音源もあり。

『イン・コールド~』を買った時に、ほら、ネットで買うとお勧めみたいなカンジでいろいろ出てくるでしょ?そこでコレ見つけちゃって、どうしても欲しくなって・・・。

同じ音源が収録されたタイトル違いの作品が過去に幾つか出回ったのも、このアルバムの存在も知ってたけど、まだ普通に流通してると思ってなくて慌ててポチッた(笑)

このレコーディングの翌年、91年の最後の来日公演で披露された+そのライヴ盤にボーナストラックとして納められた新曲がとてもよかったことは何度もここに書いてきた。そんなの聴けると思ってなかったから、ホントに感動したんだよ。嬉しい驚きだった。ここに収録された8曲中6曲はそれらで既に聴いてた。

このアルバムにはコレが入ってないけど・・・。

そうだ、こういうのを足して結局、正式にはリリースされなかった曲だけ集めて編集盤作ろう。

タイトルは『REMEMBER I’M STILL HERE』にしよう。

忘れてないよ、ジョニー。24年経った今も。

Johnny Thunders - Disappointed In You

♪まだ生きてられることに感謝してるぜ

 友だちはたくさん居たけど、みんな死んじまったからな

ヤツらが何で死んだのか理解するのはとても難しい♪

Johnny Thunders - I Tell The Truth Even When I'm Lyin'

♪俺は嘘をついてる時にも本当のことを言ってるんだ

 後ろに隠した真実に気づいてくれ

裏側にあるものに気づいてくれ♪

Johnny Thunders-Some Hearts

♪俺の友だち

 俺の友情を判ってくれてると思ってた

 たぶん、お前は今もキスを探してるんだろうな

 俺が此処に居るのを忘れないでくれよ♪

 

最後に、ジョニサンと言えば、数日前に発見した大好きなエピソードの詳細

青ちゃん、サイコー。カッコイイなぁ!

 

« ユーモア、粋、そして憂い | トップページ | 独りの男 »

NY PUNK」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、こんばんは。
I Tell The Truth Even When I'm Lyin'
って言葉、かっこいいね~。
墓碑銘に刻んでおきたいくらいです。

>goldenblue様

カッコイイよねぇ、このフレーズ。
コレ聴いて思ったのはブログで自分が嘘をついてるか?ってこと。
嘘はついてない、と思う(笑)
ただ本当のことを全部書くつもりもないけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーモア、粋、そして憂い | トップページ | 独りの男 »