« LOST,STILL&SOMETHING NEW | トップページ | 50円と100円 »

What A Wonderful Pops

昨日、1日出勤して、また今日は休み。

なんか、ここのところ、楽な状況が続いてるけど、こういうのは出来る時にしておかないとね。先行き不安な噂も耳にしてるし。ずっとハードだなんて絶対、嫌だしさ。

151017_182621


昨夜はウチの二人が別々に遠出してたので晩飯買って帰らなきゃと思ってたら帰り際にこんな差し入れが。

歯っ欠けオヤジのところの弁当。しばらく食ってなかったから懐かしかった。顔は毎日、嫌になるほど合わせてるけどね(笑)美味かったぜ、おっちゃん!

今日はふらっとラーメン食いに行って、その足でTSUTAYA寄ってレンタル始まったばかりの『龍三と七人の子分たち』借りてきた以外はずっと家に居た。昼寝しちゃったりもして。あっ、いつものことだな(笑)

主に時間を割いてたのは編集CD‐R作り。

昨年後半にレンタルしたコレアレをメインにとっかえひっかえしながら完成させたのはこんなの。

01.ワンダフル・ワールド/サム・クック

02.ロリ・ポップ/コーデッツ

03.ビー・マイ・ベイビー/ロネッツ

04.バーバラ・アン/リージェンツ

05.オンリー・ユー/プラターズ

06.バナナ・ボート/ハリー・ベラフォンテ

07.ダイアナ/ポール・アンカ

08.ソー・マッチ・イン・ラヴ/タイムズ

09.恋の片道切符/ニール・セダカ

10.ビキニ・スタイルのお嬢さん/ブライアン・ハイランド

11.ローハイド/フランキー・レイン

12.悲しき街角/デル・シャノン

13.ヴァケイション/コニー・フランシス

14.ヘイ・ポーラ/ポールとポーラ

15.雨に唄えば/ジーン・ケリー

16.ケ・セラ・セラ/ドリス・デイ

17.起きろよスージー/エヴァリー・ブラザーズ

18.プリーズ・ミスター・ポストマン/マーヴェレッツ

19.ショート・ショーツ/ロイヤル・ティーンズ

20.ヴィーナス/フランキー・アヴァロン

21.砂に消えたラヴレター/パット・ブーン

22.アンチェインド・メロディー/ライチャス・ブラザーズ

23.マイ・ガール/テンプテーションズ

24.悲しき雨音/カスケーズ

25.ラストダンスは私に/ドリフターズ

26.クライ・ミー・ア・リヴァー/ジュリー・ロンドン

27.誰かが誰かを愛してる/ディーン・マーチン

28.ムーン・リヴァー/アンディ・ウィリアムス

29.スタンド・バイ・ミー/ベン・E・キング

30.この素晴らしき世界/ルイ・アームストロング

 

題して、『WHAT A WONDERFUL WORLD』

1曲目と最終曲が(ほぼ)同名異曲なのに引っ掛けて(笑)

コンセプトは50~60年代前半までのポップス。あらゆるジャンルをひっくるめた。ロックンロール以外で。ロックンロールは同じソースを元に既に作ってるから。

元のレンタルしたのが合計で7枚ぐらいあるから気に入ってる曲だけ聴きたくて。時間ある時にやろうと思っててやっと作れた。

勿論、この辺は全部、後追いだし、詳しくないし、調べてもないから正確には判らないけどイメージ的には‟ビートルズ以前”ってカンジ。

古き良きポップス、オールディーズ・バット・ゴールディーズ。

いいねぇ、こうしてまとめて聴くと。

最近、観返した映画で印象的だった曲、昨年暮れに観たおぞましい映画のラストに流れた曲、俺のトップ3に入る映画で効果的に使われてた曲、エアロがカバーした曲、タモリ倶楽部のアレとか・・・。

カバーと言えば1曲目ので大好きなヤツ

 

Terence Trent D'Arby - What a Wonderful World

最終曲ではコレ。

Joey Ramone - What A Wonderful World

今からは「ムーン・リヴァー」とどっちにしようか悩んだこの曲を聴こう。

Andy Williams - Strangers in the night

Dscn8571


この人のじゃなくフランク・シナトラのだったけど、チャボが『絵』の渋公のオープニングに登場SEで使ったんだよね。なんか、「うわ~っ」って気持ちが昂ぶって既に泣きたくなったの憶えてる。

ポップスはこうでなくちゃね。

あっ、シナトラも聴いてみよう!

|
|

« LOST,STILL&SOMETHING NEW | トップページ | 50円と100円 »

その他の音楽」カテゴリの記事

戯言」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LOST,STILL&SOMETHING NEW | トップページ | 50円と100円 »