« 犬猿の盟友 | トップページ | 未だ成長途中、ゴールなし »

お前を離さない

GOD教授ことラモちゃんです!

HAGALさん、いつもありがとうございます。

Dscn8436

10月か・・・。早いな。あっと言う間に2015年も終わるんだろうな。

GOD@地球屋の日に前後して、ここ数年の俺には珍しいぐらい一辺に何枚ものブツを手にして、とっかえひっかえ目まぐるしく聴いてる。

かなり密度の濃いブツの中、コレも激しくリピート中。

Dscn8533


ブルース・ブラザーズがアルバム、ライヴ、劇中で取り上げた曲の原曲を集めたコンピレーション、『Who inspired the Blues Brothers』

コレ、このままの状態でショップには売ってないよ、雑誌の付録だから。

Dscn8528


『ブルース&ソウル・レコーズ』の最新号。この雑誌買ったことなくて、気になりつつスルーしてたけど国立南口の本屋、増田書店で堪えきれずに購入。

ブルース・ブラザーズの特集は主要ディスク・ガイド、44曲に及ぶソング・ガイドの他、バンド・メンバーの詳細、トータス松本、ROY(BAWDIES)が語るブルブラなど盛りだくさん。他にも鮎川誠×永井ホトケ隆のマディー・ウォーターズ生誕100年記念対談なんか、もあって読み応え満点。

でも、何と言ってもサイコーなのはCDだね。

Dscn8534


流れもよくて完璧なアルバム。

Dscn8535


ジャケット素材は解説書も含めて切り取り線付きで封入されてて嬉しくてすぐ作ったよ(笑)

SAM and DAVE - Soul Man

Aretha Franklin - Think

バディ・ガイ&ジュニア・ウェルズのブルースやTV番組のテーマだったらしい「ピーター・ガン」、キャブ・キャロウェイの例の曲なんかもいいけど、この辺のR&Bに痺れた、改めて。

好み抜きで考えて音楽として圧倒的。俺だって年中、こういうの聴いてる訳じゃないし、他のタイプの音楽の方が度合いで言えば好きだけど、もう、ただただ、スゴい。言いたかないけど、今の流行りの音楽と同じ‟音楽”とは言えないぐらいに差がある。メジャーリーグと草野球ぐらいに。

サム&デイヴはMG’s、アレサはスワンパーズなのかな?バック。唄も勿論スゴいけど、全然派手なことしないのに無茶苦茶カッコイイんだよなぁ、演奏も。

あと、特にサム&デイヴの方なんか聴いてると清志郎が思い浮かぶ。モロだもんね(笑)

前にも書いた気がするけど、ブルース、レゲエ、カントリーなんかはストーンズで良さを知ったけどソウル系はRC、清志郎が水先案内人だったな。

最初は背伸びして判ったフリして聴いてたけど、今になって聴くとホントにカッコイイと思える。よかったよ、気づけて。

Otis Redding - I Can't Turn You Loose

アタマに収録されてるのはこの曲。

この印象的で強烈なリフはブルブラ登場シーン、RCの「よォーこそ」でブルーデイホーンズのソロに使われてて大好き。聴くとウキウキ心が躍る。

今日の記事タイトルに拝借した、この邦題付けた人、偉いな。

‟君”でも‟貴女”でもなく‟お前”だよね、オーティスなら。

カッコイイ。

|
|

« 犬猿の盟友 | トップページ | 未だ成長途中、ゴールなし »

映画」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

BLACK MUSIC」カテゴリの記事

RC SUCCESSION」カテゴリの記事

THE GOD」カテゴリの記事

コメント

LA MOSCAさん、こんばんは。
これね、めっちゃいい選曲なんだけど、たった10曲ってのが物足りないなぁー、と思って自分で作っちゃいました。“Do you love me”とか“Sweet home Chicago”とか足して。でも“Peter Gun”だけ持ってなかったんだなー(笑)。
ソウル、R&Bは確かにRCからの影響は大きいですねー。

投稿: goldenblue | 2015年10月 4日 (日) 00時06分

>goldenblue様

作りたくなるよね、やっぱり(笑)
俺はこの辺はあんまり持ってないから買ったけど
持ってたら作ったと思う。
オーティスとサム&デイヴは聴いてて否応なしに浮かんだ、RCが。

投稿: LA MOSCA | 2015年10月 4日 (日) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬猿の盟友 | トップページ | 未だ成長途中、ゴールなし »