« 嬉しい再会 | トップページ | ヤツらのケツにフォークを刺してひっくり返せば出来上がり »

Sometimes A Lie is The Best Thing

ほらね、やっぱり。

今日、職場で昼飯食いながらTVニュース観てて、そう思った。

面倒くさいこと考えてる暇はない。

出来ることを出来るだけしたい、出来るうちに。

出来なくなってから言っても遅い。

Dscn8460

今夜はコレ。

TRACY CHAPMANの5枚目のアルバム、『TELLING STORIES』(2000年リリース)

前記事書いた後、‟そういえば、トレイシー・ソーンって聴いたことないなぁ”と思い、Youtubeで聴きながら彼女のことを想い出して。単にトレイシー繋がりで(笑)

いや、名前だけじゃないな。アコースティックな質感の音数少なめな楽曲で、マーシーが言うようにロックを感じさせるところも共通してる。あと、美人じゃないところも(笑)失礼!

マーシーと言えば、前記事に書こうと思って忘れちゃった肝心なこと。

上手くないけど癖のあるギターも、上手くないけど何とも味のある歌声も、大いに共感出来るけど思いつくことの出来ない冴えた歌詞もいい。でも、改めて、メロディーメイカーとして素晴らしいな、と唸らされた。

書き忘れっつったら、UAもだ。

ソロ・シンガーの作品ながら音響的にも、とんでもなくレベルが高い。それでも一番強いのは歌。全然、埋もれない。スゴいスピリチュアルな音楽だとも思った。

話が逸れた。

トレイシー・チャップマンね。

ディランから脈々と続くギターを抱えてメッセージ・ソングを唄うシンガーの一人っていうのが彼女のイメージだと思うけど、俺は殆ど知らないんだよ、彼女の歌詞。本チャンの盤、持ってないから(苦笑)

でも、言葉は判らなくても、何かスゴいことを唄ってるんだろうなって雰囲気は伝わってくる、その歌声の強さで。

逆に正確に判らなくて、自分勝手なイメージで聴いてた方がいいかも、っていうのは負け惜しみかな?(笑)

Tracy Chapman - Telling Stories

このタイトル曲のPVなんか観ると特にそう思う。

と言いつつちょっと調べてみたらスゴい歌詞だな、コレ。

やっぱり訳詞付きの本物買おうかなぁ?(笑)

|
|

« 嬉しい再会 | トップページ | ヤツらのケツにフォークを刺してひっくり返せば出来上がり »

日本のパンク」カテゴリの記事

日本のロック」カテゴリの記事

BLACK MUSIC」カテゴリの記事

ROCK」カテゴリの記事

コメント

televisionが来る様ですね。the roosterzがゲストで出るようです。見たいなあ。

投稿: 森 健司 | 2015年9月17日 (木) 11時50分

>森 健司様

はじめまして、ですよね?
コメントありがとうございます。

そうみたいですね。
俺も観たいです。

投稿: LA MOSCA | 2015年9月17日 (木) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嬉しい再会 | トップページ | ヤツらのケツにフォークを刺してひっくり返せば出来上がり »